※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Dominions3は優れたランダムマップ機能を持ちますが、一方でいくつかの固定マップが同梱されており、マップを自作して利用することも可能です。
それらの固定マップは、ランダムマップでは見られないような特徴的な構造や仕掛けを持つものも多数あります。気分を変えてプレイするには最適です。


マップの配布場所

既に誰かが作成したマップが欲しい場合、以下を探すと便利です。

Desura公式フォーラム・Maps & Scenarios

公式フォーラムのマップ投稿場所です。2013年2月現在だと移行から間がないためあまり多くのマップはありませんが、今後の新規投稿はここが中心になるでしょう。

Shrapnel Games旧公式フォーラム・Scenarios, Maps and Mods

旧公式フォーラムのマップおよびModの投稿場所です。現在はほぼ投稿がありませんが、長い間こちらがメインのフォーラムだったため、投稿されている量はかなりのものです。
量が多い上にModも含まれるため探すのも大変ですが、大半のマップはこちらにまとまっています。
また詳細検索を開き、「Find Threads with Prefix」からMapを指定して検索することでも絞り込めます。

非公式フォーラム・Realms of Majesty

非公式フォーラムのマップ投稿場所です。運営開始からある程度は経っており、マップの数もそれなりにあります。
現時点でも活発に機能しているので、今後も投稿数が増えるでしょう。

Elmokki's Dominions 3 maps

Elmokki氏の個人的なサイトです。彼の作成したマップが一覧化されています(多くは上記したフォーラムにも投稿されています)。
マップ数はかなり多く、大きさや特徴も幅広いので、よほど奇抜なマップを求めているのでない限りはここだけでも満足な数が揃うでしょう。
ただしElmokki氏本人も忠告しているように、しばしば州の隣接関係や地形属性の設定にミスが見られ、マルチプレイなどを行う前にはテストランが推奨されています。


特殊な仕掛けについて

一部マップはやや特殊な設定が行われている場合があります。設定はそれなりに自由度があるのですべてを説明することはできませんが、以下は比較的多く見られるものについて解説します。

港(海路)

海を隔てた陸地同士が隣接している扱いとなっているものです。Dominions3同梱マップにも存在する仕掛けで、多くの場合はマップに港を示すマークが配置されています。
内部的には普通に隣接している州とまったく同じ扱いとなります。航海技能がなくても移動できますし、撤退も可能です。Dominion拡散、偵察なども行われます。
港同士がどのように接続されているかはマップの設定次第です。一部のマップは海路もマップに書かれていますが、そうでない場合はマップフィルタで隣接する州を表示させたほうが良いでしょう。

なお、たまに見られるワープゲートも実質的にはこれと同じもので、また洞窟などの地下通路も同じような形で表現しているマップがあります。

ランダムマップでは設定を変更しない限り出現しませんが、固定マップでは比較的よく見られます。
多くのマップでは、川が内部あるいは境界を通っている州は真水ボーナス(税収が増加)を持ちます。ゲーム上だと見た目が変わらないのでわかりにくいものの、いくらかの恩恵を期待できます。

川が通過可能かどうかはマップによって異なり、橋などで一部だけが通過可能なこともあります。通過不可能な場合はそもそも州の接続がされていない(ランダムマップの山脈と同じ扱い)ので、飛行していても関係はありません。
他、川が水域を接続する経路と見なされることもあります。よく確認していないと、水中国家の軍が思わぬところから突如現れることもあるでしょう。

固有名称

州に固有の名前が付加されていることがあります。ただし必ずしも全ての州につけられているとは限らず、指定されていない州についてはランダムで決まります。
基本的にはゲームに影響しない要素ですが、名前付きの州で開始した国の首都は固有の名前が優先されてしまう(国の名前がつかない)ため、首都なのかどうかを判別するのが難しくなります。

開始位置固定

多くはバランスを重視したマップで見られる設定です。首都の配置される場所が最初から限定されており、それ以外の場所に首都ができることはありません。
この設定が使われている場合、周辺の地形もすべての開始地点でほぼ共通するようにされているのが普通です。立地に気を揉まずにプレイしたい場合に向いていると言えるでしょう。
ただしマップによってはスタート地点に水域が含まれ、そういったマップで全て陸の国を選ぶと首都が生成されずに即敗北する国が出ます。水域が足りない場合の水中国家も同じです。注意してください。

固定配置

中立軍や魔法土地の固定配置が存在するマップもあります。多くの場合はマップの中心部のような目立つ位置や、戦略的に重要と言える場所に存在します。
どのようなものが配置されているかはマップ作者次第なので、とくに特殊な中立軍が配置されていると明記されているマップでの拡張時は、中立軍相手でもしっかりと偵察報告に目を通しておくべきでしょう。
魔法土地は実際に州を占領しなくてはわかりませんが、これもマップによっては特殊中立軍やマップ上のマークで示されていることがあります。また通常なら探索で見つけるべきものでも、最初から出現済みとなっていることもあります。

球形マップ(Wraparound)

マップに端が存在しないものです。正確には、本来なら端になるべき左右および上下が互いに接続されています。通常、端で開始した国は攻め込まれない角度があるのでやや有利と考えられますが、これらのマップではそれが起こりません。
通常よりも警戒すべき方角が増える傾向にあるため、前線を置く位置を熟慮しながら拡張する必要があります。無理をするといくつもの国と隣接してしまい、防衛がままならなくなるでしょう。
大半のマップは上下と左右の両方が接続されていますが、たまに片方しか接続されないように設計されているものもあります。

シナリオ属性

マップ自体が持つ属性です。これが付加されている場合、マップ選択画面において名前の前にマーク(Pretender Godの能力アイコンと同じ)が表示されています。
これらのマップはゲーム全体設定のほとんどが利用できませんが、シナリオ属性自体にはそれ以上の機能はありません。多くの場合、それ以外の設定と複合して使用されています。
同梱マップではDawn of Dominionsのみが該当します。これは参加可能国が決定済みで、かつ各国の開始地点が固定される設定と併用されています。



コメント

名前:
コメント: