※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Fire Brand

1マス範囲の火炎攻撃が追加で出る定番武器。自身も火に強くなる
Fire Brand
片手武器 研究Lv 属性 属性2
内部ID 42 4 1 1
威力 攻撃補正 攻撃回数 長さ
12  4 1 2 
防御力 防御補正 回避率 重さ
  1
射程 弾数 特殊
  防御貫通
その他
攻撃時効果:Small Area Fire
火炎耐性:50%、士気:2 

ゲーム内解説文

As soon as this sword is drawn, the blade will burst into flames and anyone close to where it strikes will be burned by a burst of extremely hot fire. Earth magic has been used to sharpen the edges of this sword so that it can cut straight through any armor. The flaming sword partially protects its wielder from fire.

和訳

この剣が抜かれると、その刃は燃え上がります。そして、それが攻撃する際、近くに居る誰もを極めて熱い炎の爆風によって焼き焦がします。それがどんな防具でも切り裂けるように、地の魔法はこの剣の刃を鋭利にするために用いられています。この燃え盛る剣は、その使い手を炎から部分的に保護します。

注記

定番の小範囲攻撃武器。通常の軍勢を相手にする指揮官なら汎用的に扱える。
武器本体は長さや防御補正は平凡な数値で、なかなかの威力と高い攻撃補正が売り。実はこれだけならFire Swordそのままだったりするが、こちらはさらに防御貫通を持ち、より強力になっている。
しかし最大の利点は、攻撃時にその成否を問わず範囲1の追加攻撃を行うこと。これは威力12、防御貫通の火炎ダメージ。範囲攻撃なので回避の余地は無い。

軽装の人間はサクサクと焼き殺せ、重装相手でも確実に削り取っていく範囲攻撃は凶悪そのもの。殴るついでに外さないFireballを撃ちまくっていると考えれば強力なのも無理はない。
武器本体も防御貫通付きで優秀な威力を持つので、火炎無効の相手でも安全とは言い切れない。またその追撃は大物相手にも十分に機能するため、火炎対策のできない相手を散々な目に遭わせられる。

範囲効果だけが目当てなら武器本体は振るだけで良いため、たとえ目を潰された指揮官であっても扱えるのは興味深い点。反撃を回避できないので手放しには推奨できないが、不意に眼潰しを受けてもなんとか戦えるというだけで十分に恩恵がある。
また当てる必要がないという点を利用するなら、二刀流も選択肢に入る。範囲ダメージが2連続で発生するだけでも、大概の人間は吹き飛ばせるだろう。

コメント

名前:
コメント: