※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

燃えよ!刑務所





題名:燃えよ!刑務所
作者:戸梶圭太
発行:双葉社 2003.06.05 初版
価格:\1,500





 タイトルとこの作者を結びつければ作品への期待度が高まるのは必然。だからこそというのではないのだが、本書は明らかに失敗作、言葉を代えれば手抜きと言ってしまったほうが良さそうだ。戸梶の陥りやすい何でもあり体質の作風が、そのあまりの自由度故に奔放に過ぎ、縛りを持たず、ストーリー破綻に向けて放散することがある。この作品からはぼくは困惑と幻滅しか見つけることができなかった。

 まずはタイトルに掲げられた刑務所そのものを、収容人員の増加で飽和してしまったという近未来の架空の社会問題として取り上げることで、半分以上を費やし前振りのようにしていること。この作品の本来の舞台装置であるべき加虐的な刑務所そのものは後半になってようやく出来上がる。それだけでがっかり。

 刑務所内のあれこれをブラックに描いた本ではなく、刑務所の民間化、経営のブラックに焦点を当てた物語なのであった。巻末には『俺の神と踊れ!』改題とある。広告に偽りありと言われたくないのなら、改題はすべきではなかっただろう。

 もともとこの双葉社は『牛乳アンタッチャブル』を出した版元。あちらでも社会現象と化した雲印牛乳という大手会社の破滅を描いた言わばブラック経営モノ路線であるわけだ。本書もまた刑務所の囚人などはすべてチョイ役やエキストラに過ぎず、主人公は経営主とその周辺。刑務所モノと言うよりはブラック経営モノと言ってもらった方が有り難いし、ダマサレ感もこれほど強くはなかったと思う。

 商品価値が高まり、利用される頻度、扱いカテゴリーも躊躇なく広がっていった観のある戸梶圭太というブランド。自由奔放で、文学や品の良さなどという言葉とは縁のないお気楽作風が、気安く乗りの良い、コミカルでグロい人気をかもし出しているわけだが、その多作ぶり(まあ時間などかからないだろうよという作品が多いのでこれも首肯ける)がもたらす弊害も大きいかもしれない。残念ながらそんなことを痛烈に感じさせる一冊となってしまった。

 短編小説にはこの人の奇抜さが生きているように思われるだけに、だらだらと書きなぐられるイメージの、この種の長編にはくれぐれもご注意あれ、と言っておきたい。

(2003.08.16)