スレ232より

654 :名無しさん@HOME:2011/02/02(水) 21:54:02 0
吐き出し。

このスレの先人たちのようなドラマチックな話じゃないんだけど
旦那が姑や地元の人たちと一緒になって私を笑いものにしてることを知りました。
こんなつまらない愚痴でもいいのかな…

私はもともとこの地の人間じゃなく西の人間。
旦那とは大学時代に関東で出会って、結婚して北陸に来ました。

ほんとつまらないんだけどこっちの風習を知らないことや
言葉のイントネーションが違うこと
料理の味付けの文化が基本的に違うこと
ローカルTVのネタ等、こっちの人なら即座に通じることが私だけわからなくて
そのたび頭から馬鹿にされ、笑われて
そのたびになんだか自分がとるに足らない人間で、言葉は悪いんだけど
知能の劣った人間みたいに思うようになっていました。

私は生まれつき耳の具合か、高い音が苦手で
TVをあまり見ないし歌謡曲もあまり聞かないんだけど(好みのCDは聞きます)
それが姑や近隣の人には文化を知らない野蛮人のように映るらしく
「なにが楽しくて生きているのかわからん。
話もまともにできん」
と聞えよがしに笑われていました。

656 :名無しさん@HOME:2011/02/02(水) 21:56:12 0
唯一の趣味は読書なんですが
「陰気くさい」と言われ
図書館に通うのは
「うちが本も買えない貧乏人だと世間様に吹聴して回っているようなもんだ」
と言われ、図書カードを取り上げられました。

それでも旦那が味方なら耐えられると思っていたんですが
旦那も私のことを
「メガネザル」
「妖怪・本の染み」
と陰で笑っていたことがわかりました。
相手は姑、小姑、親戚、近隣の人、消防団の人などです。

なんだか心が折れました…。
すごい暴言というわけじゃないし、暴力をふるわれたわけでもないし
借金や浮気もないんだけど、それでもこんなつまらないことで心が折れてしまった。
たぶんもう二度と旦那を信じることはできないと思います。

スレチだったらすいません。


659 :名無しさん@HOME:2011/02/02(水) 22:00:29 0
お子さんはいるの?
そうでないのなら子供を作らないようにして
出て行く準備をしてもいいかもしれないね
なんでもかんでも離婚すればいいって問題でもないけど
そういう場面で嫁をかばえない男は色々無理だと思う

661 :名無しさん@HOME:2011/02/02(水) 22:02:19 0
>>656
いや、凄い暴言だと思うけど
しばらく実家にでも帰ったら?

671 :名無しさん@HOME:2011/02/02(水) 22:12:41 0
そういう人達が変わるのを期待して何十年も浪費するより、
すっぱり見限って出ていったほうがいいと思うけど。
うちの姉も西から北に嫁いだが、やはり回りに味方はいなかった。
殴り合いの修羅場の末に出戻ってきたよ。
「なんであんた達にバカにされ続けていかなきゃいけないの?」って。

677 :名無しさん@HOME:2011/02/02(水) 22:22:43 0
654です。

私はたぶん今、言葉は悪いですけど
「洗脳されている」という状態にあるんだろうと思います。

でも客観的にそう思えるだけであって
実際に姑や旦那を目の前にし、非難されるととっさに「私が悪い」と思ってしまいます。
情けないですがパブロフの犬というか…

今もまだみなさんの言葉が、とてもうれしいのに
体にしみ込んでいかないというか
言葉の意味はじゅうぶん理解できるにもかかわらず
自分にほんとうに向けてもらっている言葉なのか
いまひとつ実感がないです。
ほんとうに私に複数の方から慰めてもらえるほどの価値があるのかどうか…

そろそろ寝る時間なので落ちます。
このスレは明日、保存してあらためて読ませていただきます。
ありがとうございました。

679 :名無しさん@HOME:2011/02/02(水) 22:24:33 0
相手が無知でも馬鹿でも集団で取り囲まれて毎日のようにpgrされて
夫も味方になってくれなきゃ、おかしくもなってくるよ。
654は義実家の井の中に落ちてしまったんだよ。逃げてー!

689 :名無しさん@HOME:2011/02/02(水) 22:53:55 0
>>654さんは美女と野獣のヒロイン、ベルみたいだね
ベルも読書が好きで、そのことが珍しいのか村人から変わった人扱いされてた

自分たちの趣味や習慣と違う人を受け入れられないのは
狭いコミュニティにしか生きてないちっちゃい人間なのにね。

696 :名無しさん@HOME:2011/02/02(水) 23:09:17 0
>>654
価値あるよ当然。私らみたいなスレ住人が、よってたかって慰めよう励まそうとしているのがその証拠w
自分を信じていいよ。