※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

かつて溺死者の暗い嵐の海域を守護した巨人たちによって、Fomoriaの豊かな土地は攻撃されました。
絶えず死と共にあることは、彼らの忠誠心を変質させ、悪意を増大させました。
先代の全能神の即位により、彼らはその罪によって罰され、暗い故郷から追放されました。
Fomoriaの民が肥沃な土地に定着した時、罰の真の効力が明らかになりました。
彼らの子は背が低く、恐ろしい容姿をしていました。
Fomoriaの巨人の僅かな生き残りは、かつて気高かった彼らの種族が退化し、滅びゆくのを目の当たりにしました。
そして、侵略が来ました。
Partholonian、Nemedian、Fir Bolg、TuathaはFomoriaの全領土を要求しました。
Fomoriaの民は外来の魔法によって2度に渡り半ば敗北し、しかし彼らは2度に渡り疫病を呼び起こし侵略者を殺害しました。
三度目の侵入者の波であったFir Bolgは、Fomoriaの支配を受け入れ、巨人たちがTuathaを破るのを支援しました。
現在、Fir BolgはFomoriaの人口の多くを占めます。
Fomoriaの民は熟練した船大工であり、嵐を作り出すものでもあり、また死者の支配の遺産を保持しています。

種族 奇形のフォモーリア巨人、フィルボルグ、ネミディア。航海技術と水中に入れる兵
軍隊 フォモーリア歩兵、フィルボルグ歩兵、ネミディア歩兵
魔法 風、死、多少の水と緑
聖職者 大部分は弱小、フォモーリア王は標準的技能
宝石収入 風3、水1、死2
魔法土地 Isle of Balor, Rath Chimbalth

Commanders

名称 Cost コメント
Fir Bolg Scout 25g,10r 強靭な偵察兵。とはいえ、戦闘に出すほどの価値はない
Fir Bolg Champion 45g,12r 下級指揮官。指揮上限40
Fomorian Scout 50g,19r 隠れるのが下手な偵察兵という珍品。戦闘力は高いので装備さえ整えれば・・・
Fomorian Champion 60g,29r 奇形巨人の下級指揮官。たまにAffliction付き。指揮上限40
Unmarked Champion 120g,29r Lv1聖職者を兼ねる上位指揮官。奇形巨人だがAfflictionの恐れはない。指揮上限80
Fomorian Druid 150g,3r 魔法を使うLv1聖職者。風魔法が中心。こちらもAfflictionはつかない
Fomorian King 500g,37r 首都専用。高い魔力を持つLv2聖職者。サイズ6、冷気半減、航海技能、下等な水陸両用、指揮上限120。マップ移動力3
Nemedian Champion 140g,25r 首都専用。風と死の魔法を使うLv1聖職者。指揮上限80。Nemedianは全て幻影を纏い、潜伏能力と暗視50%を持つ
Nemedian Sorceress 270g,1r 首都専用。風と死の魔法を中心に扱う魔術師

Units

名称 Cost コメント
Fir Bolg Slinger 11g,2r 投石兵:安価な射撃兵。威力は無いが精度はそれなり
Fir Bolg Warrior 13g,9r 戦士:斧を使う歩兵。青銅の鎧を装備
Fir Bolg Warrior 13g,10r 戦士:同名装備違い。槍と投槍を使う
Fomorian Militia 15g,3r 民兵:奇形巨人の民兵。戦闘スキルが低すぎる。力が強いので要塞の防衛には有効だが、高確率でAffliction付き
Fomorian Javelinist 20g,15r 投槍兵:投槍を扱う兵。槍による接近戦もこなすが盾無し。確率でAffliction付き
Fomorian Spearman 20g,17r 槍兵:投槍のかわりに盾を装備した兵。確率でAffliction付き
Fomorian Warrior 30g,27r 戦士:より良い防具を装備した槍兵。Affliction付加率が下位より低い
Unmarked 60g,27r 戦士:首都専用。Sacred歩兵。戦士の単純な強化版。奇形巨人ながらAfflictionは付加されない
Fomorian Giant 110g,37r 巨人兵:首都専用。Sacred歩兵。サイズ6の巨大兵士。冷気半減、下等な水陸両用。槍と投槍を用いる。マップ移動力3
Nemedian Warrior 30g,22r 歩兵:首都専用。隠密能力と幻影能力、50%の暗視を持つ歩兵。魔法武器である黄金の槍を使用し、上質な盾も持つ

Heroes

名称 固有名 コメント
High King Balor 古くからのFomoriaのリーダー。死や風の魔法を扱うLv3聖職者。死の瞳を持ち異常に大食いな以外はFomorian Kingに近い
Last Partholonian Tuan 死を中心とした魔法を扱うSacred魔術師。研究上手で早期に来てくれるとありがたく、幻影付きのImmortalなので戦闘にも出し易い
Nemedian Queen Macha 多様な魔法スキルを持つLv2聖職者。魔法レベル自体も高めで有能。幻影も纏っている
Uncursed Bres 異形化しなかったFomorian。風を中心とした魔法スキルを持つLv2聖職者で戦闘力も高いが、士気は一般兵並み

Fortress

地形 名称 Cost 工期 管理力 備蓄 防御力 防御塔
首都 Fortified City 1200 5 50 1000 250 2
平地 Ramparts 800 3 15 150 100 0
森林 Forest Ramparts 800 3 10 100 150 0
沼地 Swamp Fort 800 3 0 100 100 1
山岳 Hillfort 800 3 5 100 200 0
農地 Fortified City 1200 5 50 1000 250 2

Local Defense

条件 指揮官 兵士 備考
地上1~ Fir Bolg Champion Fomorian Militia:10 Fir Bolg Slinger:10 前衛が高確率でAffliction持ち。戦闘スキルにも難あり
地上20~ Fomorian Champion Fir Bolg Warrior:20 なかなか優秀。数の多さが光る
要塞 - Short Bow:6 弾数が少なめ。役立たないことはない

Magic Skills

条件 名称 固定 変動 備考
なし Unmarked Champion 1 Sacred
なし Fomorian Druid 11 +1:100% Sacred
首都 Fomorian King 322 +1:100% +1:10% Sacred Poor Amphibian Cold Resistant(50) Sailing
首都 Nemedian Champion 111 Sacred Glamour Darkvision(50) Stealthy(+25)
首都 Nemedian Sorceress 22 +1:100% Glamour Darkvision(50) Stealthy(+25)

固有魔法

名称 領域 Lv 使用 主属性 副属性 ジェム 水中判定 概要
Summon Black Dogs Conjuration 2 儀式 2 10 暗視を持ち闇の中で強くなるBlack Dogを20体召喚します
Summon Barghests Conjuration 4 儀式 2 13 攻撃した者を呪う妖精犬Barghestを9体召喚します
Summon Morrigan Conjuration 6 儀式 2 1 4 幻影を纏う兵士Morriganを召喚します
Dance of the Morrigans Conjuration 8 戦闘 5 2 4 戦闘中、空を紅く染めMorriganを召喚します

雑観

アイルランド神話の巨人たちを住人とする呪われた国。フィルボルグやネミディア族の生き残りとも共存しており、歴史にもあるようにTir na n'Ogの最大の敵でもある。
巨人を中心としつつも、共存する種族が多いためわりと柔軟性があるのが利点。サイズ4で互いに同じマスに入れない巨人にとっては、サイズ2の人間大兵士は良い相棒になる。
Sacredを2種類擁するが、両方が首都専用。しかしどちらも強力なため、祝福による強化を併せれば主力として申し分ない。研究が進めば飛行型のSacred兵も確保できるようになる。
元々水中に住んでいたようだが、そのわりには下等な水陸両用の兵しか持たず、序盤からの水中侵攻はかなり厳しい。一方で風や死の魔法に長け、一応は航海技能も持つので海域と全く無縁なわけでもない。

軍は歩兵主体。騎兵は皆無で、後方支援にしてもスリング使いと一部の兵の投槍程度しかない。サイズ2、サイズ4、サイズ6の兵が混在しており、当然ながら性能もかなり差がある。
フィルボルグ兵は下級兵ではあるが、そこそこの士気と装備、戦闘スキルを持つ。そして何より安価で数を揃えやすい。小ささを活かし、巨人たちのスカスカな隊列を埋める役割も果たしてくれるだろう。
奇形巨人たちは一見強そうだが、一部を除けばAfflictionが付いて生産される可能性があるという欠点を持つ。確率はものによって異なり、総じて低コストな兵ほど確率が高い傾向にある。Unmarkedなど、絶対に付加されないものも存在する。
とはいえ、Fomorian Warriorあたりになるとさほど影響がないので、主力には十分。また付加されても治療は可能なので、Gift of Healthあたりがあれば気にする必要すらなくなる。
首都専用のNemedian Warriorは、Tir na n'Ogの上位兵と同じく幻影能力・隠密能力・暗視能力を持つ。生産拠点が増やせないのであちらほど重用するのは難しいが、少数でも十分な実力を持つのも変わりない。
Sacred2種はどちらも優秀。Fomorian Giantは高過ぎて序盤は多く雇えないので、Unmarkedがメインにはなるがこちらも十分強い。自前の防御力がある分、この時代の兵としてはかなり頑丈で、武器も長さ5と迎撃がしやすく、かなりしぶとい。
Fomorian Giantは特殊能力がいくつかあるが、さりげなくマップ移動力が3あるのも見逃せない利点。またサイズ6なので、誰が相手でも蹂躙されることはない。戦闘中の移動も若干早いので、突出し過ぎないように注意したい。

魔術師は4種だが、3種が首都専用になっており、2種は重装備なのも特徴。最高値を得やすいのは風で、次いで死。水と緑はランダム付加に頼るしかない。
首都以外ではFomorian Druidのみが雇える。風1に加え、風水死緑から1つ得る。聖職者も兼ねるため、雇用には寺院も必要になる。強力ではないが芸は多いので、いろいろな方面で役立ってもらえる。
Nemedian Championは風1死1聖1を持つ重装指揮官。魔法武器である黄金の剣を持つ。魔力は高くないので、特殊能力を活かした戦闘要員として扱いたいところ。祝福も受けられるため、サイズは小さいがなかなか優秀な戦闘指揮官になり得る。
Nemedian Sorceressは純粋な魔術師。風2死2に加え、風水死緑から1つを得る。異常に高価なFomorian Kingが雇えない場合の代わりになる。この時代の首都専用魔術師としては微妙な魔力だが、弱いわけではない。
Fomorian Kingはサイズ6と巨大でHPも高く、敵に狙われやすい難点はあるが、指揮能力の高い優れた指揮官。魔法スキルも高く、風3死2聖2に風水死から1つ、10%でさらに1得る。緑を得ない分、風4か死3になる確率が高い。
彼の難点はその異常なコスト。単体で500というのはなかなか無い。高い身体能力を活かした戦闘指揮官にもなれるし、高い魔力を活かしても良いしと役には立つが、数を揃えようとすると経済を圧迫しがち。上手くやりくりするしかない。

コメント

名前:
コメント: