※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Abysiaは、溶岩洞窟のある巨大火山を中心とする荒野に住む、溶岩生まれの亜人間です。
彼らの身体は熱を発し、炎によって害されません。
Abysiaの民は重武装した人間よりも強力です。
弓矢はその白熱した手によって燃え殻となってしまうので、使われません。
Abysiaの軍には、Abysiaの民と同じように熱い身体を持つトカゲに似たSalamanderもいます。
Anointed of Rhuaxと炎崇拝の司祭Anathemantは、目覚めた神に力を与えるため、血を生贄を捧げます。
SmoulderconeのWarlockは新たに形成された神秘的な階級で、血の魔法を実践し征服された国で適当な血の奴隷を捜します。
Abysiaの民は、非常に熱い場所に住むのを好みます。
彼らは生活の糧として耕作や狩猟をしないので、彼らの収入と補給は州のGrowth/Death天秤の影響を受けません。
しかしながら、Abysiaの支配するDeath天秤の州ではやはりゆっくりと住民が死んでいきます。

種族 熱を放射、火炎抵抗。適応気候Heat+3
軍隊 非常に重装備な歩兵、射撃武器無し、サラマンダー
魔法 火、血、星、多少の地
聖職者 強力、生贄の儀式を実行可能
宝石収入 火6
魔法土地 The Smouldercone, Temple of the All-Consuming Flame

Commanders

名称 Cost コメント
Slayer 80g,10r 偵察兵かつ暗殺者。毒の短剣を2つ用いる
Warlord 60g,38r 通常の指揮官。ただしサイズ3。指揮能力80。二刀流ペナルティ軽減持ち。預言者にすると姿とステータスが変わる
Beast Trainer 75g,41r 魔法生物の指揮能力10を持つ指揮官。サイズ3でAnimal Aweを持つ
Anathemant Salamander 130g,1r 火2の魔法を持つLv1聖職者
Anathemant Dragon 230g,2r 火3の魔法を持つLv2聖職者。老齢
Warlock Apprentice 80g,1r 首都専用。血1の魔法を持つ魔術師
Warlock 140g,1r 首都専用。星1血2と低確率のランダム付加を持つ魔術師。老齢
Demonbred 100g,14r 首都専用。飛行能力を持つ強力な暗殺者。サイズ3。紛らわしいがデーモンではない。完全な暗視持ち
Anointed of Rhuax 440g,1r 首都専用。高価だが火4地1の魔法を持つLv3聖職者。サイズ3。強力なHeatを持ち、Fire Shield常時展開。暑い州では強くなる

Units

名称 Cost コメント
Abysian Infantry 20g,26r 歩兵:戦斧を振るう歩兵。一撃の重さに優れる。全ての歩兵は鉄製の鎧と兜を装備し、マップ移動1
Abysian Infantry 20g,26r 歩兵:フレイルを使用するタイプ。回避率が低く単発の攻撃力も劣るが2回攻撃で盾に強い
Abysian Infantry 20g,27r 歩兵:斧と大盾を装備したタイプ。一撃は強いが命中率が低い。盾無しタイプより足が遅い
Abysian Infantry 20g,28r 歩兵:モーニングスターと大盾のタイプ。斧タイプより攻撃面に優れる
Salamander 60g,1r 火蜥蜴:高熱を発する魔法生物。サイズ3で接近戦用の防御貫通小範囲攻撃を持つが、攻撃時の疲労が非常に大きい。強力なHeatを持ち、暑い州で強くなるが暗視能力はない
Misbred 20g,5r 実験体:首都専用。Demonbredの失敗作でAffliction持ちが多い。防具無しで戦斧を振るう。サイズ3、暗視100%、飛行可能。デーモンではないが、アンデッドの指揮枠を使用する
Burning One 65g,41r 重戦士:首都専用。Sacred歩兵。サイズ3と大柄で強力。モーニングスターを2つ持つ。強力なHeatを持ち、Fire Shieldを自動展開。暑い州では強くなる。Berserker持ち

Heroes

名称 固有名 コメント
Warlock Malphas 血や火の魔法を中心に扱うSacred魔術師。Warlockを組織した張本人で、その正体はAbyssのデーモン、Corruptor。変身の前後で解説文が異なる

Fortress

地形 名称 Cost 工期 管理力 備蓄 防御力 防御塔
首都 Cave Castle 1400 6 30 150 600 0
平地 Fortification 1000 4 20 250 300 2
森林 Forest Ramparts 800 3 10 100 150 0
沼地 Swamp Fort 800 3 0 100 100 1
山岳 Cave Castle 1400 6 30 150 600 0
農地 Fortified City 1200 5 50 1000 250 2

Local Defense

条件 指揮官 兵士 備考
地上1~ Warlord Abysian Infantry:5 Abysian Infantry:5 数不足だが性能は良い。どちらも盾なし
地上20~ Anathemant Salamander Abysian Infantry:5 兵は数が増えるだけ。魔術師が出るほうが重要か
要塞 - Ballista:2 弾数は少ないが高威力で防御貫通。確実に被害を与えられる

Magic Skills

条件 名称 固定 変動 備考
なし Anathemant Salamander 2 1 Sacred Fire Resistant(100) Darkvision(50)
なし Anathemant Dragon 3 2 Sacred Old Age Fire Resistant(100) Darkvision(50)
首都 Warlock Apprentice 1 Fire Resistant(100) Darkvision(50)
首都 Warlock 1 2 +1:10% Old Age Fire Resistant(100) Darkvision(50)
首都 Anointed of Rhuax 4 1 3 +1:10% Sacred Fire Resistant(100) Darkvision(50)

固有魔法

名称 領域 Lv 使用 主属性 副属性 ジェム 水中判定 概要
Summon Spectral Infantry Conjuration 2 儀式 1 1 5 炎に強くEtherealを持つ戦士の霊Smoulderghostを5体召喚します
Contact Scorpion Man Conjuration 8 儀式 1 1 12 魔法の武器と恐怖の瞳を持つ半人Scorpion Manを召喚します
Inner Furnace Enchantment 5 戦闘 3 1 全てのユニットのHeatの効果を増加させます

雑観

灼熱の溶岩人間の国家。明確にベースとされるものはないらしい。この時代としては非常に珍しいほどの重装備が特徴で、イメージ通り火の魔法を得意とし、首都は火のGemだけを6つも産出する。
種族全体がHeatを持ち、火炎を無効とする。また50%の暗視能力、荒地のサバイバル能力も持つ。HPや魔法抵抗も人間より高いが、雇用費も全体的に高い。数の不利を火炎魔法による殲滅力で補うのが基本戦術となるだろう。
裏ではAbyssのデーモンによる血の魔法の拡散が行われており、魔法的な交配による、より強力な種の作製実験も行われている。そしてそれは後にAbysiaの民の衰退を招くことになる。
皮肉にもこの時代に関しては、血の魔法の実践は彼らに強力な暗殺者などの戦力と、生贄による強力なDominion拡散能力を与えているのも事実。そのままでは器用さを欠くAbysiaにとっては、結局重要な力と言わざるを得ない。
なお、説明に反してGrowth/Death天秤は収入に影響を与える様子。食料に関しては説明通り増減しない。短期決戦を狙う場合でもなければどのみちDeathに傾けるのは難しいので、あまり関係は無いかもしれない。

正規軍はほぼ重歩兵のみ。軽歩兵どころか中装歩兵すら居ない。軽装の飛行兵は居るが、デーモンでもないくせにアンデッドの指揮枠を喰うという特徴があるため、死の魔法を使わないこの国では序盤は連れまわしにくい。
とにかく数が出しにくいのが欠点。幸いHPも魔法抵抗も高めで、Heatの疲労・炎上ダメージもあって少々の数の不利は覆せる戦闘力はあるが、移動が遅いのもあって柔軟性が全く無い。
大盾持ちの兵が居るため、射撃で一方的に伸されることは少ないものの、盾で回避できない攻撃魔法で散々撃たれると成す術もなく壊滅することもしばしば。火には強いとはいえ、冷気、電撃、毒物は全て通ってしまう。
とはいえ、正面対決での恐るべき戦闘力は間違いなく魅力的。この時代において、彼らと真正面からぶつかって勝てる軍というのはそう多く無い。当然序盤の拡張も早く、ラッシュ向けと言える。
また強力な暗殺者を擁するため、敵の魔術師を戦闘前に叩いておくという手も使える。安定して倒すには相応の準備が必要になるが、自前で飛行可能かつ火力にも優れるDemonbredならそのままでも勝てる相手が少なくない。

Salamanderは小範囲攻撃により高い殲滅力を持つが、長期戦に弱い上に防御面に不安が残る。主力にするには連れまわせる数も少なすぎるものの、資源を1しか使わないため、余った金を利用して雇う価値はある。
Misbredも何らかの手段で連れまわせれば有効な兵となる。全体的に機動力を欠く主力兵に代わり、敵後衛に飛びかかって始末するには最適。防御はやはり頼りないので消耗は激しいが、活用する価値はある。
SacredのBurning Oneは強力な戦士。防御スキルがわずかに2、盾もなしということで防御は防具とFire Shield頼み。Berserkerで武器2つ装備のタイプなので、文字通りの狂戦士。射撃で嬲られると切ないが、接近後の火力は注目に値する。

この時代のAbysiaはとりわけ火の魔法に偏っている。首都専用の最強の術者も火主体、首都以外で雇える術者は火しか持たないという徹底ぶり。血の魔法もそれなりだが、使い手は首都でしか得られない。
Anathemantらは火の魔術師と聖職者を兼任する。魔力は高いが、どちらも老齢前後なのが欠点。設備さえあればどこでも雇用できるため、火が通用する相手に対する砲撃係としては素晴らしい性能を見せる。
Warlockらは首都専用の血の魔術師。上位のWarlockは星魔法も持ち、10%で火地星血から1つボーナスを得られる。こちらも老衰が近いのが難だが、魔法スキルは悪くない。デーモンの指揮も序盤は彼らに頼ることになるだろう。
Anointed of Rhuaxはこの時代では最高の火の魔術師。火4地1の固定スキルに加え、10%でWarlockと同じボーナスを得られる。また老齢ではないため、高いコストがすぐ無駄になることもない。聖3持ちなので、Sacredのお供にも役立つ。
彼らは身体能力も悪くないので、戦闘型指揮官のベースにするのも手。Warlordでもそれなりに務まる役目だが、こちらは自己強化が容易な点で大きく勝る。必要に応じて後衛に回れるのも利点。

コメント

名前:
コメント: