※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

The Chalice

いわゆる聖杯。アンデッドでもなんでも関係なく傷を癒してくれる素敵な杯
The Chalice
その他 研究Lv 属性 属性2
内部ID 294 8 4 3
威力 攻撃補正 攻撃回数 長さ
   
防御力 防御補正 回避率 重さ
 
射程 弾数 特殊
 
その他
HP再生:10%
Affliction治療:10
使用可能:Banishment 

ゲーム内解説文

The bearer of this much sought after artifact will live in constant peril for the rest of his life, as questing knights will come from time to time and seek to wrest it from his hands. The golden cup is filled with blood of unknown origin that, when applied to wounds, will instantly close them. The blood can heal all manner of ills and afflictions with the sole exception of starvation.

和訳

この非常に捜し求められているアーティファクトの所有者は、その残りの人生を聖杯探索の騎士が時折現れ、それを彼の手から奪い取ろうとするという絶え間ない危険の中で生きます。この金の杯は、傷に塗るとそれを直ちに塞ぐ、起源不明の血で満たされています。血はあらゆる種類の病と怪我を癒すことができますが、飢餓だけは唯一の例外です。

注記

全アイテムで唯一、Afflictionを治療する能力を持つアーティファクト。この治療は装備者だけでなく、州に滞在する全ての兵と指揮官に自動的に効果を及ぼす。
とくにHealerを持たない国にとっては非常に有益な品で、大型の戦闘型指揮官が使い物にならなくなるのを防ぐには最適。緑魔法にはGift of Healthもありはするが、これはDispelのような簡単な対処をされないのが大きい。
ついでに所有者にはHP再生能力も付加され、またBanishmentの任意発動能力も与えられるが、Affliction治療の恩恵に比べればおまけのようなものだろう。

主力部隊の誰かが持っていればそれだけで機能してくれる。HP再生がつくことを考えれば戦闘型指揮官が持っても良いし、事故死が怖ければ適当な指揮官に与えて後方に待機させておくのが良いだろう。
Healerと違い、Affliction治療の対象には制限が無いため、老齢だろうがアンデッドだろうが関係なく治療してくれるのも偉大。どんな構成の部隊でも腐ることは無い。
またこの性質を利用し、Afflictionが問題になり易いTwicebornTartarian Gateのお供とすることもある。とくに後者との組み合わせは有名で、終盤戦の流れを容易に決定付ける。

なお、解説文にある騎士による襲撃は実際には発生しない。Dominions2では実装されていたらしいが、何らかの理由で削除され、解説文だけがその名残となっている。

コメント

名前:
コメント: