※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Summon Amphiptere

毒霧を吐くAmphiptereを召喚します
Summon Amphiptere ジェム 疲労
内部ID 433 5
使用 水中判定 効果 効果量
儀式 Summon
主属性 主Lv 効果発生数 射程距離
Air 2 1
副属性 副Lv 効果範囲 命中補正
Nature 1 0
領域 Lv 防御判定 抵抗判定
Conjuration 3
専用国家

ゲーム内説明文

The caster summons an Amphiptere. The Amphiptere is a winged serpent almost the size of an elephant. It can fly and its breath is poisonous.

和訳

術者はAmphiptereを召喚します。彼らは象に匹敵するサイズを持つ翼の生えた蛇です。彼らは飛ぶことができ、その吐息は有毒です。

注記

Horned Serpentの強化型のような大蛇、Amphiptereの召喚儀式。
Gem効率が落ちた上にまとめて数を召喚できなくなり、また要求魔法スキルもかなり上がったものの、HPが45まで向上した上に飛行可能になり、また毒の飛沫による遠方からの攻撃も可能になった。その他のステータスも少しずつ向上している。
サイズ4になったため少し扱い辛くなってしまったが、飛行能力と射撃の追加による柔軟性の向上はかなりのもの。毒ブレスは1マスに対する範囲攻撃でもあるため、密集した兵をまとめて削れる。

蛇らしく冷血動物なのは相変わらずで、寒い州は苦手。冷血動物は気候天秤が全く傾いていなくてもペナルティがあるので、むしろ暑いところ以外が苦手とも言える。飛行など、疲労が増えやすい兵ではとりわけ警戒が必要。
戦闘力自体は十分なので、その点さえ気をつけておけばそこそこ優秀な遊撃部隊になってくれるはず。攻撃はどちらも毒効果なので、毒の効く相手のほうが活躍しやすいだろう。

コメント

名前:
コメント: