※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Ermorはかつて既知の世界のほとんどを征服した、偉大な帝国でした。
帝国の偉大な魔術師がC'tisのSauromancersの下で暗き魔法を学んだことで、国土は崩壊しました。
暗き魔法の危険性に気付かぬまま、聖職者たちは首都Eldregateで不浄なる儀式を行いました。
1つの恐るべき事故により、死は解き放たれました。
膨大な犠牲だけを得て、帝国は勝ちました。
古きErmorの信仰は捨て去られ、死の信仰は死を遠ざけておくために採用されました。
しかるべき式典が行われなければ、死は再び大地を闊歩します。
ErmorのThaumaturgは死の信仰の指導者であり、Ermorの軍勢と並んで敵と戦うよう、死者に依頼することができます。
帝国軍の人間の大半は、レギオンにより構成されています。

種族 人間とアンデッド。アンデッドは補給を必要とせず、水中に侵入でき、潰走せず、昼夜を通し歩き続けられる
軍隊 人間のレギオンと質の悪いアンデッドの大群
魔法 星、死
聖職者 死者の蘇生可能
宝石収入 星1、死4
魔法土地 Temple of the Dead, Temple of the Spheres

Commanders

名称 Cost コメント
Scout 20g,3r 偵察兵。一般的な技能のみ
Assassin 60g,4r 暗殺者。高い隠密技能を持ち、敵の指揮官の暗殺を試みることができる
Centurion 30g,21r 下級指揮官。40名指揮
Legatus Legionis 70g,21r 上級指揮官。120名指揮、士気向上効果
Ermorian Cultist 45g,1r Lv1聖職者。Ermorの聖職者は全員がアンデッドの作製と指揮可能
Thaumaturg 130g,1r 星1死1の魔法を持つLv2聖職者
Censor 80g,24r 首都専用。Sacred指揮官。パトロールボーナス10。指揮上限40、アンデッド指揮80
Grand Thaumaturg 340g,1r 首都専用。星や死の魔法を中心に扱うLv3聖職者。最初から老齢。マップ移動力1

Units

名称 Cost コメント
Slinger 7g,2r 投石兵:弱い遠隔攻撃兵。士気がかなり低い
Velite 10g,10r 軽歩兵:皮鎧着用の軽歩兵。槍と投槍、大盾を持つ
Alae Legionnaire 10g,20r 歩兵:普通の鎧を与えられた兵。武器は槍と投槍のまま
Hastatus 12g,21r 一般兵:剣と投槍を使用する。士気が若干向上
Principe 15g,21r 精鋭兵:戦闘技能と士気が向上した精鋭。癖が無く、性能も十分ある主力
Triarius 14g,29r 古参兵:老齢の兵士。投槍を持たないが長槍を使用し、鎧も頑丈で士気も高い。重装備と高齢ゆえかマップ移動は1
Praetorian Guard 18g,30r 護衛兵:古参の護衛兵。長槍ではなく剣を使用する。最初からAfflictionを持つ可能性大。マップ移動力1
Standard 20g,21r 旗手:士気向上6を持つ鼓舞係。一応戦闘能力もあるが、それだけには割高
Retiarius 8g,1r 奴隷闘士:トライデントと網を使用する。雇用費は低いが、戦闘に一度参加すると自由放免という事で軍隊から離れる
Gladiator 8g,1r 奴隷闘士:フレイルを使用する。上と同じく雇用費は低いが、戦闘に一度参加すると自由放免という事で軍隊から離れる
Shadow Vestal 35g,6r 幽霊兵士:首都専用。Sacred歩兵。自らアンデッドとなった女性兵士。Ethereal、隠密能力を持ち、魔法武器の影の槍を使用
Lictor 25g,24r 監視兵:首都専用。Sacred歩兵。パトロールボーナス2を持つ。戦斧を使用し、盾は持たない。マップ移動力1

Reanimate Units

名称 条件 コメント
Soulless 聖1 いわゆるゾンビ。戦闘スキルは極めて低いが下級アンデッドとしてはHPが高い。マップ移動力2
Soulless Warrior 聖1 兵士のゾンビ。死体の出所が戦闘だとこちらになる。槍と鎧を装備し、ただのSoullessよりは数段上。マップ移動力2
Soulless Warrior 聖1 同名装備違い。剣とより重い鎧を装備。戦闘スキルでは槍バージョンに劣る。マップ移動力2
Ghoul 聖1 下級アンデッドながらMindlessやLifelessやNever Healsではない兵。自力では水中に入れず、冷気耐性もない。攻撃に麻痺毒付き。マップ移動力2
Longdead 聖2 スケルトン。HPは非常に低いが武器を使うので攻撃力はそれなり。剣を使用するタイプ
Longdead 聖2 同名装備違い。剣を使用し鎧を着用
Longdead 聖2 同名装備違い。剣と盾を使用し鎧を着用
Longdead 聖2 同名装備違い。剣と盾を使用し鎧と兜を着用
Longdead 聖2 同名装備違い。槍を使用
Longdead 聖2 同名装備違い。槍と盾を使用し鎧と兜を着用
Longdead Velite 聖2 レギオン兵のスケルトン。全て大盾を装備している。槍と投槍を使用する。皮鎧は腐ったらしく丸裸
Longdead Legionnaire 聖2 リングメイル装備型。武器は同じ
Longdead Principe 聖2 スケイルメイル装備型。HPが少し上がり、武器が剣と投槍に変更
Longdead Triarius 聖2 プレートホーバーク装備型。投槍を持たないが長槍を用いる
Longdead Horseman 聖3 スケルトン騎兵。HPは低いままだが機動力に優れ、突撃槍を使用する。装備も整っている

Heroes

名称 固有名 コメント
Grand Thaumaturg Zirru Ermorに残る最後のSauromancer。死と星の魔法を扱うLv2聖職者。C'tisの民なのでその性質も持つ
Scythe Wielder Mortius 地獄送りの大鎌を携え公開処刑を担当するThaumaturg。死と星の魔法を扱うLv2聖職者。高齢なのが悔やまれる

Fortress

地形 名称 Cost 工期 管理力 備蓄 防御力 防御塔
首都 Great City 1400 6 60 1250 200 2
平地 Fortified City 1200 5 50 1000 250 2
森林 Forest Fortress 1000 4 15 200 300 2
沼地 Swamp Fort 800 3 0 100 100 1
山岳 Hill Fortress 1200 5 10 150 600 4
農地 Fortified City 1200 5 50 1000 250 2

Local Defense

条件 指揮官 兵士 備考
地上1~ Centurion Velite:10 Alae Legionnaire:10 Slinger:10 無難な戦力。火力にはやや問題あり
地上20~ Thaumaturg Hastatus:10 多少の魔法支援が加わる。火力も少し改善
要塞 - Ballista:2 弾数は少ないが高威力で防御貫通。確実に被害を与えられる

Magic Skills

条件 名称 固定 変動 備考
なし Ermorian Cultist 1 Sacred
なし Thaumaturg 112 Sacred
首都 Grand Thaumaturg 223 +1:100% +1:10% Sacred Old Age

固有魔法

名称 領域 Lv 使用 主属性 副属性 ジェム 水中判定 概要
Unholy Blessing Divine 0 戦闘 1 0 水中可 狭い範囲の味方アンデッドSacredユニットに祝福を与えます
Unholy Command Divine 0 戦闘 1 0 水中可 敵アンデッドを支配しようと試みます
Unholy Power Divine 0 戦闘 1 0 水中可 ごく狭い範囲の味方アンデッドの攻撃技能と速度を高めます
Unholy Protection Divine 0 戦闘 1 0 水中可 ごく狭い範囲の味方アンデッドの魔法抵抗力を高めます
Anathema Divine 0 戦闘 2 0 水中可 狭い範囲内の敵SacredユニットにCurseをかけます
Unholy Blessing Divine 0 戦闘 2 0 水中可 広い範囲の味方アンデッドSacredユニットに祝福を与えます
Unholy Protection Divine 0 戦闘 2 0 水中可 広範囲の味方アンデッドの魔法抵抗力を高めます
Apostacy Divine 0 戦闘 3 0 水中可 敵Sacredユニットの1体を味方にしようと試みます
Protection of the Sepulchre Divine 0 戦闘 3 0 水中可 戦場全体の味方アンデッドの魔法抵抗力を高めます
Unholy Blessing Divine 0 戦闘 3 0 水中可 戦場全体の味方アンデッドSacredユニットに祝福を与えます
Unholy Power Divine 0 戦闘 3 0 水中可 一定範囲の味方アンデッドの攻撃技能と速度を高めます
Power of the Sepulchre Divine 0 戦闘 4 0 水中可 戦場全体の味方アンデッドの攻撃技能と速度を高めます

雑観

かつての栄光はどこへやら、死の魔法の乱用の果てに滅亡寸前に追い込まれた暗黒時代。彼らの死の宗派への転向は、国を襲った破滅の再臨を遅らせるため。最早彼らに選択肢はない。
ゲーム的にはLate Ageのインパクトが強すぎていまいち目立たないのが悲しいが、この時代も生者と死者が共に闘う様を見るには最適。聖職者が無料でアンデッドを作製できるため、初期から膨大な規模の軍を築ける。
また人間の兵も未だ精強で、前時代と比べるとちゃんと武装の強化も成されているため、たとえアンデッド対策をされても十分に戦っていける柔軟性もある。魔法の幅が狭すぎるなど弱点も明確だが、利点を活かせばそれを補って余りある。

正規軍はローマのレギオン兵が元。Early Ageから騎兵が消滅、かわりに旗手とSacred歩兵が追加され、その他の兵士も主に防具が強化。下級兵の一部は入れ替えられている。射撃については一切改善されていない。
大盾が標準装備で、多くの兵は投槍も併用するため対応力は悪くない。基本はPrincipe、防御主体ならTriariusが良いだろう。下級兵はより安いが、Velite以外は資源コストが多めなので結局は数が出しにくい。金欠時以外は上位を優先すべきだろう。
ただし、配置上は最上位兵にあたるPraetorian Guardは最初からAfflictionが付く可能性が高い上、老齢のためHeal Troopsも受け付けない。おまけに高い士気以外には能力的な利点もない。忘れても構わないだろう。
新たに追加された旗手は士気を支えるための存在。彼らだけで部隊を組むと無駄が多いので、他の兵に混ぜる形で配備すると良い。とくに敵がFearを持つ場合、彼らの存在は意義がある。
Sacred兵は2種。どちらも首都専用。Shadow Vestalは珍しい雇用可能なアンデッド兵で、Ethereal持ち。HPは低く防御力もないので、当たれば死ぬ。対策は明確なので、最後までこれだけで進めるのは無理だが、序盤はとりわけ効果が高い。
一方のLictorも悪くは無いが、Shadow Vestalとどっちを取るかとなると結局あちらになることが多い。敵が徹底的にアンデッド対策をしてくるのでもなければ、盾なしEtherealなしマップ移動1で資源コストも高い彼らは後回しになりがちだろう。

Augurらは追放されたため、魔術師は聖職者兼任の2種のみ。魔法属性はもろ被りで片方が(値段を考えなければ)ほぼ上位互換だが、上位のほうは首都専用なので、前者を雇うことは多々ある。
Thaumaturgは星1死1聖2を持つ。やや安価で、またどこでも雇える。中立でいいものが引けなければ研究要員にも使用する。アンデッド指揮60を持つので、量産したアンデッド兵の指揮官に向き、Communion役も可能。
Grand Thaumaturgは星2死2聖3、追加で風水星死を1、10%でさらに1得る。魔力も高いが、何より有益なのは聖3で、開始時から無料でLongdead Horsemanを作製できる。
Longdead Horseman自体は強いわけではないが、突撃槍を持つ兵を無料で毎ターン6体作製できるというのはかなり恐ろしい。老齢なのは難点ではあるが、量産して延々と蘇生作業に従事させればそれだけで大部隊ができあがる。
なお、アンデッドを戦闘に出す際には聖職者を同時に派遣するのが望ましい。Ermorの固有魔法は全て聖職者のもので、アンデッドの支援に有効な魔法がいろいろと存在する。これを活用しないのは惜しい。

特殊な要素として、Marignonが居る場合にのみ悪性イベントとして同国からの奇襲攻撃が起こる可能性がある。Friar率いるFlagellantの大群なので大したことはないが、祝福が強力だとなかなかに痛い。DominionもMarignon側に変更されてしまう。
ただし、このイベントの発生にはMarignonの意志は無関係。発生したからといって宣戦布告と早合点しないこと。もちろん、既に戦闘の用意ができているのであれば遠慮なく殴り返せば良い。

コメント

  • 人口減少はLate Ageの要素ではないかと -- 名無し傍観者 (2013-07-09 19:55:51)
  • 素で編集するページ間違えてた上に今更気付きました。失礼しました・・・。 -- 名無しさん (2013-07-12 12:46:15)
名前:
コメント: