※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Troll King's Court

地魔法3を持つ指揮官Troll Kingとその部下のTrollを10体、War Trollを5体、Troll Moose Knightを2体召喚します
Troll King's Court ジェム 疲労
内部ID 486 55
使用 水中判定 効果 効果量
儀式 Summon Commander
主属性 主Lv 効果発生数 射程距離
Earth 3 1
副属性 副Lv 効果範囲 命中補正
- 0 0
領域 Lv 防御判定 抵抗判定
Conjuration 6
専用国家

ゲーム内説明文

The caster contacts a Troll King and his retinue of fifteen Trolls. The Troll King is a powerful Earth mage and armed to the teeth. The Troll King is in no way less powerful than his kin.

和訳

術者は、Troll Kingと彼の15名のTrollの随員に接触します。Troll Kingは強力な地の魔術師で、完全武装しています。Troll Kingは、彼の親類に劣らず強力です。

注記

Trollの王者、Troll Kingの召喚儀式。王らしく多数の護衛を従えて現れるため、緊急的な戦力確保のために使われることもある。
Troll King自身は地3の魔法スキルを持つ魔術師だが、かなりの重武装で接近戦もこなしてのける。高いHPや再生能力、火への弱点などの性質は配下と共通しているが、戦闘スキルはやや高い。
魔術師として見るにしても戦闘指揮官として活用するにしても大いに活躍してくれるが、やや目が悪いので後衛に徹する場合は誤射に注意。また重装備の分、魔法使用時の疲労が激しいことも忘れないようにしたい。

護衛として現れる兵も精強で、通常のTrollに加えて、それに大槌と鎧を与えたWar Troll、さらに大鹿に乗って武器を連接棍に持ちかえたTroll Moose Knightも得られる。
武装タイプの2種は他の魔法での確保はできず、欲しい場合はこの魔法でTroll Kingごと招くしかない。弱点はTrollと大差ないが戦闘力はさらに高まっているだけに少々惜しい。

なお、Trollらは全て雇用費の設定があり、維持費がかかるようになっている。この魔法1回分でさえそこそこの維持費を要求するため、調子に乗って呼びすぎると経済を圧迫する。用があるのがTroll Kingのみの場合はとくに注意。
またGemコストがかなり高いため、多数召喚したい場合は十分な用意が必要になる。これだけ有力な兵がついてくるなら文句は言えないだろうが、事前の土地探査はきちんと進めておくべきだろう。


「大部分のTrollは荒野の洞穴に住みますが、いくらかは強力なTroll Kingが支配する小さな王国を形成します。これらの王は熟練した職人であり、強力な地の魔術師でもあります。彼らの技巧に対抗できるのは、NidavellirのDwarfらのみです。彼らは、山のホールの奥にある鍛冶場で作られる、黄金の甲冑を身に着けています。」
(Troll Kingの解説文より抜粋)

コメント

名前:
コメント: