※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Feast of Flesh

大食いで火に弱いが強靭なデーモンPraghasaを15体召喚します
Feast of Flesh ジェム 疲労
内部ID 784 50
使用 水中判定 効果 効果量
儀式 Summon
主属性 主Lv 効果発生数 射程距離
Blood 1 15
副属性 副Lv 効果範囲 命中補正
Nature 1 0
領域 Lv 防御判定 抵抗判定
Blood 2
専用国家 EA Lanka, MA Bandar Log, LA Patala

ゲーム内説明文

For this ritual, the Blood mage requires a huge banquet of food, drink and young girls. Praghasas are fat demon ogres of huge appetites and after they have eaten all the girls they are bound to serve the Blood mage forever. These demons are known as the gluttons and in combat they rely mostly on their great strength.

和訳

この儀式のために、血の魔術師は、食物、飲物と少女を並べた大きな晩餐会を開かねばなりません。Praghasaは巨大な食欲を持つ太ったデーモンです。そして、全ての少女を喰らった後、彼らは永久に血の魔術師に仕えるに違いありません。これらのデーモンは大食家として知られ、戦闘においてはその怪力に頼ります。

注記

メイスを装備したちょっと強いRakshasa、Praghasaの召喚儀式・・・というか食事会。血の魔法は全般的にそうではあるが、あまり想像したくない光景ではある。
性能自体はRakshasaとそっくりだが、HPと腕力が増加し防御力が僅かに低下、武器が爪の2連撃からメイスによる一撃に変更されている。そしてRakshasaすら超える大食いで、そのわりにRakshasaよりスタミナはない。

一度に出せる数の差はあるとはいえ、Rakshasaとどちらが良いかはかなり微妙なところ。まともな武器を使うようになったことで少し迎撃されにくくなったが、長さ1では気休めとも言える。
Sacredなのは変わりないので、祝福が強力なら使えないことは無いだろう。ただし解禁時期の早さに対してSlaveの消費が50と極端なため、毎ターン発動するには相応の準備が必要になる。

コメント

名前:
コメント: