※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Banishment

アンデッドとデーモンにのみダメージを与える光を降らせます
Banishment ジェム 疲労
内部ID 753 0 0
使用 水中判定 効果 効果量
戦闘 水中可 Damage 3+2/Lv
主属性 主Lv 効果発生数 射程距離
Holy 1 1 15+5/Lv
副属性 副Lv 効果範囲 命中補正
- 0 2+2/Lv 0
領域 Lv 防御判定 抵抗判定
Divine 0 防御無視 抵抗可能
専用国家

ゲーム内説明文

With this prayer the priest can banish a large number of undead beings or demons. The undead will take damage unless they manage to resist the banishment.

和訳

この祈りにより、聖職者は多数のアンデッドやデーモンを追放することができます。彼らがなんとか追放に抵抗しない限り、彼らはダメージを受けます。

注記

汚物を消毒・・・もとい、アンデッドやデーモンを攻撃する魔法。敵にそれらが居なければ当然出番は無いが、特にアンデッドの大群に対して有効。
ダメージ自体はそれほど大きくなく、抵抗も可能なものの、防御力を無視できる。低HPで抵抗が低く、数も多く出るSoullessLongdeadの処分には最適と言える。そういった兵を多用する相手には、聖職者や預言者が大活躍してくれるだろう。
逆に総じて抵抗力が高く、HPにも優れるデーモンにはやや不利。アンデッドも高位になるとHPが高すぎて効率が落ちてくる。もっとも、それでも防御無視ダメージの魅力が消えるわけではないので、相手を見て利用していきたい。

術者が強力なほど威力も範囲も大きくなるが、使用条件が低いので、聖1しか持たない安い聖職者を多数送るだけでもなんとかならなくはない。ただし射程も術者次第である程度伸び、聖2から抵抗貫通ボーナスも1ついてくるなど、悩ましいところではある。
また、Communionなどを利用すると聖魔法は通常の範疇を超えて伸ばせる。その際も威力や範囲の成長率は全く衰えないため、徹底すればErmorやYomi、Lankaなどの対象になる兵に依存する国に凄まじい威力を発揮する。
実のところ、極めて高レベルの聖魔法を戦闘中に使う際の最大の利点は、いつまでも単体攻撃のSmiteなどではなく、この魔法であろうと思われる。特定の国からすれば泣くしかないほどだが、準備も楽ではないので対応する余地はある。

なお、聖魔法には珍しく精度補正が皆無なため、射撃精度が低い術者はよく外す。味方が対象外の兵なら誤射しても困りはしないが、Eagle EyesWind Guideなどで補強できるならあって損はない。

コメント

名前:
コメント: