※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Spirit Mastery

非常に脆いが麻痺能力を持つDispossessed Spiritを15体召喚します
Spirit Mastery ジェム 疲労
内部ID 470 4
使用 水中判定 効果 効果量
儀式 水中可 Summon
主属性 主Lv 効果発生数 射程距離
Death 1 15
副属性 副Lv 効果範囲 命中補正
- 0 0
領域 Lv 防御判定 抵抗判定
Conjuration 5
専用国家

ゲーム内説明文

The caster summons spirits of the newly dead and prevents them from entering the Underworld. The spirits are ethereal but quite weak.

和訳

術者は最近死んだものたちの魂を召喚し、彼らが冥界へ向かうのを阻止します。魂は霊的な存在ですが、非常に弱いです。

注記

霊体系のアンデッドとしては最弱にあたるDispossessed Spiritの召喚魔法。HPは僅か1、実に脆い。
Etherealということで通常の攻撃からなら75%で守られるとはいえ、流れ弾であっさり消えたりするのは当たり前。数が一度に15体も出る時点で使い捨て前提なのは間違いない。
攻撃は防御無視かつ抵抗可能な麻痺攻撃になっており、戦闘スキルの低さをサイズ1の密集性で補うスタイル。敵が既に麻痺していればHPダメージにもなるので、敵の抵抗力が低ければ火力も少しは期待できる。

数に頼った麻痺攻撃の連打は一般兵にはなかなか恐ろしく、侮ってかかると意外な苦戦を強いられる。その脆さから主力にはなり得ないにしても、壁役や支援係として部隊に混ぜておくには使える。
実際、ほとんどの兵にとってはEthereal持ちの大群は脅威。安さを活かして大群を揃えておけば、麻痺攻撃による足止めも含めてそう簡単には突破できない壁になる。Trampleで突っ込むにしても、魔法抵抗が高くないと危険。
とはいえ、サイズが小さいだけあって範囲ダメージのBanishmentがよく効くため、どこの国でも聖職者を連れてくれば簡単に対応可能で、ほとんどの魔法にも弱い。どう転んでも長期的な活躍は望めないだろう。

一応Stealthがついているので、同じくStealth持ちの指揮官で率いれば敵地の潜入もできる。数が揃っていれば魔法支援の無い守備隊には危険なため、敵の警戒が薄ければ連れて行ってみても良い。

コメント

名前:
コメント: