※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

世界柔道選手権で優勝したことが或る

薪谷翠
上野雅恵

×

山下まゆみ
恵本裕子





[編集] 男子大会
1956年5月3日 東京
夏井昇吉
1958年11月30日 東京
曽根康治
1961年12月2日 パリ(フランス)
1965年10月14~17日 リオデジャネイロ(ブラジル)
松田博文 岡野功 猪熊功
1967年8月9~11日 ソルトレイクシティ(アメリカ)
重岡孝文 湊谷弘 丸木英二 佐藤宣践 松永満雄
1969年10月23~25日 メキシコシティ(メキシコ)
園田義男 湊谷弘 園田勇 笹原冨美雄 須磨周司 篠巻政利
1971年9月2~4日 ルドウィグスハーフェン(西ドイツ)
川口孝夫 津沢寿志 藤猪省三 笹原冨美雄 篠巻政利
1973年6月22~24日 ローザンヌ(スイス)
南喜陽 野村豊和 藤猪省三 佐藤宣践 高木長之助 二宮和弘
1975年10月23~25日 ウィーン(オーストリア)
南喜陽 藤猪省三 遠藤純男 上村春樹
1977年 バルセロナ(スペイン) 中止
1979年12月6~9日 パリ(フランス)
香月清人 藤猪省三 山下泰裕 遠藤純男
1981年9月3~6日 マーストリヒト(オランダ)
森脇保彦 柏崎克彦 山下泰裕(2)
1983年10月13~16日 モスクワ(ソ連)
中西英敏 日蔭暢年 山下泰裕 斉藤仁
1985年9月26~29日 ソウル(韓国)
細川伸二 日蔭暢年 須貝等 正木嘉美

[編集] 女子大会
1980年11月29・30日 ニューヨーク(アメリカ)
1982年12月4・5日 パリ(フランス)
1984年11月10・11日 ウィーン(オーストリア)
山口香
1986年10月24~26日 マーストリヒト(オランダ)

[編集] 男女大会
1987年11月19~22日 エッセン(西ドイツ)
山本洋祐 岡田弘隆 須貝等 小川直也
1989年10月10~15日 ベオグラード(ユーゴスラビア)
古賀稔彦 小川直也(2)
1991年7月25~28日 バルセロナ(スペイン)
越野忠則 古賀稔彦 岡田弘隆 小川直也
1993年9月30日~10月3日 ハミルトン(カナダ)
園田隆二 中村行成 中村佳央 田村亮子
1995年9月28日~10月1日 千葉(日本コンベンションセンター)
秀島大介 古賀稔彦 田村亮子
1997年10月9~12日 パリ(フランス)
野村忠宏 中村兼三 田村亮子 阿武教子
1999年10月7~10日 バーミンガム(イギリス ナショナル・インドア・アリーナ)
吉田秀彦 井上康生 篠原信一(2) 田村亮子 楢崎教子 前田桂子 阿武教子
2001年7月26~29日 ミュンヘン(ドイツ オリンピアホール)
井上康生 田村亮子 上野雅恵 阿武教子
2003年9月11~14日 大阪(大阪城ホール)
鈴木桂治 井上康生 棟田康幸 田村亮子 上野雅恵 阿武教子 国別団体女子チーム
2005年9月8~12日 カイロ(エジプト)
鈴木桂治 泉浩 薪谷翠