※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「スレ199-638元嫁」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

スレ199-638元嫁」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 
 <p><font color="#000000" size="2"><font color="#999999" size="2"><font style="background-color:#ff99cc;" color="#000000" size="2"><strong>スレ199より</strong></font></font></font></p>
 <p><font color="#000000" size="2"><font color="#999999" size="2"><font color="#000000" size="2"><strong>638 名前:<font color="#3366FF">名無しさん@HOME</font>[]
 投稿日:2010/01/04(月) 12:53:36 0<br />
 とりあえず、夕べ一晩思い出して書いてみた。<br />
 文章力ないので思いつくままに羅列してみる。</strong></font></font></font></p>
 <p><font color="#000000" size="2"><font color="#999999" size="2"><font color="#000000" size="2"><strong>・嫁入り道具の多さでその家の格がきまるという地方(特定されたね)<br />
  サラリーマンで菓子職人の実父にはもちろん、<br />
  ウトメの満足するものはできない。<br />
  事務手続上で仕事を個人的に頼んだということで<br />
  お金を渡すから揃えろといってきた。もちろん断った。<br />
  その腹いせに私の揃えた嫁入り道具は式後に処分となった。</strong></font></font></font></p>
 <p><font color="#000000" size="2"><font color="#999999" size="2"><font color="#000000" size="2"><strong>・夫は子供ができると自由がなくなるという理由で<br />
  一年間は避妊ときめていた。第一子は5か月で流産。大量出血で意識不明。<br />
  救急車を呼んだらしい。<br />
  「本当に妊娠してたのか?大袈裟だ」ウト<br />
  「たかが流産ぐらいで大騒ぎして近所に恥ずかしい」トメ<br />
  たぶん、事態をみて大トメが大コトメに頼んで呼んでくれたらしい。<br />
  夫は泣く自分に対して<br />
  「俺の目の前で泣くことだけはやめてくれ」<br />
  「今度は、第一子は四月生まれの男の子で産んでくれ」<br />
     ↓<br />
  医師に相談したところ、第一子の男女産み分けは<br />
  遺伝性の問題以外には認められないといわれたが<br />
  事情を話して(話す前に痛い家で有名なので知っていた)<br />
  水頭症予防の薬が副作用として女の子ができない薬というのが<br />
  あるので三か月処方してくれた。<br />
  計画出産の指導もしてくれた<br />
     ↓<br />
  みごと、四月に男児出産。</strong></font></font></font></p>
 <p><font color="#000000" size="2"><font color="#999999" size="2"><font color="#000000" size="2"><strong>639 名前:<font color="#3366FF">名無しさん@HOME</font>[]
 投稿日:2010/01/04(月) 12:55:19 0<br />
 ・嫁が外に出歩くことを極端に嫌い、自宅の敷地内から<br />
  出ない日がほとんど多かった。<br />
 ・買い物はトメ同伴必須<br />
 ・美容院も姑指定、同伴<br />
 ・墓は自宅の向かい側がある。<br />
 ・近所付き合いとして喫茶店でお茶するトメに必ず同伴。<br />
 ・実家に帰らせてもらったのは私が病気の時だけ<br />
  (看病がめんどくさい、病人は厄病神の思想)<br />
 ・離れの電話は親子電話だったためすべて盗聴されている。<br />
 ・離れの合い鍵はもちろんウトメ所有。<br />
 ・大トメとも同居していたができるだけ避けられていた。<br />
 ・結婚していた19歳~26歳までテレビ、ラジオその他みたことがない。<br />
  唯一、許されていたのは新聞。隅から隅まで読んでました。<br />
  その頃、情報や流行っていたものは完璧に抜けている。<br />
 ・私の友人が訪問、電話があると、「一切、つきあわないでくれ」<br />
  と いってたらしい。</strong></font></font></font></p>
 <p><font color="#000000" size="2"><font color="#999999" size="2"><font color="#000000" size="2"><strong>640 名前:<font color="#3366FF">名無しさん@HOME</font>[]
 投稿日:2010/01/04(月) 12:56:05 0<br />
 ・ウトは嫁というものはひととりの家事を済ませた後も<br />
  日が照るうちはホウキをもって過ごすべきといっていた。<br />
  探せばどこでも掃除するところはあるといっていた。<br />
 ・自宅で食べる分だけの野菜は敷地内にあったので<br />
  農作業もしていた。もちろん私は大きな働き手<br />
 (家庭菜園の規模ではでない農機を使うくらいの広さ)<br />
 ・家族7人+住み込み2人の食事、洗濯は私の役割<br />
  結婚して一年はトメ、手は出すが口は大いに出す。<br />
  ほとんど見張り状態。<br />
 ・食事はトメから食材を渡され指示通りのメニューを作る。<br />
  例として9人分で肉300gといった具合。<br />
  乳製品は皆無、肉類は少量。野菜が98%<br />
  漬物は畑で作った野菜で作っていた。(もちろん私の仕事)<br />
  ただご飯だけは大量に炊飯する。(江戸時代みたいだね)<br />
  味付けがかなり濃いので十分ごはんは食べられるみたいだ。<br />
 ・トメはかなりの大食い。お菓子も大量に買い込む。<br />
  当然、太る。私はちょっとポッチャリしていたけど<br />
  痩せて見える。それがイヤなので強制的にお菓子を食べることに<br />
  付き合わされ対重増加。運動量がかなりあるのに太る。<br />
  ウトメは私が人に幸せぶとりだねといわれるのが楽しみだった。<br />
 ・就寝するのは離れの倉庫を改造した四畳半二間の部屋だけど<br />
  ウトメの許可がないとその部屋にも行かせてもらえない。<br />
  離れの掃除はさせてもらえるが一時間もしないうちに<br />
  トメが雨戸や網戸をガタガタと叩くなど早く戻れと催促する。<br />
 ・私の洋服は結婚したのだからGパンなんて履くなと<br />
  いわれていたのですべて廃棄。<br />
  トメが買ってきたスーパーのぶらさがり品の衣服を支給されていた</strong></font></font></font></p>
 <p><font color="#000000" size="2"><font color="#999999" size="2"><font color="#000000" size="2"><strong>642 名前:<font color="#3366FF">名無しさん@HOME</font>[]
 投稿日:2010/01/04(月) 12:57:54 0<br />
 ・夫の友人とのつきあいは最初の頃は同伴させてくれたが<br />
  ウトが電話で嫁が家事をしないとの理由で友人宅の舅に<br />
  帰すように言った。かなりの暴言だったらしく顔が真っ青だった。<br />
 「帰ったほうがいい」といわれ、すぐ帰宅。<br />
  友人宅に夕食を呼ばれている旨は報告してあるが<br />
  詳しい時間などの情報は盗聴で、連絡先は私たちが出かけた後に<br />
  合鍵で離れ探索してみつけたもの。</strong></font></font></font></p>
 <p><font color="#000000" size="2"><font color="#999999" size="2"><font color="#000000" size="2"><strong>夫とは、唯一2人で過ごす時間があったがひととおりの家事は免除なし。<br />
 実質多くて三時間ほど。最初は買い物行くなどするほか、<br />
 肉なし生活に嫌気がさしているので自分のために食事にいく。<br />
 私は自宅で食べないと厭味炸裂なので食べなかった。<br />
 食べない私を理解できず怒ってました。<br />
 そのうち、営業でゴルフ、スキーだと言い出し<br />
 子供、私を自宅に置いて、一日中でかけることがあたりまえになり<br />
 日曜日は普段より苦痛だけの日になった。</strong></font></font></font></p>
 <p><font color="#000000" size="2"><font color="#999999" size="2"><font color="#000000" size="2"><strong>648 名前:<font color="#3366FF">名無しさん@HOME</font>[]
 投稿日:2010/01/04(月) 13:08:29 0<br />
 もちろん、これが理不尽なことだとわかっていたけど<br />
 高校時代に付近の大学のサークルの交流会で知り合い、<br />
 卒業と同時に婚約、結婚だったから若さ、世間知らずだったし<br />
 実家は、今は普通のサラリーマンだけど<br />
 本家、大本家なんて言葉が残ってるくらいの古い家。<br />
 離婚しても地獄な日々と思って我慢しちゃった。<br />
 というか、私自身も洗脳されきってた。<br />
 今から思うと一番のバカは私だと思ってる。</strong></font></font></font></p>
 <p><font size="2"><font size="2"><font color="#999999" size="2"><strong>651
 名前:名無しさん@HOME[sage] 投稿日:2010/01/04(月) 13:10:30 0<br /></strong><font size="1">簡単に離婚させてくれなかったでしょう?</font></font></font></font></p>
 <p><font color="#000000" size="2"><font color="#999999" size="2"><font color="#000000" size="2"><strong>658 名前:<font color="#3366FF">名無しさん@HOME</font>[]
 投稿日:2010/01/04(月) 13:33:13 0<br />
 &gt;&gt;651<br />
 高校が全校で6人しか女子がいなかったの。<br />
 だから文科系の部活(いまでいう○文ヲタクの同好会みたいなかんじのところ<br />
 近くにお坊ちゃま大学のおなじ同好会があったので<br />
 よく、合宿とかに同行させてもらってた。<br />
 夫は、大4。どうみても女の子ウケするタイプじゃない人。<br />
 実家の後を継ぐから就活なしだったこともあって<br />
 当時、部長だった私と会う機会も多かったわけで<br />
 自分はその時、好きな人がいたし、積極的じゃなかった。<br />
 頼もしいなとは思ってたくらいかな。高校二年生に大学四年生だから<br />
 仕方がないと今、きづく。</strong></font></font></font></p>
 <p><font color="#000000" size="2"><font color="#999999" size="2"><font color="#000000" size="2"><strong>大学のサークルの人たち巻き込んでなんだか付き合う流れになってしまった。<br />
 夜間の活動が主なので大学との協力ないとかなりヤバイくなることもあって<br />
 あんまり、ヘタな事ができないこともあった。<br />
 結婚するまでそんなヘンな人だと気がつかなかったこともある。</strong></font></font></font></p>
 <p><font color="#000000" size="2"><font color="#999999" size="2"><font color="#000000" size="2"><strong>結婚したら、誰の遠慮なしにいろいろと○文○測やショーを<br />
 見に旅行もできるなんて乙女チックな夢しか浮かばなかったバカです。</strong></font></font></font></p>
 <p><font color="#000000" size="2"><font color="#999999" size="2"><font color="#000000" size="2"><strong>661 名前:<font color="#3366FF">名無しさん@HOME</font>[]
 投稿日:2010/01/04(月) 13:44:02 0<br />
 離婚については結構、修羅場だった。</strong></font></font></font></p>
 <p><font color="#000000" size="2"><font color="#999999" size="2"><font color="#000000" size="2"><strong>上記のようなあまりに理不尽で常識はずれさゆえ<br />
 実際にかなり太ってたので実親は信じてもらえない。<br />
 詳しく説明しようにも監視がキツイ。<br />
 結婚前 50キロ<br />
   ↓<br />
 結婚後 72キロ<br />
   ↓<br />
 食べない自由があるときづきダイエット<br />
 決行後 38キロ</strong></font></font></font></p>
 <p><font color="#000000" size="2"><font color="#999999" size="2"><font color="#000000" size="2"><strong>近所から「嫁いびり」の噂勃発。<br />
 前々からわかってたらしいけど悪評高い夫一族<br />
 そうそう表だってはできなかったらしい。<br />
 そもそも大トメが亡くなる前からトリップをしかけて<br />
 くれたみたいです。</strong></font></font></font></p>
 <p><font size="2"><font size="2"><font color="#999999" size="2"><strong>662
 名前:名無しさん@HOME[sage] 投稿日:2010/01/04(月) 13:45:56 0<br /></strong><font size="1">トリップ?</font></font></font></font></p>
 <p><font size="2"><font size="2"><font color="#999999" size="2"><strong>663
 名前:名無しさん@HOME[sage] 投稿日:2010/01/04(月) 13:51:32 0<br /></strong><font size="1">トラップ?</font></font></font></font></p>
 <p><font color="#000000" size="2"><font color="#999999" size="2"><font color="#000000" size="2"><strong>670 名前:<font color="#3366FF">名無しさん@HOME</font>[]
 投稿日:2010/01/04(月) 14:33:13 0<br />
 それから、夫一家はこれはなにかモノノケに憑かれたとか<br />
 いいだしたのがきっかけ。霊能者を呼ぶことになり、かれこれ<br />
 これまで三人くらいなんだか怪しい霊能者つれてきて私に<br />
 「タヌキ、キツネ、ヘビ」がついてるせいだとか<br />
 とか言われてた。お祓いしてもらったが効果なし、それどころか<br />
 本業も営業不振、コウトが無免許運転にて傷害事件を起こす。<br />
 もうひとりのコウトは三か月で離職ということがあったので4人目の霊能者をつれてきた。<br />
 この霊能者って人はどこにでもいるような気のいいおじちゃん。<br />
 その人が私を見るなり、ひれ伏し拝まれる。いきなり…<br />
 「このお方の後ろについておられる方が立派で<br />
 これでは失礼なので着替えさせていただきたい。<br />
 お嫁さん、あなたの手で塩と水を… 」と、一旦帰宅。</strong></font></font></font></p>
 <p><font color="#000000" size="2"><font color="#999999" size="2"><font color="#000000" size="2"><strong>671 名前:<font color="#3366FF">名無しさん@HOME</font>[]
 投稿日:2010/01/04(月) 14:34:04 0<br />
 今まで、眉をひそめるとかはあったけどこんなはじめてなんでぽか~ん状態。<br />
 しばらくすると 天狗様のようないでたち(なんかの祭りごとの正装?)で来た。</strong></font></font></font></p>
 <p><font color="#000000" size="2"><font color="#999999" size="2"><font color="#000000" size="2"><strong>お祓いするときも、末席じゃなくて一番前に来いという。ひととり家の中と個別をお祓い?霊視?した後に</strong></font></font></font></p>
 <p><font color="#000000" size="2"><font color="#999999" size="2"><font color="#000000" size="2"><strong>・ここの家の神様の祭り方がおかしい。いままでなんとか<br />
  すごされてこれたのはお嫁さんが神様に礼をつくしてきたおかげ<br />
 ・人道をはずれた行為をされておられるのではないか?</strong></font></font></font></p>
 <p><font color="#000000" size="2"><font color="#999999" size="2"><font color="#000000" size="2"><strong>そして最後に、私に<br />
 「あなたのご実家は神道を御信心されておられるのではないか?<br />
  修業されてる方々もいらっしゃるはず。 この方の守護霊は<br />
  かなりご立派。徐霊するなんてとんでもないことです。」<br />
 むしろ、大事になさらないといけない。</strong></font></font></font></p>
 <p><font color="#000000" size="2"><font color="#999999" size="2"><font color="#000000" size="2"><strong>夫一家、真っ青。</strong></font></font></font></p>
 <p><font color="#000000" size="2"><font color="#999999" size="2"><font color="#000000" size="2"><strong>私の実家については私自身知らなかった。<br />
 たしかに、祖父の時代までは御本山の御○山にも修行に行ってたらしい。<br />
 万博なぞあったりするくらいの都市なんだが、実家の墓所のある山は霊山として手つかずのまま。<br />
 そしてその霊能者曰く、そろそろご先祖もしびれをきらしておられる様子。<br />
 ご子孫を取り戻しにかかられる覚悟でおられるとおっしゃってます。</strong></font></font></font></p>
 <p><font color="#000000" size="2"><font color="#999999" size="2"><font color="#000000" size="2"><strong>この言葉に一同絶句。</strong></font></font></font></p>
 <p><font color="#000000" size="2"><font color="#999999" size="2"><font color="#000000" size="2"><strong>私はその言葉で決心がついたかもしれない。 </strong></font></font></font></p>
 <p><font color="#000000" size="2"><font color="#999999" size="2"><font color="#000000" size="2"><strong>672 名前:<font color="#3366FF">名無しさん@HOME</font>[]
 投稿日:2010/01/04(月) 14:36:36 0<br />
 ごめんね、タイピングへたなのでゆっくり書かせてください。</strong></font></font></font></p>
 <p><font size="2"><font size="2"><font color="#999999" size="2"><strong>677
 名前:名無しさん@HOME[sage] 投稿日:2010/01/04(月) 15:07:36 P<br /></strong><font size="1">ゆっくりかくのなら、先にトリップをつけて欲しいな。<br />
 そうすれば他の人が続きを騙ることもできないし。</font></font></font></font></p>
 <p><font color="#000000" size="2"><font color="#999999" size="2"><font color="#000000" size="2"><strong>679 名前:<font color="#3366FF">名無しさん@HOME</font>[]
 投稿日:2010/01/04(月) 15:23:08 0<br />
 そんなこんなしているうちに大トメが癌で鬼籍いり。<br />
 おきまりの財産闘争他、いろいろと聞くに堪えない事で喧嘩する。<br />
 時々、「嫁子、私たちそんなことしてないよね?」ときかれるが<br />
 後片付けとかいろいろあるのでじっくり話を聞いてなかったので<br />
 「わかりません。」と返事。よくよく聞いてると、あれだけ隠し通し、<br />
 ウチの嫁はイイコよアピールも親族には効いてない。</strong></font></font></font></p>
 <p><font color="#000000" size="2"><font color="#999999" size="2"><font color="#000000" size="2"><strong>そんなドタバタで葬式行事をすませて、四十九日。大コトメ4人が<br />
 私に大トメからの形見の指輪(トメには一切なし)<br />
 いままでのいきさつを聞かされる。<br />
 「母を大事にしてくれてありがとうね。母からいつも聞いているよ。」<br />
 「もののけ付きっていうのはホントどうかしてるよね。」<br />
 「すなおな嫁子ちゃんだから…ホントかわいそうなことしたね」<br />
 「なにもできなくてごめん。」<br />
 わが両親、実父の作った和菓子を手土産に行くも<br />
 夫一家の妨害で私に会えなかった。それで、和菓子を持って<br />
 大トメや大コウトメのところへ行ってたらしい。<br />
 その時に風呂敷の家紋(表紋 裏紋 宗教紋)見て、実家の宗教の事を知ったらしい。<br />
 大トメははじめて会った時から、孫の嫁は嫁子しかいないと<br />
 感じたのはそういうことかご満悦だったらしいとのこと。</strong></font></font></font></p>
 <p><font color="#000000" size="2"><font color="#999999" size="2"><font color="#000000" size="2"><strong>大トメのトラップは…ここです。<br />
 嫁には白菜食わせて、ため込んでるのにエセ霊媒師には何十万と支払い、<br />
 やれお供えだなんだとお金つぎ込むことをバカにつける薬はないと怒ってたようです。<br />
 また、動物霊が怖いのか?飼ってた大型犬にはハムをまるごと1本与えてた。(ある意味塩分多すぎて虐待ですけど)<br />
 ハムは大コトメの嫁先からのお中元。</strong></font></font></font></p>
 <p><font color="#000000" size="2"><font color="#999999" size="2"><font color="#000000" size="2"><strong>それで、紹介人(紹介料としてピンハネ)を呼び出し、<br />
 あらかじめ天狗の霊能者に情報をリークしてたらしい。(大コウトメ談)</strong></font></font></font></p>
 <p><font color="#000000" size="2"><font color="#999999" size="2"><font color="#000000" size="2"><strong>690 名前:<font color="#3366FF">◆5lg73Nq1Qc</font>[]
 投稿日:2010/01/04(月) 16:15:52 0<br />
 離婚の経緯<br />
 四十九日の件があってから離婚までの気力なくしてた。<br />
 いろいろ事情があって表立ってはかばってはもらえなかったけど最大の癒しだった大トメを<br />
 亡くしちょっとヘタレになっていた。しかし、ある日のこと。あったことのない大コウトが登場。<br />
 統合失調症の未治療、警察に捕えられ自宅にやってきた。しばらくはイビリの対象が私からこの大コウトに移った。<br />
 ここで第三者的にみたトメのイビリ方に尋常じゃないと思った。それに便乗するウト、コウト二人、夫にも辟易。<br />
 ここで、あああ…血縁あってもエネミー全開なの見てここから脱出しないとだめだと思い始めた。</strong></font></font></font></p>
 <p><font color="#000000" size="2"><font color="#999999" size="2"><font color="#000000" size="2"><strong>洗濯物を片づけていたところ大コウト後ろから抱きつかれ押し倒された。大声だしたので住み込み従業員さんが助けてくれたけどさすがショックは隠しきれず、着のみ着のままで、<br />
 とりあえず徒歩で逃げました。出歩かれると困るので免許も車もないし、<br />
 電車賃も持っていない。タクシーもひろえるところじゃないから徒歩で逃げました。<br />
 実家まで車で1時間の距離、日も暮れるし、息子もおなかを空かしているので<br />
 とりあえずは4時間かけて仲人さん宅に到着。夕食とお風呂をいただき着替えまで用意してくれた。<br />
 久しぶりのキレイで熱いお風呂にはいれて涙がでました。<br />
 夫宅では、マキでたくお風呂。一番の後風呂なので自分が入る頃はお湯は汚く、冷たい。<br />
 夕食は炊き立てのご飯にトンカツ、イチゴ。肉らしいもの食べたの病気で実家に帰った時以来だ。<br />
 息子と私の食べっぷりに仲人さんが泣いてました。次の朝、実家に送ってもらいました。<br />
 夫一家は足もお金もない私がどこにもいけるはずがないから夜にでもすぐ帰ってくるだろうと楽観してたらしい。<br />
 大コトメのこともしられたくなかったこともあり、実家にも連絡はしなかったらしい。</strong></font></font></font></p>
 <p><font color="#000000" size="2"><font color="#999999" size="2"><font color="#000000" size="2"><strong>翌日になっても帰ってこないので、これはやばいと思ったらしく、実家に電話攻撃のはじまった。<br />
 大コウトの件は嫁の思いすごしだという。おきまりの孫はウチの孫…等々、<br />
 テンプレ通りというか、テンプレまるごといわれました。<br />
 今では、笑って書けるけどあの時はインターネットもなかったので結構ダメージありました。</strong></font></font></font></p>
 <p><font color="#000000" size="2"><font color="#999999" size="2"><font color="#000000" size="2"><strong>694 名前:<font color="#3366FF">◆5lg73Nq1Qc</font>[]
 投稿日:2010/01/04(月) 17:03:50 0<br />
 しかし、かかってくるのはウトメだけ。携帯ない時代だからメールはない。<br />
 一週間たってはじめて夫が動いた。大泣きしながら実家に来た。<br />
 話し合いの結果、話し合いと仲直りのためにあらためて新婚旅行に行こうとなり一週間程<br />
 旅行に行った。その時に、別居して、夫婦して義実家に通う(経理をしていたので)<br />
 という約束をつけた。私はこれをきちんとした約束にしてからと思ってたが<br />
 ちょうど帰宅するのが大トメの百か日の前の日。まんまと義実家につれていかされそうになった。<br />
 法事で人が集まるのに嫁がいないと説明がつかない、奴隷をしてくれる嫁が欲しい<br />
 魂胆が丸見えだったので、信号が止まってる間に脱走した。<br />
 荷物はあらかじめ自宅に送ってあったのでセーフ!!</strong></font></font></font></p>
 <p><font color="#000000" size="2"><font color="#999999" size="2"><font color="#000000" size="2"><strong>百か日は、コウトの婚約発表でコウトの両親もきてたはずなので<br />
 どんな説明したのかな?</strong></font></font></font></p>
 <p><font color="#000000" size="2"><font color="#999999" size="2"><font color="#000000" size="2"><strong>その後、別居の話はどうなったかというと、<br />
 同居でうまくいかないのに別居してうまくやれるわけがないといいきり不履行。<br />
 公正証書にするという知恵がなかったので即離婚とはいかなかった。</strong></font></font></font></p>
 <p><font color="#000000" size="2"><font color="#999999" size="2"><font color="#000000" size="2"><strong>連日の訪問とどなり声で実家の近所にもつつぬけだったらしい。<br />
 話の内容もそっくりそのまま聞かれていた。(ちょっとそれも…だけど)<br />
 疲れ果てた様子を見かねたのがつつぬけ先の隣さんは市役所の福祉課の人だった。<br />
 ある意味、強い守護霊さまのおかげかもしれん。予約なしで無料相談を受けられることとなった。<br />
 その相談にのってくれた方が弁護を引き受けてくれることになった。</strong></font></font></font></p>
 <p><font color="#000000" size="2"><font color="#999999" size="2"><font color="#000000" size="2"><strong>離婚専門弁護士なんていう言葉がなかった頃だったのでどんなふうになるのか<br />
 不安だったが、この弁護士さんは離婚を専門に扱う弁護士を目指していたらしく<br />
 やる気満々だった。まあ、突っ込みどころ満載の事例だったこともあるけどね。</strong></font></font></font></p>
 <p><font color="#000000" size="2"><font color="#999999" size="2"><font color="#000000" size="2"><strong>697 名前:<font color="#3366FF">◆5lg73Nq1Qc</font>[]
 投稿日:2010/01/04(月) 17:14:48 0<br />
 ICレコーダーとかないし、日記なんて付ける余裕もないから証拠は皆無。<br />
 離婚するために弁護士雇うっていうのもごくマイナーな時代だったから<br />
 ろくな証拠なしで行けたんだと思う。<br />
 離婚したい理由とか慰謝料、養育費の請求を相手方に文章を内容証明で送る。<br />
 もちろん、息子拉致未遂もあったのでそのへんの制限をかける。<br />
 住民票を実家に変えて保険とか福祉サービスをうけられるようにした。<br />
 別居している事実を証明するためにも必要とのことらしい。<br />
 住民票移す時点で、びっくりしたよ。<br />
 私、月給三十万円とボーナス二百万もらってたことになってた。<br />
 ここで、減税のために私を利用したのがわかったと<br />
 同時に財産分与も請求できることになった。でも…めちゃ住民税と保険料高かったよ。</strong></font></font></font></p>
 <p><font size="2"><font size="2"><font color="#999999" size="2"><strong>701
 名前:名無しさん@HOME[sage] 投稿日:2010/01/04(月) 17:18:58 0<br /></strong><font size="1">25年前…バブルの頃か 都市部では浮かれて贅沢してた時代にこんな虐待<br />
 受けてた女性が居たんだね まあまだまだ封建的な時代だったけど</font></font></font></font></p>
 <p><font size="2"><font size="2"><font color="#999999" size="2"><strong>702
 名前:名無しさん@HOME[sage] 投稿日:2010/01/04(月) 17:19:50 0<br /></strong><font size="1">女性の幸せは結婚、とまだまだ当然のように声高く言われてた時代だな。</font></font></font></font></p>
 <p><font color="#000000" size="2"><font color="#999999" size="2"><font color="#000000" size="2"><strong>704 名前:<font color="#3366FF">◆5lg73Nq1Qc</font>[]
 投稿日:2010/01/04(月) 17:33:53 0<br />
 貧乏人の小娘と思ってた嫁が弁護士を立ててきたとウトメが仰天。<br />
 やっぱバカとしかいえないけれど、婚約から今まで私にかかった費用を<br />
 事細かに記載して弁護士宛に送ってきたそうだ。これには大笑いした弁護士。<br />
 月々のお小遣い、食費…等々にはじまり、光熱費、買い物の送迎費、家賃<br />
 もっとわかりやすく言えば、避妊具代まで書いてあるらしい。<br />
 相手三かなり追い込まれてるね。この様子だと弁護士たててないみたいだよ。<br />
 まさにこれが墓穴掘ってるって気がつかないでしょうね。<br />
 ○○さんこの金額でどう食べて生きてきたの?消耗品だって買えなかったでしょ?<br />
 これは証拠になるわ~!<br />
 「私、悪徳弁護士になってよいかしら?あなた経理してたんだから<br />
 内情わかってるでしょ?この案件税務関係に持ち込んだら世のためかもよ」<br />
 そういえば、嫁入り道具→取り付け用家具 メガネ→事務用メガネなので事務費<br />
 という感じでしたというと、涙流して笑ってた弁護士でした。</strong></font></font></font></p>
 <p><font color="#000000" size="2"><font color="#999999" size="2"><font color="#000000" size="2"><strong>708 名前:<font color="#3366FF">◆5lg73Nq1Qc</font>[]
 投稿日:2010/01/04(月) 17:35:35 0<br />
 &gt;&gt;701<br />
 「おしん」をやってた時代ですわ</strong></font></font></font></p>
 <p><font size="2"><font size="2"><font color="#999999" size="2"><strong>711
 名前:名無しさん@HOME[sage] 投稿日:2010/01/04(月) 17:39:00 0<br /></strong><font size="1">◆5lg73Nq1Qcの話は<br />
 何か水戸黄門的な展開になってるの?<br />
 貧乏家から嫁に貰ったと思ったら実はいいとこの子ジャマイカ(家紋見て)みたいな?</font></font></font></font></p>
 <p><font color="#000000" size="2"><font color="#999999" size="2"><font color="#000000" size="2"><strong>714 名前:<font color="#3366FF">◆5lg73Nq1Qc</font>[]
 投稿日:2010/01/04(月) 17:47:37 0<br />
 弁護士を立てたという時点であわわ…となり請求しているつもりが<br />
 証拠を送り込んできた夫は撃沈。<br />
 調停までいって、再構築を提案されたりもした。<br />
 &gt;&gt;722</strong><font color="#999999" size="1">(※編集注 702?)</font><strong>さんのいううとおりそういう世間の風潮がまだ残ってたし、<br />
 女は三界に家なしの時代だからね。<br />
 夫は親権取るとかという余裕がない。離婚の他に突っ込まれるのが<br />
 イヤだったんでしょうね。コウトの結婚式があるし世間体が大事な人なんで<br />
 ゴタゴタあって半年ぐらい離婚にかかった。<br />
 もちろん、慰謝料も財産分与、養育費は満額。弁護士はもっと取ろうと<br />
 思えば取れるけど社会的制裁の方が相手は痛いでしょうということになった。<br />
 その時の弁護士さんは、現在当然「離婚専門弁護士」の看板上げて頑張ってます。</strong></font></font></font></p>
-<p><font color="#000000" size="2"><font color="#999999" size="2"><font color="#000000" size="2"><strong>715 名前:名無しさん@HOME[sage] 投稿日:2010/01/04(月) 17:55:34
-0<br />
-月給30万、ボーナス200万の件は放置ですか?それ、明らかに違法だよね。</strong></font></font></font></p>
+<p><font size="2"><font size="2"><font color="#999999" size="2"><strong>715
+名前:名無しさん@HOME[sage] 投稿日:2010/01/04(月) 17:55:34 0<br /></strong><font size="1">月給30万、ボーナス200万の件は放置ですか?それ、明らかに違法だよね。</font></font></font></font></p>
 <p><font color="#000000" size="2"><font color="#999999" size="2"><font color="#000000" size="2"><strong>717 名前:<font color="#3366FF">◆5lg73Nq1Qc</font>[]
 投稿日:2010/01/04(月) 18:06:14 0<br />
 &gt;&gt;711<br />
 実家の家紋が梅鉢なんでちょっとどっきり!</strong></font></font></font></p>
 <p><font color="#000000" size="2"><font color="#999999" size="2"><font color="#000000" size="2"><strong>いいところのお嬢様ではないですよ。雇われ菓子職人の娘です。<br />
 父は二男ですし…<br />
 もともとは祖父とその親、兄弟が商売繁盛のための信仰だったのが、<br />
 祖父が勝手にその道を極めてしまった程度です。<br />
 宗教紋については祖父はこれがつけたいために修行したという人。<br />
 (ちょっと痛いひとかもしれない)<br />
 普通はつけませんよ。つけてもお墓ぐらいかな?</strong></font></font></font></p>
 <p><font color="#000000" size="2"><font color="#999999" size="2"><font color="#000000" size="2"><strong>表紋は父の家の家紋。裏紋は母の家の紋<br />
 両方つけているのは父方の家系がなぜか男が早死にしたり<br />
 男子が生まれなかったりしているので厄除けとして並べたものを<br />
 作るという縁起担ぎだそうです。</strong></font></font></font></p>
 <p><font color="#000000" size="2"><font color="#999999" size="2"><font color="#000000" size="2"><strong>718 名前:<font color="#3366FF">◆5lg73Nq1Qc</font>[]
 投稿日:2010/01/04(月) 18:07:25 0<br />
 &gt;&gt;715<br />
 財産分与にはいってます。</strong></font></font></font></p>
 <p><font size="2"><font size="2"><font color="#999999" size="2"><strong>719
 名前:名無しさん@HOME[sage] 投稿日:2010/01/04(月) 18:09:19 0<br /></strong><font size="1">&gt;&gt;679<br />
 >その時に風呂敷の家紋(表紋 裏紋 宗教紋)見て、実家の宗教の事を知ったらしい。<br />
 >大トメははじめて会った時から、孫の嫁は嫁子しかいないと<br />
 >感じたのはそういうことかご満悦だったらしいとのこと。</font></font></font></font></p>
 <p><font color="#999999" size="1">何の宗教?</font></p>
 <p><font color="#000000" size="2"><font color="#999999" size="2"><font color="#000000" size="2"><strong>727 名前:<font color="#3366FF">◆5lg73Nq1Qc</font>[]
 投稿日:2010/01/04(月) 19:02:57 0<br />
 離婚2年後のロミオ様~~~<br />
 家の前で待ち構えていた前夫。<br />
 息子の面会等の約束はしてなかったので会わせずにいた。<br />
 (これも夫の抜けてたところ)</strong></font></font></font></p>
 <p><font color="#000000" size="2"><font color="#999999" size="2"><font color="#000000" size="2"><strong>前夫「もう俺には○○(私)しかない。お前のように若くてかわいい、おまけに従順で優しい嫁はいない。<br />
    お前以外に再婚は考えられない。もう一度、チャンスをくれ!」<br />
 私「あら…再婚できるチャンスを大事にした方がいいと思うの。<br />
   それにチビで若ハゲでおっさんのあなたがいない幸せな生活を邪魔しないで!」<br />
 前夫「そうか、わかった。でも俺は再婚の相手も二度目のしかもらわないから<br />
    覚えておいてくれ!」</strong></font></font></font></p>
 <p><font color="#000000" size="2"><font color="#999999" size="2"><font color="#000000" size="2"><strong>私、最後の言葉の意味が今もわかりません。どういう意味なんだろう?<br />
 わざわざ、言いに来るべき事なのか…</strong></font></font></font></p>
 <p><font color="#000000" size="2"><font color="#999999" size="2"><font color="#000000" size="2"><strong>733 名前:<font color="#3366FF">◆5lg73Nq1Qc</font>[]
 投稿日:2010/01/04(月) 19:30:07 0<br />
 そして三年前の出来事。私も通信制の大学、専門学校も卒業。資格試験も合格。<br />
 息子も大学卒業就職できました。息子の就職を機会に職場の部下で大学の同級生だった人と再婚し、<br />
 実家を離れ、人並みのしあわせを感じています。<br />
 実家に前夫から電話があり、息子とどうしてもあって話がしたいとのこと。<br />
 まぁ成人してることもあり、息子の意思に任せました。<br />
 元義実家に行ったそうです。あいかわらず立派なおうちらしい。後妻さんは愛想よく迎えてくれたそうです。<br />
 義弟妹はいかにもDQで態度も悪く、挨拶しても返事ができない人みたいです。<br />
 ウトは会うなり、「この家屋敷は全部お前のものだ、なんでも欲しいものを言え!」<br />
 と言ったそうな。義弟妹の目の前で…<br />
 こづかいだと、お金のはいった封筒を渡されたらしいのですが<br />
 札束を叩き返して自分で帰ってきたそうな。<br />
 息子が母子家庭で辛かったこともあって母さんを恨んだこともあるけど<br />
 義妹弟みたいな人間になってたらと考えると、離婚してくれて正解だと<br />
 思った。あんな爺や婆はいらん!</strong></font></font></font></p>
 <p><font color="#000000" size="2"><font color="#999999" size="2"><font color="#000000" size="2"><strong>これで最後です。</strong></font></font></font></p>
 <p><font color="#000000" size="2"><font color="#999999" size="2"><font color="#000000" size="2"><strong>息子の話を聞いて、元夫に嫁イビリに息子を利用するな!と〆ときました。</strong></font></font></font></p>
 <p><font size="2"><font size="2"><font color="#999999" size="2"><strong>738
 名前:名無しさん@HOME[sage] 投稿日:2010/01/04(月) 19:47:59 O<br /></strong><font size="1">再婚相手との年の差が気になりましたw</font></font></font></font></p>
 <p><font size="2"><font size="2"><font color="#999999" size="2"><strong>744
 名前:名無しさん@HOME[sage] 投稿日:2010/01/04(月) 20:11:35 O<br /></strong><font size="1">>ウトは会うなり、「この家屋敷は全部お前のものだ</font></font></font></font></p>
 <p><font color="#999999" size="1">義弟妹は後妻の連れ子だとオモ</font></p>
 <p><font color="#000000" size="2"><font color="#999999" size="2"><font color="#000000" size="2"><strong>745 名前:<font color="#3366FF">◆5lg73Nq1Qc</font>[]
 投稿日:2010/01/04(月) 20:15:53 0<br />
 &gt;&gt;744<br />
 小梨再婚ですよ。第一子がぶどうっこ?で悩んで元夫から電話きたことがある。</strong></font></font></font></p>
 <p><font color="#000000" size="2"><font color="#999999" size="2"><font color="#000000" size="2"><strong>746 名前:<font color="#3366FF">◆5lg73Nq1Qc</font>[]
 投稿日:2010/01/04(月) 20:19:57 0<br />
 &gt;&gt;719<br />
 実家の宗教は新興宗教じゃないです。<br />
 御本山はかなり有名です。神道ってのかな?叔父が後とってやってるので<br />
 わからないです。</strong></font></font></font></p>
-<p><font color="#000000" size="2"><font color="#999999" size="2"><font color="#000000" size="2"><strong>747 名前: <font color="#3366FF">◆5lg73Nq1Qc</font> []
+<p><font color="#000000" size="2"><font color="#999999" size="2"><font color="#000000" size="2"><strong>747 名前:<font color="#3366FF">◆5lg73Nq1Qc</font>[]
 投稿日:2010/01/04(月) 20:39:15 0<br />
 &gt;&gt;738<br />
 同じ年です。年下を期待されたのかしら?</strong></font></font></font></p>
 <p><font color="#000000" size="2"><font color="#999999" size="2"><font color="#000000" size="2"><strong>すでに資格を専門学校で取っていた自分が主任。<br />
 夫は大卒ですが先妻死後、この職種に転職。<br />
 私が学士、受験資格をとるのと、夫が必要履修科目とるために<br />
 通信制大学に通ってた。<br />
 (スクーリングが多かったので通いでいいかな)<br />
 今日は、夫が当直+日勤だったので暇なのは正解!</strong></font></font></font></p>
 <p><font size="2"><font size="2"><font color="#999999" size="2"><strong>749
 名前:名無しさん@HOME[sage] 投稿日:2010/01/04(月) 20:47:16 0<br /></strong><font size="1">◆5lg73Nq1Qcの文章が死ぬほど読みづらい…理解できないわけではないが<br />
 同じ長文でもスラスラ読める人もいるのにこの違いはなんだろうな</font></font></font></font></p>
-<p><font color="#000000" size="2"><font color="#999999" size="2"><font color="#000000" size="2"><strong>750 名前: <font color="#3366FF">◆5lg73Nq1Qc</font> []
+<p><font color="#000000" size="2"><font color="#999999" size="2"><font color="#000000" size="2"><strong>750 名前:<font color="#3366FF">◆5lg73Nq1Qc</font>[]
 投稿日:2010/01/04(月) 20:49:23 0<br />
 大トメの事があったことでこの職に就くことを思い立ちました。<br />
 今度は姑の立場になるので、このスレ見て息子をエネ夫にさせないために<br />
 もう一度、振り返ろうと思い、書き込みさせていただきました。<br />
 子離れしっかりしておきます。<br />
 長々とお付き合いしていただきありがとうございます。<br />
 これを最後に名無しに戻ります。<br />
 トリのつけ方がうまくできなくてすいませんでした。</strong></font></font></font></p>
 <p><font color="#000000" size="2"><font color="#999999" size="2"><font color="#000000" size="2"><strong>752 名前:<font color="#3366FF">名無しさん@HOME</font>[]
 投稿日:2010/01/04(月) 20:51:46 0<br />
 &gt;&gt;749<br />
 申し訳ありません。<br />
 書き込みは今回、はじめてだったので<br />
 ごめんなさい。</strong></font></font></font></p>
 <p><font size="2"><font size="2"><font color="#999999" size="2"><strong>754
 名前:名無しさん@HOME[sage] 投稿日:2010/01/04(月) 20:56:10 O<br /></strong><font size="1">義妹弟は異母妹弟でいいんだよね?<br />
 >大トメの事があった<br />
 何の事?</font></font></font></font></p>
 <p><font color="#000000" size="2"><font color="#999999" size="2"><font color="#000000" size="2"><strong>760 名前:<font color="#3366FF">名無しさん@HOME</font>[]
 投稿日:2010/01/04(月) 21:25:52 0<br />
 &gt;&gt;754<br />
 異母兄弟だと思います。本当のことは当事者じゃないと<br />
 わからないけど。<br />
 大トメの介護が出来なかったことがちょっと後悔したので<br />
 看護とSW、CM<br />
 天狗殿の霊視によると「この子に介護、看護を任せたら心配いらない」と<br />
 スゴイ予言してくれたので従っただけ。(笑)大トメのしわざか?</strong></font></font></font></p>