※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

The Sickle whose Crop is Pain

死の苦痛という作物を狩る鎌。上手くやれば死のGemを大量に得られる
The Sickle whose Crop is Pain
片手武器 研究Lv 属性 属性2
内部ID 106 8 5
威力 攻撃補正 攻撃回数 長さ
5  4 1 1 
防御力 防御補正 回避率 重さ
  4
射程 弾数 特殊
  防御貫通
その他
命中時効果:Decay
特殊:敵を倒すと死Gemを得る 

ゲーム内解説文

A sickle made from beaten bronze with runes inscribed along its edges and a blood-groove running down the center of the blade, this tool is not used to cut rye or wheat. Instead, its harvest is of a far more sinister nature. When used in battle, the magic in the blade awakens and the sickle will harvest the pain of all those killed. Anyone surviving a hit from the sickle will start to decay and will die within minutes.

和訳

打ち延ばされた青銅で作られ、端に沿ってルーンが刻まれ、刃の中心に溝が走っている鎌。この道具は、ライ麦や小麦を刈り取るためには用いられません。その代わりとなる収穫物は、遥かに不吉なものです。戦いにおいて用いられるとき、刃の魔力は目覚めます。そして、鎌は死に逝く人々全ての苦痛を集めます。鎌の一撃を生き残る誰もが腐敗し始め、数分のうちに死に至ります。

注記

殺した相手の苦痛を死のGemとして収穫するアーティファクト。形状は農耕用の鎌だが、装備者には死神の如く暴れ回ることが期待される。
武器としては控えめな威力しか持たないが、技能補正は高め。またダメージを与えられればDecay効果を抵抗可能な判定で付加する。
特徴は倒した相手がMindlessでない限り、死Gemを1個得られること。これは近接武器攻撃かつ単体攻撃で満たす必要があり、装備して魔法で殲滅したり、Trampleで暴れたりしても意味は無い。

装備して手薄な土地を荒らしまわれば、1ターンで膨大な数のGemを収穫できる夢のある武器である。実際、単独で守備隊を蹴散らして回るだけでGemが山ほど手に入るので、機動力のある指揮官で使えば大きな利益になる。
これ1本では少々火力不足な感もあるが、条件はあくまで単体攻撃武器を用いて接近戦で敵を殺すことであるため、二刀流で他の武器に頼っても良い。ただしFire Brandの爆風などの範囲ダメージで倒すと無効なので、それらがついていない武器を使うのが無難。
侵攻の際には所有者のGem欄がきちんと空いているかは確認しておくこと。一人が持てるのは30個が限界なので、既に何か持っているなら研究所で置いてくるか、他の指揮官に預けるかしなくてはならない。忘れていると無駄な殺戮をする破目になる。
所有者が十分に殺害数を稼げる状態にできるなら、無理に単独行動をとらずに普通の軍と動くのも悪くない。また同行する魔術師に死Gemの需要があれば、研究所無しでも進軍しながら補充・消費することができるので手間がかからない。

コメント

名前:
コメント: