※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Create Revenant

死1の魔法を持つアンデッド指揮官Revenantを作成します
Create Revenant ジェム 疲労
内部ID 559 9
使用 水中判定 効果 効果量
儀式 Summon Commander
主属性 主Lv 効果発生数 射程距離
Death 2 1
副属性 副Lv 効果範囲 命中補正
- 0 0
領域 Lv 防御判定 抵抗判定
Enchantment 3
専用国家

ゲーム内説明文

The necromancer summons a spirit from the Underworld and makes it possess a human corpse. The revenant thus created has some knowledge of Death magic.

和訳

降霊術師は地獄から魂を召喚し、人間の死体に憑依させます。このようにして作られるRevenantは、死の魔法についての若干の知識を持ちます。

注記

死1の魔法を扱える指揮官、Revenantの作製儀式。名前はそのまんま幽霊や亡霊、また帰ってきたものを意味する。見た目はSoullessそっくり。
いまいち印象が薄いが、魔法が使えてアンデッド指揮上限も110と、後方で指揮を執ってくれることを期待しているだけならMound Kingより便利。後方に控えても若干の魔法を使えるので暇はしない。
またこれを作れるということは同じく死2を条件とする死魔法ブースターSkull Staffの作製も可能なので、研究レベルの条件さえ満たしていれば、実質死Gem19個でRaise SkeletonsShadow Blastが使える魔術師が手に入ることになる。
実のところ、これほど低い研究条件で魔法による魔術師の増産が可能と言うのはそれだけでも結構な利点。Skull StaffにしてもConstractionのLv4で作製できる。上手く使えば想像以上に活躍してくれるだろう。

装備が皆無なので素の防御力は低いが、Never Healではないので地味な削りでいずれ死ぬというようなことはない。意図的な後方狙いはさておき、流れ弾程度の死因だとMound Kingとどちらが長生きできるかは微妙なところ。
むしろ魔法の利点を取るか、コストあたりの指揮能力の差を取るかのほうが使い分けの基準としては無難だろうか。Gemの産出量と相談し、余裕があればこちらを、無ければMound Kingを利用すると良い。
攻撃魔法に期待して使う場合は射撃精度の低さに注意しておきたい。遠くに撃たせるとバラつきが激しすぎる。風魔法で支援してやれればそれが一番だが、難しければいくらか前に配置しておくと当てやすい。

なお、魔法自体は水中使用禁止になっているが、水には入れる。能力が下がるとはいえ、後ろで魔法を使っているだけならさほど気にはならないだろう。ただし、うっかり殴りかかられた場合の命の保証はない。

コメント

名前:
コメント: