※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Summon Sandhyabalas

闇の中で強くなり魔法の武器も装備するが火に非常に弱いデーモンSandhyabalaを3体召喚します
Summon Sandhyabalas ジェム 疲労
内部ID 787 30
使用 水中判定 効果 効果量
儀式 Summon
主属性 主Lv 効果発生数 射程距離
Blood 2 3
副属性 副Lv 効果範囲 命中補正
Death 1 0
領域 Lv 防御判定 抵抗判定
Blood 5
専用国家 EA Lanka, MA Bandar Log, LA Patala

ゲーム内説明文

The Sandhyabalas, Strong-in-Twilight, are demon ogres of the night. They can only be summoned at dusk and their powers are greatest in darkness. Sandhyabalas are demon warriors of great renown, but they are even more vulnerable to fire than other Rakshasas. They wield magical moon blades that cause additional harm to magical beings.

和訳

Strong-in-Twilightと呼ばれるSandhyabalaは、夜のデーモンです。彼らは夕暮れにだけ召喚され、彼らの力は闇の中で最大になります。Sandhyabalaは大きな名声を持つデーモンの戦士ですが、彼らは他のRakshasa以上に火に弱くなっています。彼らは、魔法生物に対してさらなるダメージを与える魔法的なMoon Bladeを使います。

注記

Rakshasaの亜種と思われる夜の悪魔、Sandhyabalaの召喚儀式。武装をさらに強化したRakshasa Warriorとも言える。
Rakshasa Warriorと比べると戦闘スキルが向上しており、さらに武器が対魔法生物ボーナスダメージを持つ魔法剣Moon Bladeに変更され、小型の盾も装備している。またDark Powerを持ったことでDarkness下でさらに強くなるようになった。
代償として元から低かった火炎耐性がさらに低下してなんと-100%になっており、植物も真っ青の勢いで燃え尽きる。兵の耐性を強化する魔法は50%が限度なので、もはや補いきることもできない。

魔法武器装備の兵は貴重ではあるが、弱点が非常にはっきりしているため、相手によっては使いどころが無い。火を多用する国を相手に出しても気持ち良く焼かれるのは確実だろう。
性能自体は高いので、Sacredを活かして祝福で強化すれば結構な戦力にはなるが、魔法武器装備だけあって1体あたりのSlaveコストが高めになっている。不意の火炎攻撃で頓死させないようにしたいところ。

なお、Lankaの宿敵たるKailasaのSacred勢は魔法生物。彼らは士気の基本値も15となかなかに高いので、祝福とSermon of CourageをかけておけばAweに耐えつつ致命的な一撃(攻撃力28+魔法生物2倍打!)を叩き込む精鋭として扱える。
ちなみに、この攻撃力は兵としては最強の地位にあるGandharvaのみならず、指揮官の最高クラスに位置するDevataRudraすら容易に即死させる。ここからさらに補強も可能なので、Kailasaにとってはかなりのプレッシャーになるだろう。

コメント

名前:
コメント: