※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Communion Slave

術者はCommunion Masterを使用した術者の疲労の一部を肩代わりします
Communion Slave ジェム 疲労
内部ID 636 0 20
使用 水中判定 効果 効果量
戦闘 水中可 Buff
主属性 主Lv 効果発生数 射程距離
Astral 1 1 0
副属性 副Lv 効果範囲 命中補正
- 0 0 0
領域 Lv 防御判定 抵抗判定
Thaumaturgy 1
専用国家

ゲーム内説明文

The caster opens his mind to allow other mages to guide his magic power. Mages who want to take advantage of the communion must cast the spell Communion Master (or carry an appropriate magic item). Being a communion slave can be dangerous if there are multiple communion masters or if the master is more skilled than the slave. The communion master can continue to drain energy from the communion slaves even if they become unconscious. This can be fatal.

和訳

術者は、他の魔術師が彼の魔力を用いることを許すため心を開きます。Communionを利用したい魔術師は、Communion Masterの呪文を使うか、その力を持つ魔法のアイテムを装備する必要があります。複数のCommunion Masterが居る、もしくはMasterの技量がSlaveよりも上である場合、Slaveは危険に晒される可能性があります。たとえ彼らが意識を失ったとしてさえ、Communion MasterはCommunion Slaveからエネルギーを吸い上げ続けることができます。これは致命的な結果になりえます。

注記

戦闘において高位魔法を利用するためによく使われる、協力詠唱の下準備魔法。その提供側向けのほう。細かい話については別のページがあるのでそちらに譲る。
なお、血の魔法のSabbath Slaveとは名前、領域、要求スキル、消費が違うだけで効果は同じ。こちらはGem消費もないので気軽に使える。
ただし1ターンを費やすことは変わりなく、状況によってはそれが命取りになる場合も。どうしても1ターン目から恩恵を得たいなら、Slave Matrixを使うと良い。ただし作製には地魔法の支援が必要になる。

コメント

名前:
コメント: