※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Riches from Beneath

自国の州のResourcesを自分のDominion値×10%増やします
Riches from Beneath ジェム 疲労
内部ID 595 70
使用 水中判定 効果 効果量
儀式 水中可 Global Enchantment
主属性 主Lv 効果発生数 射程距離
Earth 5 1
副属性 副Lv 効果範囲 命中補正
- 0 0
領域 Lv 防御判定 抵抗判定
Enchantment 6
専用国家

ゲーム内説明文

Resources are much easier to come by in provinces under friendly Dominion. This global enchantment will make it possible to produce military units much faster than before. The enchantment lasts until it is dispelled or the caster dies.

和訳

味方の影響下にある州では、資源がより簡単に得られるようになります。この世界呪附は、部隊を生産する速度を大きく上げることができます。魔法が解除されるか、術者が死ぬまで世界呪附は続きます。

注記

Dominionに依存し資源収入を大幅に増加させる世界呪附。自国Dominion下であれば全ての州に作用する。
効果はDominion * 10%の追加なので、最大2倍にまで上がることになる。単純に考えても毎月雇える兵の数が倍になるので、それに見合うだけの資金があれば圧倒的な物量を繰り出せるようになる。
敵国にも恩恵があるものの、敵が大喜びするほどの影響が出るぐらいDominionで押しているなら別に気にする必要もない。通常はせいぜい国境地帯にある要塞の生産性が増すぐらいだろう。

使用したいのはやはり兵が精強な国。とくに重歩兵や騎士など、資源コストが極端に高い兵の量産に力を発揮する。税収が増えるわけではないが、数の猛威で領土を拡大していけば維持費に悩むこともそうそう無い。
とくにMiddle AgeのUlmあたりには重要な呪附。騎士を除けば兵の金銭コストが控えめなため、その恩恵を最大限に活かせる。数が増えれば、重歩兵の泣き所たる防御無視攻撃での壊滅にも多少の耐性が得られるだろう。
雇用拠点が多ければ多いほど恩恵も増えるので、税収とのバランスを見ながら要塞の増設も進めて行くとなお良い。逆に資金不足なようなら、より前線に近い要塞での雇用を優先すれば運用が楽になる。

軽装備の兵しか用いない国でも効果はあるが、さすがに軽装備の兵を資源のある限りフルに生産しようとすると間違いなく資金が不足するので、よほど余裕がない限りはやる価値はない。
あえてやるとすれば、Gift of Nature's Bountyとの併用だろう。金の使い道はそれほど多くないので、余るぐらいなら資源も増やして兵に換えていくほうが良い。

コメント

名前:
コメント: