外国の映画界


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

書誌

  • 書名 外国の映画界−その映画をつくる人、演ずる人
  • 出版社 同文館
  • 初版 1956年6月30日

解説

植草甚一名義の最初の著作。同文館の新書判「映画の知識シリーズ」の一冊として刊行された。 全文が『ハリウッドのことを話そう?』に再録されている。

目次

  • マルセル・カルネの立場からみたフランス映画界
  • シネマスコープで立ち直ったアメリカ映画界
  • ベン・ヘクトの「或る世紀児」から
  • 小説家がみたハリウッド社会
  • ミンク・コートと女優
  • 映画製作と監督の立場
    • 1 アンリ=ジョルジュ・クルーゾーの映画
    • 2 マックス・オフュルスの映画のつくられかた
    • 3「河の女」に描かれたイタリア映画的なもの
    • 4 欧映画「激情」の解釈のしかた