※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Utterdark

収入を90%減少させ、戦闘に常にDarknessの効果を及ぼします また、術者の国以外に影の魔物がランダムに攻撃を仕掛けます
Utterdark ジェム 疲労
内部ID 411 100
使用 水中判定 効果 効果量
儀式 水中可 Global Enchantment
主属性 主Lv 効果発生数 射程距離
Death 9 1
副属性 副Lv 効果範囲 命中補正
- 0 0
領域 Lv 防御判定 抵抗判定
Alteration 9
専用国家

ゲーム内説明文

The world is covered by a blanket of utter darkness. All living beings must use torches to see even a few feet in front of themselves. Undead and blind beings are unaffected by the darkness. All provinces have their income and resources reduced by 90 percent. During the perpetual night, forces of darkness and roaming shades will attack enemy provinces. The spell lasts until someone dispels it or the caster dies.

和訳

世界の全ては完全なる闇によって覆われます。全ての生けるものは、彼らの前、ほんの数歩先を見ることにさえ松明を使わなくてはなりません。アンデッドや視覚に頼らないものは、闇の影響を受けません。全ての州の収入と資源は90%減少します。永遠の闇の間、闇の軍勢と這いまわる影が敵の州を攻撃します。魔法が解除されるか、術者が死ぬまで世界呪附は続きます。

注記

世界経済を強制終了させる最凶の世界呪附。雇用どころか軍の維持さえままならなくさせる。
収入が90%も減られては、はっきり言ってほとんどの国はあっという間に資金が枯渇して身動きがとれなくなる。誰も雇えないだけならまだしも、維持費が払えないと軍から脱走者が出て数も減っていく。大規模な軍を抱えているほど致命的である。
また全ての戦闘にDarknessの効果がかかる効果も強烈で、Dark VisionかBlindを持つ兵、もしくはアンデッドかデーモンでなくては戦闘技能が激減してしまう。お互い下がっていればいいが、相手がペナルティを受けないタイプだった場合は・・・。
加えて術者以外の国にはShadeなどの影の魔物が襲撃を繰り返す。数は少ないものの全てアンデッドの上にDark Power持ちで、人間の兵で対抗するのは結構苦労する。かといって守備隊に金を費やすほどの余裕は無いだろう。

襲撃こそ受けないものの、術者の国も収入の激減は避けられない。たとえGift of Nature's BountyRiches from Beneathを使っていても、割合は加算ではなく乗算なので期待するほど多くは残らない。
一方で、自軍がアンデッドで金をさほど必要としないLate AgeのErmorでは遠慮なく発動できる。デーモンにもペナルティは無く、またBlood Slave捕獲にも影響がないので、血魔法重視の国でも使えるだろう。
またランダムイベントによる臨時収入は減らないが、普通の国だと資源不足で雇用が進まなくなるのであまり意味は無い。むしろ寺院・要塞費用などのための最低限の収入として、上記したような国を後押しする性質となる。

なお、自動発動のDarknessは異世界での戦闘(InfernoKokytosVoid)およびアリーナでのデスマッチにも作用する。アリーナはともかく、異世界にまでかかるのは意外ではある。
何にせよ、上手く組み合わせれば明らかな優位に立ったり、敵をほぼ回避不能な破滅に追い込んだりできるだろう。逆に自分がハメられるようなことがないように注意したい。

コメント

名前:
コメント: