※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

C'tisは砂だらけの砂漠に囲まれたじめじめした川の流域にあります。
蜥蜴人の神聖王国が肥沃な流域に作られました。
王国は人間の平均よりも古く、大きな知恵と魔法の知識を持ちます。
社会の頂点はLizard Kingと彼の後継者です。
王はC'tisの最高位の聖職者であり、王の下にはSacred Serpentを伴ったHigh Priest、死と再生の偉大な魔術師である謎めいたSauromanserが仕えています。
蜥蜴は草食ですが、戦士と労働者として使役するために肉食の蜥蜴人を奴隷としています。
C'tisの民は幾分足が遅いですが、打身や切傷から身を守るための分厚い皮に包まれています。
どちらの種族も冷血動物であり、寒い州での戦闘ではすぐに疲れ切ってしまいます。
彼らは多少の毒への耐性を持っています。
C'tisの民は暖かい州に住むことを好みます。

種族 分厚い皮、冷血動物、毒耐性。適応気候Heat+2
軍隊 戦車、歩兵、奴隷戦士、神聖なる蛇
魔法 死、緑、多少の水、星
聖職者 強力
宝石収入 死4、緑2
魔法土地 The Temple City

Commanders

名称 Cost コメント
Taskmaster 30g,2r 軽装かつ下級の指揮官。偵察兵ではない。指揮上限40
Commander of C'tis 40g,15r より装備が整った下級指揮官。指揮上限40
Lizard Lord 60g,21r 上級指揮官。偵察兵代わりに最初から居るが、隠密行動ができるわけではない。指揮上限80
High Priest of C'tis 100g,1r Lv2の聖職者。指揮上限40
Hierodule 40g,1r Lv1の聖職者。なぜか後にリストされている。見た目ではわからないが実は女性
Shaman 110g,2r Sacred持ちの下級魔術師。聖職者ではない。預言者になると見た目が変わり、指揮上限が40に上がる
Reborn 110g,1r 死2を持つ下級魔術師
Sauromancer 200g,1r 死3を持つ上位魔術師。緑の魔法などの他の属性の技能も持つ。毒に完全な耐性を持ち、丸腰で防御力10と堅い
Lizard King 280g,5r 首都専用。Lv3聖職者。指揮上限120の最高位指揮官も兼ねる。預言者にすると姿とステータスが変わる
Lizard Heir 120g,26r 首都専用。Lv1聖職者。指揮上限80。戦車に乗っており、サイズ4で敵を蹂躙可能

Units

名称 Cost コメント
Militia 7g,2r 民兵:士気も装備も戦闘技能も悲惨な民兵。弾避け程度の存在
Light Infantry 10g,5r 軽歩兵:鎧を着ない下級兵。槍、投槍、盾を持つ
City Guard 10g,10r 守備兵:要塞防御ボーナスを持つ兵。スケイルメイルを与えられているが投槍は持たない
Heavy Infantry 10g,15r 重歩兵:防具一式を装備した重歩兵。マップ移動力1
Falchioneer 13g,15r 二刀流兵:ファルシオンを2つ持つ歩兵。盾無し兜無しで防御面に不安が残り、攻撃精度も悪い
Slave Warrior 12g,3r 奴隷戦士:HPや士気に優れる肉食種の戦士。トライデントに加え噛みつき攻撃も併用する。防御は低い
Elite Warrior 14g,9r 精鋭戦士:精鋭の奴隷戦士。士気が高く、鎧を与えられている
Runner 12g,2r 突撃兵:珍妙な姿をした軽騎兵タイプの兵。防具なしの上、突撃ボーナスは持たないため頼りない
Sacred Serpent 30g.1r 聖蛇:Sacred兵。士気向上の効果を持つ神聖なる大蛇。防御が弱く、移動が遅い。マップ移動力1
Lizard Chariot 50g,26r 戦車:サイズ4で蹂躙能力を持つ兵。やや高価だが防御力は高めで、戦車を引く動物自身も攻撃を仕掛ける
Serpent Dancer 20g,2r 踊り手:首都専用。Sacred歩兵。蛇の杖という魔法武器を持つ。毒無効と防御技能以外の能力はパッとしないが、Sacredとしては非常に安価

Heroes

名称 固有名 コメント
Ancient Shaman Kabti'ili 星・緑の魔法を持つLv1聖職者。一般Shamanの単純な強化型
Consort of the Dead Zilammu 死や緑の魔法を中心に扱う魔術師。指揮能力皆無で特殊な力も無いが魔力は十分
Lizard Hero Niklatu 魔法武器を持つ有能なSacred指揮官。高い指揮能力と士気向上を持ち、自身の戦闘力も優秀
Reassembled Prince Udum'ukinna 引き裂かれた死体を集めて蘇生された古代の王子。戦車に乗っており、Immortalでもあるため無茶が効く。Lv2聖職者も兼任

Fortress

地形 名称 Cost 工期 管理力 備蓄 防御力 防御塔
首都 Tel City 1400 6 40 750 500 4
平地 Tel City 1400 6 40 750 500 4
森林 Forest Ramparts 800 3 10 100 150 0
沼地 Swamp City 1200 5 50 1000 400 2
山岳 Hillfort 800 3 5 100 200 0
農地 Fortified City 1200 5 50 1000 250 2

Local Defense

条件 指揮官 兵士 備考
地上1~ Commander of C'tis Militia:20 City Guard:10 士気が低すぎる。期待はできない
地上20~ Lizard Lord Slave Warrior:10 悪くはないが民兵の弱さを補いきれない
要塞 - Ballista:2 弾数は少ないが高威力で防御貫通。確実に被害を与えられる

Magic Skills

条件 名称 固定 変動 備考
なし High Priest of C'tis 2 Sacred Poison Resistant(50)
なし Hierodule 1 Sacred Poison Resistant(50)
なし Shaman 1 1 Sacred Poison Resistant(50)
なし Reborn 2 Poison Resistant(50)
なし Sauromancer 3 1 +1:100%  +1:10% Poison Resistant(100)
首都 Lizard King 3 Sacred Poison Resistant(50)
首都 Lizard Heir 1 Sacred Poison Resistant(50) Mounted
召喚 Couatl 3 3 2 Sacred Magic Being Poison Resistant(100) Flying

固有魔法

名称 領域 Lv 使用 主属性 副属性 ジェム 水中判定 概要
Contact Sirrush Conjuration 5 儀式 1 1 10 翼を持たない下等な竜Sirrushを召喚します
Summon Monster Toads Conjuration 5 儀式 2 8 毒霧を纏い敵を蹂躙する巨大蛙Monster Toadを3体召喚します
Contact Couatl Conjuration 7 儀式 1 1 40 星3森3聖2を持ち士気向上も持つ指揮官Couatlを召喚します
Summon Scorpion Man Conjuration 8 儀式 1 1 12 魔法の武器と恐怖の瞳を持つ半人Scorpion Manを召喚します
Devourer of Souls Conjuration 9 儀式 6 30 抵抗不可能な即死攻撃を持つ指揮官Devourer of Soulsを召喚します

雑観

エジプトやメソポタミアをベースとする蜥蜴人間の王国。砂漠の中にある氾濫原を中心としているあたりは実によく似ている。
温帯に住む民であり、寒い土地は非常に苦手で、うっかり入りこむと凄まじいまでの疲労ペナルティを負う。湿地の民でもあり、全兵士が沼地のサバイバル能力と毒物耐性を持つ他、その知性からか魔法耐性が高めになっているのも特徴。
一応2種族の連合なのだが、基本的な性質は大差ない。奴隷扱いされている肉食種のほうが戦意は高いが、草食種のほうが装備が整っている。国の中核を担うのは草食種のほうなので、多くの兵はそちらから輩出されている。
設定ではErmorに死の魔法が伝わる原因となったのはこの国。間接的にErmorの破滅を招いたとも言えるが、当の彼らは最後の時代まで存続している。死の魔法への態度はErmorのそれよりも慎重だったようだ。

正規軍は歩兵主体。射撃専門の兵は皆無で、スリングすら使わない。ごく一部の兵が投槍を用いる程度なので、基本的に飛び道具は無いものと思って良い。騎兵も居ないが、代わりに戦車兵と騎兵もどきを擁する。
草食種はそこそこ上質の装備を用い、その上彼ら自身の皮膚の厚さが加わるため防御力はなかなか優秀。ただし全体的に士気を欠くため、被害が出過ぎるとすぐ撤退してしまうこともある。
肉食種は士気が高いが、ろくな装備を与えられない傾向にあるため防御面はやや不安が残る。攻撃が武器+噛みつきで、攻撃スキルも高いので攻撃面は優秀。また資源コストが控えめなので数を揃えやすい。
戦車は他陣営と同じく強力。乗り手の装備がなかなか良質で、馬代わりの蜥蜴も敵に噛みつくため蹂躙できない相手でもある程度対抗できる攻撃力を持つ。盾が無いので、射撃の嵐に晒されないように注意したい。
Sacredは2種類。Sacred Serpentは首都以外でも雇えるのが特徴。士気を欠く草食種の兵にはありがたい士気向上効果があるため、Sacredを主力にしない場合でも少し混ぜておくと粘りやすくなる。ただし戦闘力だけで見るとやや割高な感がある。
もう1つのSerpent Dancerは首都専用だが、Sacredとしてはやたら安い。防御スキル以外の戦闘力は高くないが、武器が毒効果付きの魔法武器なので、敵のEthereal兵へのカウンターとしても有力。安い分か防御が脆すぎるため、数が揃っても油断はしないこと。

魔法の幅は広くは無いが、3種の魔術師は全て首都以外でも雇える。値段も全体的にお手頃。主力は死の魔法だが、ある程度は緑の魔法も扱える。水と星は1得られれば良い程度だが、無いよりは遥かに良い。
Shamanは星と緑を1ずつ固定で持つ。緑はともかく、星については確定で得られるのは彼のみなので、お呼びがかかることは多い。何故かSacred付きなので、雇用に寺院が必要な点には注意。
Rebornは死2を固定で持つ。無から山ほどの戦力を吐きだせるRaise Skeletonsの使用条件を満たすため、とりあえずの壁役を出したり、弱い兵を被害なく追い返したりするのに便利。攻撃魔法も十分扱える。
Sauromancerは死3緑1、追加で水星死緑から1つ、10%でもう1つ得る。悪くない確率で死4を得られるため、値段のわりにはかなり優秀。星を得ればCommunionの利用すら可能になる。緑の魔法のおかげで寿命もそれなりにある。

なお、固有魔法のうち2つはShamanが使用可能で、緑の魔法の補強があればもう1つ使える。ありがたいことにCouatlの召喚が素で使えるため、研究が進めば事実上星3緑3の術者も得られることになる。覚えておいて損は無い。

コメント

名前:
コメント: