※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Vanheimは、Vanirとして知られる背が高く本質的に魔法的な種族の住む、身を切るように寒い森と霧深い荒野の土地です。
VanirはJotunheimの巨人たちの宿敵であり、世界の始まりから彼らは互いに激戦を繰り広げました。
彼らは幻想を操ることに長け、魔力で人間を欺くことができます。
Vanheimの山麓のホールには、素晴らしい道具を作り出す鍛冶屋、Dwarfが住んでいます。
Vanheimは魔法の土地であり、馬さえも魔力を付加され、並外れた速さを持ちます。
Vanirは熟練した船大工かつ航海士であり、海を渡ることができます。
下等な存在はさほど重要視されず、彼らの血は目覚めし神を満たすために犠牲とされます。

種族 航海技術、幻影。適応気候Cold+1
軍隊 ヴァニル
魔法 風、地、血、多少の火、死
聖職者 標準的、生贄の儀式を実行可能
宝石収入 風3、地3
魔法土地 Vanhalla, The Halls of Andvare

Commanders

名称 Cost コメント
Van Scout 40g,15r +35という高補正の隠密能力を持つ優秀な偵察兵
Vanherse 160g,16r 風1の魔法を持つLv1聖職者、指揮上限40の下級指揮官も兼ねる
Vanjarl 280g,18r 風2血1の魔法を持つLv2聖職者、指揮上限80の上級指揮官も兼ねる
Vanadrott 380g,19r 首都専用。風3血1とランダム付加の魔法を持つLv2聖職者、指揮上限80
Dwarven Smith 180g,2r 首都専用。地3などの魔法を持つ魔術師。50%の暗視能力を持つ。預言者になると見た目とステータスが変わるが、マップ移動が1に低下する

Units

名称 Cost コメント
Serf Warrior 8g,6r 民兵:人間の奴隷兵士。当然士気も戦闘技能も低く、特殊能力も無い
Huskarl 25g,10r 戦士:ハスカール。槍と投槍を用いる
Huskarl 25g,13r 戦士:同名装備違い。槍の代わりに斧を使う
Hirdman 30g,17r 精鋭兵:剣を使う精鋭。防具も良いものを使用する
Mounted Hirdman 55g,13r 騎乗兵:馬を与えられた精鋭。突撃槍を使用し、投槍も持つ
Vanhere 50g,16r 狂戦士:首都専用。Sacred歩兵。剣と斧の二刀流で、+5のBerserker能力を持つ
Fay Boar 100g,1r 自走食料:首都専用。不死身の猪。自らを食べさせることで軍に50もの食料をもたらす。サイズ3で蹂躙能力も持つが、戦力としては高すぎる

Heroes

名称 固有名 コメント
Hero Vanlade 風・血などの魔法を扱うLv2聖職者。なかなかに有能な戦士でもある
Vanadis Sölvis 風と火の魔法を扱うLv1聖職者。元はHelheimのDisだったそうで、飛行能力などを維持したままAweを得ている

Fortress

地形 名称 Cost 工期 管理力 備蓄 防御力 防御塔
首都 Fortified City 1200 5 50 1000 250 2
平地 Ramparts 800 3 15 150 100 0
森林 Forest Ramparts 800 3 10 100 150 0
沼地 Swamp Fort 800 3 0 100 100 1
山岳 Hillfort 800 3 5 100 200 0
農地 Fortified City 1200 5 50 1000 250 2

Local Defense

条件 指揮官 兵士 備考
地上1~ Vanherse Serf Warrior:10 Huskarl:5 見かけほどは強くない。過信は禁物
地上20~ Vanherse Huskarl:10 幻影の割合が増加。聖職者も二人になる
要塞 - Short Bow:6 弾数が少なめ。役立たないことはない

Magic Skills

条件 名称 固定 変動 備考
なし Vanherse 1 1 Sacred Glamour Stealthy(+25) Sailing Mounted
なし Vanjarl 2 1 2 Sacred Glamour Stealthy(+25) Sailing Mounted
首都 Vanadrott 3 1 2 +1:100%  +1:10% Sacred Glamour Stealthy(+25) Sailing Mounted
首都 Dwarven Smith 3 +1:100%  +1:10% Darkvision(50)

固有魔法

無し

雑観

北欧神話をベースとした国の1つ。ヴァニルと言っても耳慣れない人が多そうだが、オーディンらアース神族と並ぶ北欧の神々の1勢力ヴァン神族のことで、個々としてはニョルズ、フレイ、フレイヤなどが知られる。
彼らの種族の兵は全て幻影能力と高い隠密能力を持ち、指揮官はそれに加えて航海技能を持つのが特徴。この時代では軍のほとんどがヴァニル族なので、ほぼ全軍が幻影を纏っていることから敵に軍の動向を知られにくい。
全体的にコストが高い難点はあるが、接近戦における幻影能力の恐ろしさは相当なもので、またマップ上で一切探知できない特徴も敵からしてみると相当怖いものがある。おまけに士気や魔法抵抗もそこそこ高い。
親戚であるHelheimと違い、彼らはLate Ageまで存続し続ける。数が減るにつれて人間の影響力が強まるが、それでも彼らは支配者として君臨し続けることに成功している。

正規軍はほぼ歩兵。優れた戦闘力を持つ軽騎兵も保有する。装備はそこそこだが、上記の幻影能力に加え高い戦闘スキルを持つため、接近戦では寡兵でもそこそこ戦えてしまう。
飛び道具は投槍程度で、また幻影能力が射撃への防御には及ばないことから遠距離での戦闘は不利。幻影は一度でもダメージを受けると即解除されるため、射撃や攻撃魔法は常に脅威となる。
ほとんどの兵は盾を持つため、少しぐらい射撃されても問題は無いが、徹底した対策を取られると被害が出易い。高コストなため、たとえ少数の被害でも確実に響いてくることを忘れてはならない。
Fay Boarは愉快な兵で、指揮官の装備欄を埋めることなく食料を供給する手段として用いる。意図的に土地を荒廃させる邪神相手では、彼らの恩恵は侮りがたい。マップ移動も3と早く、騎兵隊にさえ追従できる。非常時には戦力にもなるだろう。
SacredのVanhereは文字通りの狂戦士。高い攻撃スキルを持つ上にBerserkerを持つため、攻撃性は圧倒的。Berserkerが発動するということは幻影が破られたということでもあるが、敵からするとどっちにしても怖いので実に困る。

指揮官はほぼ全員が魔法を使用可能。またほとんどは聖職者も兼任する。魔力なしなのは偵察兵のみなので、戦闘に参加する指揮官は実質全て魔術師と言える。
どこでも雇える指揮官2種は風魔法の使い手。上位のVanjarlは血の魔法も使える。Vanjarlなら補強なしでも攻撃魔法を使用可能で、補強すれば優秀な部隊屠殺魔法Thunder Strikeも使用可能。聖職者なので祝福も受けられる。
首都専用のVanadrottは風3血1聖2に加え、風地死血から1、10%でさらに1引く。悪くない確率で風4を得られるし、HPは乏しいが戦闘スキルが高いため接近戦もこなせる。また彼らも祝福を受けられる。
Dwarven Smithは鍛冶屋ながらアイテムコストの割引は持たない。しかし魔法スキルは地3に加え火風地死から1、10%でさらに1と他にない組み合わせを得られるし、研究を少し進めればDwarven Hammerも作製できる。魔力のわりに安いのも利点と言える。

コメント

名前:
コメント: