※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Armor of Virtue

過保護な鎧。かすり傷1つでも即帰還させる。さすがに即死は対応できない
Armor of Virtue
研究Lv 属性 属性2
内部ID 186 8 3
威力 攻撃補正 攻撃回数 長さ
   
防御力 防御補正 回避率 重さ
15  -1 1
射程 弾数 特殊
 
その他
Awe効果:4、自動祝福
特殊:戦闘開始時にRitual of Returning効果の霧を展開 

ゲーム内解説文

This brilliant armor blesses the wearer and protects him from harm and malice. Enemies stand in awe when confronted with the virtuous hero wearing the armor and, should they strike and hurt him, the armor will instantly take him home, away from any enemies.

和訳

この輝く鎧は着用者を祝福し、彼を危害や悪意から保護します。この鎧を身に付けた高潔なる英雄を前にした敵は、畏敬の念を抱き、立ち尽くします。そして、敵が彼を攻撃し、彼が傷付いた際には、鎧は彼を直ちにその本拠地に帰還させ、いかなる敵からも遠ざけます。

注記

生き残るという観点から見ればある意味で最強のアーティファクト。鎧の中でも最も過保護な鎧だが、その方向性が実に捻くれている。
防具としては平凡な防御力を持つ軽量な鎧。しかし装備者は常に祝福され、さらに高レベルなAweも付加される。士気が低い相手ならほとんど攻撃させないだろう。
最大の特徴は戦闘開始時にRitual of Returningの効果を付与する霧を出すこと。これにより装備者が攻撃を受けた際、即座に首都に帰還するようにさせる。なお、これは雲に入りさえすれば他のユニットにも影響する。

防具として優秀なのだが、Ritual of Returningがかかる影響で前衛向けとは言い難い。Aweで敵を抑えるには役立つだろうし、祝福の恩恵が強ければ戦闘力も増すが、無傷で戦闘を終わらせることができない限りはいちいち首都に帰る破目になる。
基本的には攻撃を受けてもらっては困るほどに貴重な指揮官、多くは魔術師を保護するために使うことになるだろう。これを着ていれば、一撃死するようなダメージを受けない限りは確実に逃げ帰ることができる。
ただし戦闘呪附は撤退時点で解除されるし、撤退後はもちろんその戦闘の続きに関わることはできない。居ないと作戦が成り立たないような指揮官だと、敵の全体攻撃で軽く妨害されるという事態にもなり得る。本当に必要かどうかはよく考えたい。

なお、設置型効果でRitual of Returningを付加する影響で、1ターン目にいきなり移動した場合は効果を受けられないままになる。ただし本来は儀式で付加する効果なので、一旦付加されると発動までは永続する。

コメント

名前:
コメント: