※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

        【各話タイトル】 【キャラクターズ】 【Discography】 【Books】 【そのほか】 【過去ログ】 【重箱の隅】
        【公式人気投票】 【非公式人気投票】 【CAST&STAFF】 【遙仰凰華】

――――調整用―――― ★このページは誰でも編集可能です。Wikiモードでの編集になります★

修正ファイル Ver 1.0.1

ファイル Ver 1.0.0 Ver 1.0.1
プロローグ AL_0101 案内状には確かに『自然に囲まれ風光明媚』な 案内状には確かに『自然に囲まれ風光明媚な』 00158 00158
『凰華学院』の学院生なんだろうか? 『凰華女学院』の学院生なんだろうか? 00340 00340
駐車場の奥の壁際に立ち、待っていてくれている様子。 駐車場の奥の壁際に立ち、待ってくれている様子。 00622 00622
さらには掌を箱形の器械に押し当てた。 さらには掌を箱形の機械に押し当てた。 00628 00628
AL_0102 フィクションで出てくる『凰華学院』の学院生と、 フィクションで出てくる『凰華女学院』の学院生と、 00069 00069
ちまたで有名な方の『凰華学院』の制服を着ていた。 ちまたで有名な方の『凰華女学院』の制服を着ていた。 00147 00147
真の意味では受け入れている訳では 真の意味で受け入れている訳では 00207 00207
「では、{斯:こ}うして時間を取らしてはいけませんね 「では、{斯:こ}うして時間を取らせてはいけませんね 00507 00507
AL_0103 呼んでいた大判の本も美術の雑誌で、 読んでいた大判の本も美術の雑誌で、 00384 00384
仔犬に首輪は付いていない。 00562
誰かの飼い犬という訳では無さそうだ。 00563
飼い犬ではないけれど、人間との接触は多いようだ。 00571
AL_0104 猛スピードに左手の寮に飛び込んで姿を消した。 猛スピードで左手の寮に飛び込み、姿を消した。 01307 01307
 
本校系 HO_0101 こんなクッキー、喰った事が無い。 こんなクッキー、食った事が無い。 00294 00294
共通ルート 理事長の興味が鞄から剥がれた事で 理事長の興味が鞄から逸れた事で 00556 00556
そこへ怖がりの少女も姿を表した。 そこへ怖がりの少女も姿を現した。 00769 00769
HO_0203 我侭で子供っぽいみやび。 我侭で子供っぽい理事長。 00127 00127
そしてそんなみやびの子供っぽさが そしてそんな理事長の子供っぽさが 00128 00128
「ちょっと俺の話を――――」 「ちょっと僕の話を――――」 00331 00331
「ああ。いつも課題が回収できなくてこまっとるよ。 「ああ。いつも課題が回収できなくてこまってるよ。 00429 00429
HO_0204A 理事長は俺の手の中にその彫刻を押し込んだ。 理事長は僕の手の中にその彫刻を押し込んだ。 00311 00311
そんな構造を維持するための手続きだった。 そんな構図を維持するための手続きだった。 00382 00382
教室の対岸を見ると 部屋の対岸を見ると 00470 00470
HO_0302A 殿子はポツリとそう囁いた。 鷹月はポツリとそう囁いた。 00255 00255
そしてもちろん梓乃の事もそうだ。 そしてもちろん八乙女の事もそうだ。 00339 00339
HO_0303 今日は天気もいいし、気持がいいだろう。 今日は天気もいいし、気持ちがいいだろう。 00226 00226
HO_0304A そこから姿を表したのは殿子だった。 そこから姿を現したのは殿子だった。 00120 00120
 
殿子 TO_0502  体育の補修扱いで引っ張り出そう」  体育の補習扱いで引っ張り出そう」 00133 00133
TO_0503 それに梓乃も1人ではやりにくいだろうし。 それに八乙女も1人ではやりにくいだろうし。 00729 00729
TO_0805 僕はやがてかうつらうつらと 僕はやがてうつらうつらと 00016 00016
TO_0904 思うようにように動く理想の後継者を作ればいい。 思うように動く理想の後継者を作ればいい。 00104 00104
TO_1006 僕は殿子の喉の奥に大漁の白濁を流し込み、 僕は殿子の喉の奥に大量の白濁を流し込み、 01058 01058
 
梓乃 SI_0402 大方梓乃の訓練の為だろう。 大方八乙女の訓練の為だろう。 00076 00076
SI_0404 「そ、それで殿ちゃんは 「そ、それでは殿ちゃんは 00068 00068
先生はそれを奪うように取ると 先生はそれを奪うように取り 00255 00255
SI_0501 するとダンテの興味が弁当から一気に剥がれ、 するとダンテの興味が弁当から一気に逸れ、 00130 00130
SI_0502 あまり他人に不快感を与えるような容姿ではまずい。 あまり他人に不快感を与えるような身なりではまずい。 00127 00127
SI_0503 すると咳き込み震えて続けていた すると咳き込み震え続けていた 00283 00283
SI_0504 保健室を飛び出していった。 宿直室を飛び出していった。 00306 00306
SI_0505 ここは2年前に殿ちゃんが散歩中に ここは2年前、殿ちゃんが散歩中に 00056 00056
無力に見ているしか出来ない自分が 無力に見ていることしか出来ない自分が 00244 00244
楽しそう話している言葉なんて解りたくもない。 楽しそうに話している言葉なんて解りたくもない。 00255 00255
SI_0602 わたくしは自分の粗い呼吸を聞きながら、 わたくしは自分の荒い呼吸を聞きながら、 00644 00644
その時の事が呼び起される。 その時の事が呼び起こされる。 00761 00761
殿ちゃんはそうやって笑うと 殿ちゃんはそう言って笑うと 00801 00801
SI_0604 確かに良い機会ではある気はする。 確かに良い機会である気はする。 00207 00207
「目が動くベート-ベン、終了だ」 「目が動くベートーベン、終了だ」 00503 00503
SI_0906  梓乃が留めを刺して」  梓乃が止めを刺して」 00320 00320
SI_1105  いつもはもっと穏やかな奴んですが。  いつもはもっと穏やかな奴なんですが。 00171 00171
SI_1202  あの頃のわたくしは無様でしたから。  あの頃のわたくしは無様でしたから」 00256 00256
SI_1203 「人口呼吸を」 「人工呼吸を」 02386 02386
 
みやび MY_0305 「………いや、これで貸し借り無しだ。 「………いや、これで貸し借りは無しだ。 00575 00575
MY_0404 誰の信頼も裏切りったりしない。 誰の信頼も裏切ったりしない。 00315 00315
MY_0502 どこにでも居るような3流の、 どこにでも居るような三流の、 00020 00020
MY_0506  背後で糸を引いてらっしゃるのですね?」  背後で糸を引いていらっしゃるのですね?」 00548 00548
MY_0604 理事長室の窓のから由の姿を見つけた僕は、 理事長室の窓から由の姿を見つけた僕は、 00003 00003
MY_1101 「心配するな。俺が守ってやる」 「心配するな。僕が守ってやる」 00051 00051
 
分校系 BU_0101A まるで不純異性交遊を進めているみたいだ。 まるで不純異性交遊を勧めているみたいだ。 00050 00050
共通ルート BU_0101B 仁礼は俺の視線も上原の抗議も無視して、 仁礼は僕の視線も上原の抗議も無視して、 00063 00063
いきなり相沢は俺の手をつかむと いきなり相沢は僕の手をつかむと 00338 00338
相沢がくるりと俺の方へ振り向き、 相沢がくるりと僕の方へ振り向き、 00355 00355
BU_0101C 仁礼は俺の顔をじっと見た。 仁礼は僕の顔をじっと見た。 00096 00096
BU_0101D  『凰華学園分校』へようこそ!!」  『凰華学院分校』へようこそ!!」 00006 00006
BU_0201A 僕は汗が気持ち悪いほどに濡れた夜着の胸のところを 僕は汗で気持ち悪いほどに濡れた夜着の胸のところを 00031 00031
BU_0201C 其れはいい。 それはいい。 00007 00007
見事、ダメ出しを喰ってしまったのだ。 見事、ダメ出しを喰らってしまったのだ。 00028 00028
BU_0201D 弥生は実にあっさりと僕への挨拶をすませると、 大銀杏は実にあっさりと僕への挨拶をすませると、 00071 00071
のばらとのおしゃべりに戻っていった。 野原とのおしゃべりに戻っていった。 00072 00072
歯ブラシをくわえた三橋は、ようやく俺の方を向いた。 歯ブラシをくわえた三橋は、ようやく僕の方を向いた。 00149 00149
 貴女も『凰華学園分校』の学院生なのですから、  貴女も『凰華学院分校』の学院生なのですから、 00184 00184
BU_0201G  我々は栄えある『凰華学園分校』の  我々は栄えある『凰華学院分校』の 00044 00044
BU_0202A つかつかと俺の方へ来ると、 つかつかと僕の方へ来ると、 00014 00014
どちらかか両方かの時間だ。 どちらか、もしくは両方の時間だ。 00432 00432
BU_0202I 一瞬は見失っていた物の、 一瞬は見失っていたものの、 00028 00028
BU_0202J 仁礼のまなざしから少しきつさが消え、 仁礼のまなざしから少し厳しさが消え、 00040 00040
BU_0203A  っていうそれ以前にそんな事しないって!」  っていうかそれ以前にそんな事しないって!」 00582 00582
BU_0203C 僕と榛葉に紅茶をついてくれる。 僕と榛葉に紅茶をついでくれる。 00094 00094
一月前の俺なら味わう事などありえなかった高い葉を。 一月前の僕なら味わう事などありえなかった高い葉を。 00110 00110
俺は救いを求めて榛葉を見たが、 僕は救いを求めて榛葉を見たが、 00152 00152
BU_0203G 嫌な沈黙が破ったのは仁礼だった。 嫌な沈黙を破ったのは仁礼だった。 00077 00077
 両名の個室こそを見て見ねばならない」  両名の個室こそを見てみねばならない」 00141 00141
扉以外出入り口はないいじょう、 扉以外出入り口はない以上、 00230 00230
BU_0301A 腹が減ってきたのも忘れるくらいのデカサだ。 腹が減ってきたのも忘れるくらいのデカさだ。 00449 00449
世界最大史上最強の遊園地!! 世界史上最大最強の遊園地!! 00459 00459
提案したら、ぶーたれられるだろうなぁ。 提案したら、ぶーたれるだろうなぁ。 00512 00512
無防備な寝顔が俺のすぐ下にある。 無防備な寝顔が僕のすぐ下にある。 00810 00810
こう見るとやわらかそうなで女の子で……。 こう見るとやわらかそうな女の子で……。 00844 00844
そこには、きまりの悪そうな僕の顔が写ってた。 そこには、きまりの悪そうな僕の顔が映ってた。 00849 00849
 いわなくてもいいんだぞ」  言わなくてもいいんだぞ」 00897 00897
坂水先生は俺が渡したレポートを 坂水先生は僕が渡したレポートを 01052 01052
坂水先生はもう一度レポートを読み直し。 坂水先生はもう一度レポートを読み直し、 01083 01083
BU_0302A 皿にもったスナック菓子を出してくれる。 皿に盛ったスナック菓子を出してくれる。 00263 00263
BU_0401B うわ。僕を見る目がますます目が凶暴に!? うわ。僕を見る目がますます凶暴に!? 00020 00020
BU_0401C 家族の団欒の邪魔をするのもなんだよなし、 家族の団欒の邪魔をするのもなんだし、 00001 00001
BU_0401D 僕にこれ以上の強い台詞を口に出せなかった。 僕はこれ以上の強い台詞を口に出せなかった。 00082 00082
BU_0401E 学院の許可とさえ貰えば、 学院の許可さえ貰えば、 00021 00021
あの部屋に人が入ったのを見たのは始めてだった。 あの部屋に人が入ったのを見たのは初めてだった。 00035 00035
BU_0501A 学院生をかき集めたのは鏡花だったらしい。 学院生をかき集めたのは三嶋だったらしい。 00218 00218
BU_0501B 「こんにちわ仁礼。 「こんにちは仁礼。 00002 00002
 ん? おや。坂水先生。  ん? おや、坂水先生。 00003 00003
BU_0501E なぜ無根拠な相沢の台詞なんか信じまったんだ。 なぜ無根拠な相沢の台詞なんか信じてしまったんだ。 00127 00127
BU_0501F 口には出さない物の、 口には出さないものの、 00099 00099
 そうすればだいじょうぶさ」  そうすれば大丈夫さ」 00200 00200
一息の紅茶を飲み干し。 一息に紅茶を飲み干し。 00203 00203
とは言った物の、 とは言ったものの、 00213 00213
BU_0501N 下手をすれば抜ける子が出てくるかも知れない。 下手をすれば抜ける子が出てくるかもしれない。 00006 00006
BU_0501P 榛葉はなにも誇らず、ただほほえんでいた。 榛葉はなにも誇らず、ただ微笑んでいた。 00106 00106
 この二三日、ちょっとおろそかになってて  この二、三日、ちょっとおろそかになってて 00124 00124
BU_0502B といっても、栖香と管多以外は普通レベルだが。 といっても、仁礼と管多以外は普通レベルだが。 00045 00045
BU_0502C といっても、栖香と管多以外は普通レベルだが。 といっても、仁礼と管多以外は普通レベルだが。 00180 00180
 所詮、形だけの口先だのくせに!」  所詮、形だけの口先だけのくせに!」 00423 00423
僕も振り替えした。 僕も振り返した。 00526 00526
否も応させぬ力があった。 否応させぬ力があった。 00784 00784
俺は聞いた。 僕は聞いた。 00910 00910
「そうか〆 「そうか 00969 00969
BU_0502D  今すぐ見に行かれ方がよいと思いますよ?」  今すぐ見に行かれた方がよいと思いますよ?」 00212 00212
 一笑にふされて構いませんよ」  一笑に付されて構いませんよ」 00311 00311
 チーム組んで練習をはじめていたんだぜ」  チーム組んで練習をはじめていたんだよ」 00348 00348
 徐々に喪われていくでしょうね」  徐々に失われていくでしょうね」 00371 00371
バンドで理事長を攻め立てて勝利をもぎ取る。 バントで理事長を攻め立てて勝利をもぎ取る。 00376 00376
「……そうだな予想だよな」 「……そうだな、予想だよな」 00415 00415
暁先生は榛葉と僕を当分に見ると。 暁先生は榛葉と僕を等分に見ると。 00732 00732
 
栖香 SU_0101A  我々は栄えある『凰華学園分校』の  我々は栄えある『凰華学院分校』の 00008 00008
だから仁礼はあんなに始終 だから仁礼はあんなに始終、 00157 00157
「私がジェットコースターを初めとする 「私がジェットコースターを始めとする 00670 00670
「お腹が空いてたら、何にも出来ないって、 「お腹が空いてたら、何にも出来ないって。 00984 00984
 まぁこの場合、お腹が空いてるのは  まぁこの場合、 00985 00985
 僕なのだけどね」  お腹が空いてるのは僕なんだけどね」 00986 00986
SU_0201A この場合に限り この場合に限り、 00163 00163
SU_0401A ★第09話『LONLEY & SUNSET』★ ★第09話『LONELY & SUNSET』★ 00001 00001
 回って下着が見えるのも気にしない厚顔無恥。羞じ  回って下着が見えるのも気にしない厚顔無恥。 00238 00238
 らいもなければ慎みもない。礼儀知らず」  羞じらいもなければ慎みもない。礼儀知らず」 00239 00239
SU_0501A だが当初、仁礼グループは事態を楽観ししていた。 だが当初、仁礼グループは事態を楽観視していた。 00042 00042
「ありませんが…… 「ありませんが……、 00645 00645
アイザワ本社ビルはでかかった。 AIZAWA本社ビルはでかかった。 00775 00775
 その辺のデーターはきちんと入っている筈です。  その辺のデータはきちんと入っている筈です。 01547 01547
断固として塞ぐ 断固として塞ぐ。 01610 01610
SU_0601A  仁礼はどこにだって行けるよ」  栖香はどこにだって行けるよ」 01388 01388
「司さん……あの…… 「司さん……あの……、 01405 01405
 納まりましたか……」  治まりましたか……?」 01406 01406
「矢っ張り納まって無いじゃないですか。 「矢っ張り治まって無いじゃないですか。 01417 01417
背中がわから股間へと回された。 背中側から股間へと回された。 01888 01888
色めいた声が濡れたくびちるからこぼれる。 色めいた声が濡れたくちびるからこぼれる。 02020 02020
栖香は3度も絶頂した余韻に濡れた目を見開き。 栖香は三度も絶頂した余韻に濡れた目を見開き。 02668 02668
 パ・パートナーがいらっしゃらないのなら」  パ、パートナーがいらっしゃらないのなら」 03302 03302
単なる臆病さの言い訳だ。 単なる臆病者の言い訳だ。 03319 03319
「こっちを2度踏んだ人に言われたくないな」 「こっちを二度踏んだ人に言われたくないな」 03361 03361
「まぁ、3度も踏んでおいて、 「まぁ、三度も踏んでおいて、 03364 03364
何も言わず握り替えしてくれるのが、嬉しい。 何も言わず握り返してくれるのが、嬉しい。 03377 03377
「私が始めて異母姉の存在を知ったのは、 「私が初めて異母姉の存在を知ったのは、 03544 03544
「私は姉がいたことを始めて知って、ひどく驚いて、 「私は姉がいたことを初めて知って、ひどく驚いて、 03560 03560
栖香を3度もしちゃおうとしたんだから。 栖香を三度もしちゃおうとしたんだから。 03998 03998
SU_0701A 納まらなくなっちゃうじゃないか。 治まらなくなっちゃうじゃないか。 00279 00279
太ももにひっかかったパンツが作る3角形に、 太ももにひっかかったパンツが作る三角形に、 01534 01534
 昨日の夜のす仁礼もかわいかったけど、  昨日の夜のす……仁礼もかわいかったけど、 02032 02032
僕は少しだけ距離をつめる、 僕は少しだけ距離をつめる。 02202 02202
「来年の3月までの短い期間ですけど、 「来年の三月までの短い期間ですけど、 02831 02831
SU_0701D 結局、今日は、夕食も一緒じゃくて、 結局、今日は、夕食も一緒じゃなくて、 00422 00422
汗ばんだ肌のにおい栖香のにおいが立ち上り、 汗ばんだ肌のにおい……栖香のにおいが立ち上り、 00998 00998
SU_0901A  御両親がわざわざ学園に来たのは、  御両親がわざわざ学院に来たのは、 00670 00670
 生憎、料理を初めとする実践の方は……」  生憎、料理を始めとする実践の方は……」 01099 01099
SU_1001A 僕らが出会い 僕らが出会い、 00008 00008
短い間に急速にクラスへとけ込み、 短い間に急速にクラスへ溶け込み、 00076 00076
「あ、そんなコトより兄さん 「あ、そんなコトより義兄さん 00301 00301
「兄さんって……気が早いなぁ」 「義兄さんって……気が早いなぁ」 00304 00304
「聞いて下さいよ兄さん。 「聞いて下さいよ義兄さん。 00324 00324
 司兄さんと栖香姉さんに、  司義兄さんと栖香姉さんに、 00341 00341
 
美綺 MS_0101A デジカメに何のデーターも入っていないコトを確認し、 デジカメに何のデータも入っていないコトを確認し、 01006 01006
MS_0201G その言葉はとってもおもはかゆく、 その言葉はとってもおもはゆく、 00595 00595
MS_0301A 「あたし以外にも補修の嵐が襲ってくる、 「あたし以外にも補習の嵐が襲ってくる、 00038 00038
 ママとアタシが押さえるから」  ママとアタシが抑えるから」 00781 00781
 でも、こっちから聞いちゃ行けないコトって  でも、こっちから聞いちゃいけないコトって 01171 01171
MS_0301D 「だが1つと0は多いに違う。 「だが1つと0は大いに違う。 00175 00175
MS_0401D 「アタシの{実母:ママ}とすみすみのパパのあいだに 「アタシの{実母:ママ}とすみすみのパパのあいだに 01112 01112
「ううん。アレは私が引き出したワケじゃないよ。 「ううん。 01483 01483
 アレはアタシが引き出したワケじゃないよ。 01484
MS_0501A  本来、斯う言った書類は、  本来、斯う云った書類は、 00755 00755
MS_0501D よりも多くの精を美綺の最奥へ注ぎ込んでいった。 多くの精を美綺の最奥へ注ぎ込んでいった。 00838 00838
MS_0601A 絶えず肉槍を攻め立てながら、 絶えず肉槍を責め立てながら、 01257 01257
肉槍を攻め立てられ、早くも肉槍に血が巡っていく。 肉槍を責め立てられ、早くも肉槍に血が巡っていく。 01623 01623
敏感なところを攻められて、 敏感なところを責められて、 02192 02192
MS_0701A  学園七不思議の『嘆きの壁』謎が解けるかもっ」  学院七不思議の『嘆きの壁』謎が解けるかもっ」 01123 01123
僕らの顔を当分に見てから問うてきた。 僕らの顔を等分に見てから問うてきた。 01581 01581
 補修という形で嫌でも現実に直面するさ」  補習という形で嫌でも現実に直面するさ」 01802 01802
濡れた舌先が先端の鈴口を攻め立ててくる。 濡れた舌先が先端の鈴口を責め立ててくる。 02351 02351
鋭く尖った舌先が鈴口を攻めつつ、 鋭く尖った舌先が鈴口を責めつつ、 02358 02358
舌とくちびるで割れ目を攻めて立てていく。 舌とくちびるで割れ目を責め立てていく。 02686 02686
激しく攻め立てていく。 激しく責め立てていく。 02936 02936
MS_0801A 全学院生52名のうち31名プラス 全学院生53名のうち31名プラス 00139 00139
どれも、印象深い思いでだ。 どれも、印象深い思い出だ。 00154 00154
 こんなに楽しい思いをしたのは、始めてでした」  こんなに楽しい思いをしたのは、初めてでした」 01066 01066
「始めてとは思わなかったけど、楽しそうだったよ。 「初めてとは思わなかったけど、楽しそうだったよ。 01068 01068
 画像データーはDVDに焼いて、  画像データはDVDに焼いて、 01073 01073
 もちろんテキストデーターも全部」  もちろんテキストデータも全部」 01074 01074
「発表会で始めて明かした要素は、 「発表会で初めて明かした要素は、 01606 01606
鷹月が三嶋と仁礼を当分に見て深くうなずいた。 鷹月が三嶋と仁礼を等分に見て深くうなずいた。 02004 02004
初めての尿道攻めと、焦らすような美綺の舌使いに 初めての尿道責めと、焦らすような美綺の舌使いに 02473 02473
焦らされてからの強烈な攻め立てに、 焦らされてからの強烈な責め立てに、 02509 02509
休むことなく熱い蜜を吐き出す肉孔を攻め立てる。 休むことなく熱い蜜を吐き出す肉孔を責め立てる。 02863 02863
肉孔の攻めに反応するように、 肉孔の責めに反応するように、 02875 02875
MS_0901A  見たか化学のチカラ!」  見たか科学のチカラ!」 00596 00596
明るくて全てがくっきり見えると、 明るくて全てがくっきりと見える。 00597 00597
廊下の長さは短くて。たちまち扉にたどり着く。 廊下をおおう分厚いホコリには、 00598 00598
僕らのモノ以外の足跡が刻まれているのも 00599
確認できた。 00600
廊下の長さは短くて、 00601
たちまち扉にたどり着く。 00602
始めて密輸の現場を押さえた時のこと。 初めて密輸の現場を押さえた時のこと。 00793 00797
始めて密輸のスナックを運んだ時の、 初めて密輸のスナックを運んだ時の、 00796 00800
MS_1001A あの老人の分であろう一冊を取り分けつつ、 00358
副団長二人に攻められると、 副団長二人に責められると、 00381 00382
 
邑那 YU_0101A いや、載っていないほうが奥ゆかしいという物だ。 いや、載っていない方が奥ゆかしいという物だ。 00125 00125
でも、さわったらあたたかいんだろうな。 でも、触ったらあたたかいんだろうな。 00276 00276
1学院生の行動を調べているのが、 一学院生の行動を調べているのが、 00437 00437
YU_0101F 始めて見聞する事態ではあるが、 初めて見聞する事態ではあるが、 00175 00175
人間的な感情の動きを感じたのは始めてだった。 人間的な感情の動きを感じたのは初めてだった。 00269 00269
教育機関の衣を着せる必然はない。 教育機関の衣を着せる必要はない。 00519 00519
それいじょう求めなくてもいいじゃないか! それ以上求めなくてもいいじゃないか! 00611 00611
YU_0201A  年に4枚くらいはただでくるんだよ。  年に4枚くらいはタダでくるんだよ。 00123 00123
 暁さんは今度の外出日には私と出かけるの!  暁さんは今度の外出日には私と出掛けるの! 00172 00172
 THE AMUSEMENT PARKいえば  THE AMUSEMENT PARKといえば 00642 00642
とつけくわえたかったけど、 と付け加えたかったけど、 00977 00977
 日本でであった奥さんとの間に、  日本で出会った奥さんとの間に、 01458 01458
 一日1時間程度をふたりきりで過ごしていて、  一日一時間程度をふたりきりで過ごしていて、 01573 01573
僕らを当分に見て黙りこくっていた。 僕らを等分に見て黙りこくっていた。 01634 01634
 わたしに近づいてくる方はみなそうでした」  わたしに近づいてくる方は皆そうでした」 01692 01692
「その野生動物を家畜化出来るかいなかは、 「その野生動物を家畜化出来るか否かは、 01812 01812
曲がった出会い頭に僕らはばったり 曲がった出会い頭に僕らはばったり。 01868 01868
YU_0301A  皆さんの、期末考査はどうでしたか?」  皆さんの期末考査はどうでしたか?」 00007 00007
「そうか…… 「そうか……。 00096 00096
 つまり、僕があの二人にちくったら、  つまり、僕があの二人にチクったら、 00097 00097
園長先生を初めとする職員の人達は、 園長先生を始めとする職員の人達は、 00313 00313
榛葉が学園に送り込まれ 榛葉が学院に送り込まれ、 00626 00626
「そうゆうこと」 「そういうこと」 00951 00951
YU_0401A 「司さんなら興味をおもちになるかと思いまして、 「司さんなら興味をおもちになるかと思いまして。 00236 00236
「いえ、そんな、 「いえ、そんな。 00294 00294
「油まみれで髪の毛ぼーぼーか。 「油まみれで髪の毛ぼーぼーか、 00412 00412
「ううむ。こんなにあっさりバレルとは」 「ううむ。こんなにあっさりバレるとは」 00724 00724
 燕玲はわたしをわたしは燕玲を  燕玲はわたしを、わたしは燕玲を 01080 01080
 父は名目上の当主になりましたが、  父は名目上、当主になりましたが、 01452 01452
「だから燕玲が近よって来た時、 「だから燕玲が近寄って来た時、 01541 01541
YU_0501A  いやでも思いだしてしまいます」  いやでも思い出してしまいます」 00005 00005
 もし気があるなら参加してくれ、  もし気があるなら参加してくれ。 00065 00065
 人数が二三人増えても大丈夫だからな」  人数が二、三人増えても大丈夫だからな」 00066 00066
その口調はいつもと同じやわらなかものだったけど、 その口調はいつもと同じ柔らかなものだったけど、 00377 00377
その口調はいつもと同じやわらなかものだったけど、 その口調はいつもと同じ柔らかなものだったけど、 00429 00429
肝心なこと 肝心なこと、 00441 00441
私服より制服のほうが検査が簡単なはずという、 00493
相沢の忠告に従ったんだけどなぁ。 00494
飛んでもないことを言い出す。 とんでもないことを言い出す。 01109 01107
僕のくちびるにふれたくびちるを、 僕のくちびるに触れたくちびるを、 01200 01198
「この温室の色々な場所の温度のデーターが、 「この温室の色々な場所の温度のデータが、 01251 01249
一瞬、邑那は目を見開いけど、 一瞬、邑那は目を見開いたけど、 01322 01320
豊満な指にしろくほそいゆびがからみつき、 豊満な胸にしろくほそいゆびがからみつき、 01754 01752
押さえることが出来ない。 抑えることが出来ない。 01773 01771
心の一部が壊れたみだいだった。 心の一部が壊れたみたいだった。 01972 01970
YU_0601A 司さんは一旦言葉を切り、 渉さんは一旦言葉を切り、 00289 00289
 祖母に似て無くなればよかったのですが……」  祖母に似てなくなればよかったのですが……」 00375 00375
「この件が起きた事により。 「この件が起きた事により、 00536 00536
 喪われた訳でもなかったんです」  失われた訳でもなかったんです」 00545 00545
まだ心の動揺だって納まっていない。 まだ心の動揺だって収まっていない。 00708 00708
「……もう一週間ないのに、 「……もう二週間ないのに、 01045 01045
複雑な陰影を浮かべたの邑那のパレオが、 複雑な陰影を浮かべた邑那のパレオが、 01474 01474
 先生のような純情なかたはつらいでしょうし、  先生のような純情な方はつらいでしょうし、 01603 01603
炎に輝いて金色に輝いている。 炎に照らされ金色に輝いている。 01636 01636
YU_0701A 「それ以前に、 「それ以前に、学院生と外出中の 00315 00315
 学院生と外出中の凰華学院の教師に手を出したら、  凰華女学院の教師に手を出したら、 00316 00316
邑那が純潔以外の全てを喪っているだろうと、 邑那が純潔以外の全てを失っているだろうと 00616 00616
お互いのあたたかさやわらかさはくいきにおいは、 お互いのあたたかさ柔らかさ、吐く息、匂いは、 01165 01165
豊満な指にしろくほそいゆびがからみつき、 豊満な胸にしろくほそいゆびがからみつき、 01353 01353
画像データーを渡しに行った。 画像データを渡しに行った。 01626 01626
新たな蜜を吐いて、俺の動きを加速させる。 新たな蜜を吐いて、僕の動きを加速させる。 03771 03771
YU_0801A  こらからは少しは頼って欲しいともいいましたが、  これからは少しは頼って欲しいとも言いましたが、 00140 00140
YU_0801D 「一族が力を喪えば、 「一族が力を失えば、 00032 00032
YU_0901A 渉さんは、陽道グループの利権の一部と引き換えに、 01024
外資系企業の力を借りて人員を集め、 01025
邑那を捕捉すべく計画を立てているのだという。 01026
YU_1001A 週刊誌的が言った所の『陽道グループ大乱』は、 当時、週刊誌が言った所の『陽道グループ大乱』は、 00087 00087
あらゆる場所で展開された自殺者まで出た、 あらゆる場所で展開され自殺者まで出た、 00091 00091
 
エピローグ EP_0101 だけどそれは、僕がこの学園に だけどそれは、僕がこの学院に 00262 00262
-調整用- ―――――――――――調整用――――――――――― ―――――――――――調整用―――――――――――

ネタ

◇超越心力
   ※超越神力 (オ●ム真理教) /分校系 第1話「汝等此処より入りたる者」
◇司『許さじっ! 不埒な悪戯三昧! 退治てくれようこの僕が!』
   ※桃太郎侍 /邑那ルート 第10話「秘儀」

Ver 1.0.1 メモ

★★美綺ルート Epilogue「未来はカラフル」
【脱字】存じませんが、早急に打ち切るべき【だ】と思いますわ」 ※音声は○
【??】無形の【、】でも冷ややかな障壁を取っ払うなんて、
【??】きらめく金紗をまぶした豪勢な夕暮れの中でさえ、 ※金紗は「織り込む」もの

Ver 1.0.0 メモ

★★各話タイトル
【誤字】LONLEY & SUNSET 【LONELY & SUNSET】
★★エンディングムービークレジット
【誤字】まきいずみ 【まきいづみ】
★★プロローグ
【??】案内状には確かに『自然に囲まれ風光明媚』な【『自然に囲まれ風光明媚な』】
【??】『凰華学院』【凰華女学院】の学院生なんだろうか?
【重言】駐車場の奥の壁際に立ち、待っていてくれている様子。 ※いて~いる
【誤字】さらには掌を箱形の器械【機械】に押し当てた。
【??】フィクションで出てくる『凰華学院』【凰華女学院】の学院生と、
【??】ちまたで有名な方の『凰華学院』【凰華女学院】の制服を着ていた。
【重言】真の意味では受け入れている訳では ※では~では
【誤字】では、斯うして時間を取らし【せ】てはいけませんね。 ※音声は○
【誤字】呼んで【読んで】いた大判の本も美術の雑誌で、
【??】猛スピードに【で?】左手の寮に飛び込んで姿を消した。 ※で~で だとアレだから「猛スピードで左手の寮に飛び込むと」かな
★★分校系 第1話「汝等此処より入りたる者」
【誤字】まるで不純異性交遊を進めて【勧めて】いるみたいだ。
【??】仁礼は俺【僕】の視線も上原の抗議も無視して、
【??】いきなり相沢は俺【僕】の手をつかむと
【誤字】『凰華学園分校』【凰華女学院分校】へようこそ!!
★★分校系 第5話「わたしを野球につれてって」
【脱字?】否も応(こた)【え】させぬ力があった。
★★栖香ルート 第6話「The Roller Coaster Memories」
【誤字】チューブの中を時速700kmで5週【周】走るのだ。
★★美綺ルート 第7話「夜明けの誓い」
【誤字?】その言葉はとってもおもはかゆく、【おもはゆく/面映く】
★★美綺ルート 第8話「ボクたち男の子と女の子 」
【誤字】でも、こっちから聞いちゃ行けない【いけない】コトって
【誤字】だが1つと0は多いに【大いに】違う。
★★美綺ルート 第10話「なんで抱きしめたいんだろう?」
【余分】いちいち凝った【な】名前をつけるワケにもいかんでしょ。
★★邑那ルート 第10話「秘儀」
【音声】ふふ。この部屋では検査官(かんさかん)【けんさかん】が絶対なのよ。
【??】邑那がやわらかくほほえみながら、飛んでもない【とんでもない】ことを言い出す。
【脱字】一瞬、邑那は目を見開い【た】けど、すぐに察したのか。
【重言】そうしないと、ここにいたときに来客が来たとき、
【誤字】豊満な指【胸】にしろくほそいゆびがからみつき、
【誤字】暗くどろどろしたものが胸の奥にこみあげてくるのを、押さえる【抑える】ことが出来ない。
【誤字】心の一部が壊れたみだ【た】いだった。
★★邑那ルート 第11話「終末」
【誤字】まだ心の動揺だって納まって【収まって】いない。
【??】凰華学院分校【凰華女学院分校】における、文化祭の正式名称さ。
【整合】「そういえば文化祭まで、あと二週間切りましたけど」「……もう一週間ないのに、」
【重言】一望に見渡せるように配置されているらしい。
【余分】複雑な陰影を浮かべた【の】邑那のパレオが、
【??】炎に輝いて金色に輝いている。
★★本校系 第1話「汝等此処より入りたる者」
【??】理事長の興味が鞄から剥がれた【逸れた】事で
【誤字】そこへ怖がりの少女も姿を表した。【現した】
【整合】すると梓乃という少女は僕に向き直った。 ※既に何度も「梓乃」としているのに「梓乃という少女」はおかしい
★★本校系 第2話「犬、ボール、そして風祭みやび」
【整合】保険医のご婦人を除けば例外はなく男性、 ※「保険医」であれば教員ではない/養護教諭・保健の教師・保健医(誤用)
【整合】我侭で子供っぽいみやび。そしてそんなみやびの子供っぽさが ※前後では「理事長」なのにここだけ「みやび」
【??】「ちょっと俺の話を――――」  ※わざと? >俺
【誤字】そんな構造【構図】を維持するための手続きだった。
【誤字】教室【職員室/部屋】の対岸を見ると
【誤字】いつあの集会に参加を求められるか限らんからな」【求められるとも限らん/求められるか解らん】
★★殿子ルート 第3話「自由と伝統と」
【誤字】鷹月はハッと我に帰る【返る】と1度目を伏せた。
【??】始業式【最初の授業】の日には彼女の姿もあったはずだ。あの時自己紹介はしてあるのだ。
       ※始業式では自己紹介していない。始業式の日の崖での事であれば「彼女の姿もあったはず」という言い回しはおかしい。
【誤字】そこに座って【立って】いるのは初めて見る少女だった。
★★梓乃ルート 第3話「自由と伝統と」
【??】講義棟【本校舎】の廊下は静かだった。
【誤字】再びそんな疑問が【首を】もたげてくる。
【脱字】今日は天気もいいし、気持【ち】がいいだろう。
【??】この学院の食堂は美味いのだが、どれも僕の舌には豪華すぎた。 ※「料理は」などを入れるべき
【重言】2人は間違いなく高得点を取るはずだ。
【??】僕は講義棟【本校舎】に向かいながら小さく苦笑した。
【??】講義棟【本校舎】へ続くドアを開いた。
【誤字】そこから姿を表した【現した】のは殿子だった。
【??】実際に【実際には】何も見ていないあの瞳。
★★梓乃ルート 第4話「困惑のお料理コンクール」
【音声】そ、それで殿ちゃんは ※音声ミス「そ、それでは」
【??】殿ちゃんが水の入ったコップを差し出すと、先生はそれを奪うように取ると【取り】 ※~と、~と
【??】するとダンテの興味が弁当から一気に剥がれ、 ※癖だな、これは
【??】チーズを【は】塊のまま渡すには大き過ぎるので、わたくしはそれを4つに割り、 ※~を、~を
【??】先生にこの学院を辞めてもらう為に、行動を起こす事に【を】決めたのだった。 ※~に、~に
★★梓乃ルート 第5話「梓乃の決意」
【整合】夕食は風呂に入った後に寮の食堂でとる。 ※食堂の所在
【誤字】あまり他人に不快感を与えるような容姿【身なり】ではまずい。 ※容姿は「顔かたちと体つき」
【余分】すると咳き込み震え【て】続けていた
【??】場所は寮から講義棟【本校舎】へ向かう途中にある階段。
【誤字】保健室【宿直室】を飛び出していった。
【??】ここは2年前に殿ちゃんが散歩中に ※~に、~に
【??】場所は講義棟【本校舎】の裏手にある小さい山。
【脱字】無力に見ている【こと】しか出来ない自分が
【脱字】楽しそう【に】話している言葉なんて解りたくもない。
★★梓乃ルート 第6話「ハイタッチと服の袖」
【??】コーヒーカップを口に付けた。【カップに口を】
【誤字】わたくしは自分の粗い【荒い】呼吸を聞きながら、
【??】その時の事が呼び起【こ】される。
【??】殿ちゃんはそうやって【そう言って?】笑うと
【??】刻まれていたのはやはり5番だった。 ※ここだけ大仰。みやびの時は「書き込まれていた番号は1番」
【??】確かに良い機会では【良い機会で】ある気はする。 ※~は、~は
【??】まだ入り口からいくらも行って【来て】いないというのに、
【??】屋上を後にした以降、【後にして以降/後にした時以降】

        【各話タイトル】 【キャラクターズ】 【Discography】 【Books】 【そのほか】 【過去ログ】 【重箱の隅】
        【公式人気投票】 【非公式人気投票】 【CAST&STAFF】 【遙仰凰華】