※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Claymen

粘土から再生能力を持つClaymanを5体+α作成します
Claymen ジェム 疲労
内部ID 564 5
使用 水中判定 効果 効果量
儀式 水中可 Summon
主属性 主Lv 効果発生数 射程距離
Water 1 4+1/Lv
副属性 副Lv 効果範囲 命中補正
Earth 1 0
領域 Lv 防御判定 抵抗判定
Enchantment 4
専用国家

ゲーム内説明文

The caster forms several clay figures and gives them enchanted life. The Claymen are stronger than humans, never rout and regenerate damage. The Claymen are given hammers to fight with. Powerful mages can create more Claymen with each casting of the spell: each skill level beyond the first gives one additional Clayman.

和訳

術者はいくつかの粘土の像を作り、魔法的な命を与えます。Claymanは人間より力強く、決して撤退せず、ダメージを自然回復させます。Claymanは、戦いのためにHammerを与えられます。強力な魔術師は、一度の魔法でより多くのClaymanを作ることができます。最低限のレベルを超えた1レベルごとに、さらに1体のClaymanが作られます。

注記

武器を与えられた人工物兵士、Claymanの作製儀式。この手の兵としては弱いが、代わりに数を出し易く作製条件も甘い。
HPは15あり人間より丈夫なものの、戦闘スキルは人間の下級兵並、防御力は軽歩兵程度、移動速度は重歩兵並となんとも言えないステータス。幸い力は強く、武器もあるため攻撃力は高い。命中率も最低限は確保している。
Mindless、Lifeless、下等な水陸両用、魔法生物、食事不要、毒無効という人工物ではおなじみの性能の他にHP再生が付いており、一気に削られなければなかなかしぶといのは利点。活かせるほどのHPも防御力も無いが。

全体的に見て決して頼れる兵だとは言えない。数の出易さから考えても、消耗を前提とした兵であることは間違いないだろう。とはいえ火力については重歩兵にも通用するレベルだし、AweやFearを無視できる利点もある。
魔法生物で指揮上限に問題がある点は気になるが、主力部隊に混ぜて使えば戦力にはなるだろう。ただし足はかなり遅いので、移動の速い兵と組み合わせる場合は初期配置に気を遣いたい。
力がそこそこ強いので、いっそ戦闘では魔術師の護衛に徹し、包囲攻撃の足しにするのも一つの手。Mindlessなので防衛には向かないが、攻撃に支障は無い。

なお、Middle AgeのAgarthaが持つGolem Cultのボーナスに対応している。最大でHP30まで増加する(Gift of Health併用で60!)ので、HP再生を活かし易くなる。他の国で使うよりは格段に頼れるだろう。
主力となる固有魔法関連とは主属性が異なり、かつ水と地を併用可能な術者も確実に得られるため、序盤の数不足を補うために併用する価値は高い。ただし首都に水のGem収入はないので、早めに探索を進めておきたい。

コメント

名前:
コメント: