735 :ニホンオオカミの島:2012/03/31(土) 11:18:45.57 ID:aKNd48xP
俺の名は"焔龍 悠斗(エンリュウ ユウト)"。24歳の独身だ。って誰に紹介してるんだろうか?

早速と言っては何だが、ここはどこだ?

俺は海外旅行に行くため、飛行機に乗っていたはずだ。

ああ、そのあと・・・飛行機のどっかに穴が開いて落ちたんだっけ?

なるほど納得。で、俺だけここにいると。理不尽だなぁ、オイ。

とりあえず携帯を・・・はい、圏外w

他のやつはどうなったんだ?まさか、俺だけ生き残ってるとか・・・?ないわwソレw

まぁいいか。なんか無人島、ってのもおもしろそうだしな!

テンション上がってきたぜい・・・・なんたって、無人島といえば"冒険"だぜ!?テンション上がるに決まってんだろ!?

「そうときまればYAHOOOOOOOOOOOOOOOOO!!!早速散策だ!面白くなってきたぞ!」



「つーより、ナイフ持っててよかったわ~、草とか切るのに楽だしな~

でもこれ、もはや短剣の部類に入るんじゃないのか・・・?たしか、刃渡り19.7cmほどだったか・・・?まぁいいや。」

そこで草むらから、ガサッと音がなった。

「!?誰だ・・・・・無人島じゃなかったのか・・・・?ここは?・・・・・・とりあえず、追いかけてみよう・・・

つーか、エアーガンでもモデルガンでもなんか持ってこりゃあよかった」

俺は右手にナイフを持ったまま、その音がした方向に行く。

すると、そこにいたのは・・・

「なんだ、ありゃあ・・・・人間、か?じゃあ、あの耳と尻尾は一体・・・?」

そう、"なにかの耳と尻尾を持った人間"だったのだ。

「変なことに関わる前に、逃げるか・・・」

逃げようと思った。よくわからないものに関わって死んだりでもしたら、嫌だからな。

人は、自分の命が第一なんだと、そう思ったよ。

コン、ドカン

石に躓いてこけた。痛い。音に気づかれたみたいだ・・・まずい!


736 :ニホンオオカミの島:2012/03/31(土) 11:19:52.73 ID:aKNd48xP
「――――――――ッ、いってぇ・・・逃げなくちゃな・・・」

タッタッタッタ....

痛い足を必死に動かしながら、逃げる....



「はぁ、はぁ・・・ここならもう追いつかれないだろ・・・」

と、いいつつ後ろを向いた。

誰もいない、よかった・・・そして、何気なく前を向くと。そこには。

「人間・・・?なんでここにいるの?」

さっき見た、"人間もどき"がいた。それも自分に疑問を問いかけている奴の後ろにたくさんいる。

ざっと見たところ、前にいる奴も含めて100人・・・ちなみに前にいる奴の容姿は、というより全員ロリっぽい。

地味に俺のタイプじゃねぇかwああ、あと服は着てるな・・・

そんなことを考えている場合じゃない・・・逃げれるか・・・?・・・今は素直に話を聞くか・・・

「・・・っく、お前ら一体誰なんだ?どうしてここにいる?俺は必死に逃げてきたはずだが・・・?」

「そんなに多くの質問を一気にされても・・・まぁいいわ、順番に答えていくから。

まず一つ目ね。私たちは"ニホンオオカミ"よ。2つ目。絶滅しかけたから。3つ目。ここは私たちの住処よ。

ちなみに貴方が見たのは餌場。つまり貴方は餌場から住処に走ってきた、というわけ。わかった?」

うん、とりあえず意味がわからなさすぎるぞ、この状況。

「・・・つーか、ニホンオオカミって絶滅したんじゃねぇのか?」

自分が冷静すぐるwだwれwかwたwすwけwてw

「ええ、あなた方人間の"発見している土地の中"、ではね」

「つまり、どういうことだよソレ?」

「頭の悪い人間ね・・・つまりここは、あなた方人間にとって、"未開の地"なのよ」

「なるほど納得。・・・じゃあなんで、俺がここにいるんだよ?」

「そんなの知ってると思う?私達が」

「知ってるわけもないか。まぁいいや、とりあえず俺がこの島から脱出する方法とかおしえてくんねぇか?」


737 :ニホンオオカミの島:2012/03/31(土) 11:20:19.49 ID:aKNd48xP
「嫌」

「なんでさ?教えてくれたっていいじゃないか」

「だって、貴方は・・・」

「俺は?・・・俺がどうかしたのか?」

一体何なんだ・・・嫌な予感がしてきたぞ、ナイフを取り出す準備をしようか・・・

「子孫繁栄のための、糧になるんだから」

やけに声が大きいな・・・まぁ、返答は決まっている。

「嫌だね。俺はさっさと帰りたいんだ」

と、いいつつナイフを取り出し身構える。

これでも少しは剣道経験があるんだ。少しだけ・・・三ヶ月程度だけどな。

「へ~、じゃあ・・・強制的に、ヤっちゃってもいいよね・・・。みんな!そこの人間を抑えて!話は聞いていたでしょ!」

「―――――――――ッ!?」

これはきつい!一気に10程度のニホンオオカミの人間体が襲ってくる・・・速い!狼、だからか・・・?



結果、捕まった。速さが反則すぐるだろw・・・のんきに考えてる場合でもないか。

ここは冷静に、冷静に考えるんだ・・・

まず、このままだと、まずいぞ・・・・搾り取られる!そうして死ぬのか・・・

そんなことは考えるな!生き延びることを考えろ!考えるんだ!悠斗ォォォォォォォォォォォ!!!

「あれ?現実逃避かな?」

「・・・・・・さぁな」

「うふふふふふ・・・逃げようと考えたって、無理だよ?」

「・・・ッチ」

「それじゃ、はじめるけど、いいよね?」

「よくない(キリッ」

「言い切った。言い切ったよこの人・・・まぁいいや、ヤろ~、っと」


738 :ニホンオオカミの島:2012/03/31(土) 11:21:41.87 ID:aKNd48xP
早速、俺の履いているジーンズに手をかけられる。

手をどけようと思ったが、生憎、俺は抑えつけられたままなのだ。

先ほどの十名に。

と、無駄なことを考えているうちに脱がされてしまったようだ。しかし、だ。

「あれ・・・?勃ってない・・・?なんでだろ?」

ふっふっふ・・・、そう!我がペニスがまだ勃っていないのだ!嫌な予感しかしないが、な。

「まぁいいや。このまま・・・ンチュ」

クッ・・・だが、まだ大丈・・・ウッ!?

「ペチャ・・・クチュ・・・ネチュ・・・ペロリ」

ぐおっ・・・これは、なかなか、だ・・・

「ペロペロ・・・」

・・・ヤベェ。ペニスが勃ってきた・・・

「お、勃ってきたね・・・」

「せ、生理反応、って奴だろ?ハハッ」

俺は某夢の国出身のネズミのような笑いをする、ヤバイ・・・ヤバイぞ、この状況。

「そんな慌てて反応しなくてもいいのに」

「慌ててなんて・・・」

「こっちから見たら十分慌ててるよ?」

「―――――――――ッ」

ヤッベェ・・・このままだと・・・


739 :ニホンオオカミの島:2012/03/31(土) 11:22:50.36 ID:aKNd48xP
「さて、前戯も終わったことだし、本番と入りましょっか」

うん、予想通りだ、やったー・・・うれしくねぇ。

どうする・・・もう、流れに任せようか・・・

「お!諦めの兆しがきてるのかな?」

「いんや、まだだ。まだ、諦めるわけにはンムッ!?」

「ンチュ・・・チュ・・・クチュ・・・ペチャ・・・ぷはぁ、どお?ふか~いキスの味は」

「ッチ、くそう・・・不覚にも気持ちいい・・・」

「と、いうわけでほんとうに本番入るよ?」

「やめr」

「答えなんて聞いてないから」

と、いいつつ彼女は下半身のスカートとその下を脱ぐ。

俺は必死で暴れて抵抗する・・・だけども爪を突きつけられて抵抗を止められる。

「コレ以上暴れたら、その体に傷をつけるかもしれないよ?」

「クソったれ・・・ここで終わるのかよ」

「うん。貴方の"人間"としての人生は、ね。」

もういいや。どうにでもなれ。ははは・・・俺って、元から壊れてたのかな?

それとも今、壊れたのかな?ははは・・・

「あれ?諦めた?まぁいいや、ヤっちゃおーっと」

そういって彼女は俺のペニスの上に誇り、そして腰を下ろした。

「ぐっ、ぉぉ」

「ん・・・入ったぁ」

そのまま彼女は腰を動かす。

「う、っく、あぐっ」

「ふふふふふ・・・どお?私の膣の感触は?」

「うぉ、ぁう、ぬぉ」

さっきから情けない声を出して喘いでいるのが俺だ・・・

「どう、なのよ、おし、えてよ」

「うぁ、ぬぐぅぁ、ぐ、ぐぅぉ」


彼女の中はとても気持ち良く、気を抜いたらすぐ射精してしまいそうだ。

そして、腰使いが速くなっていく。

「う、ぬぅぉぉ、ぐぁ、ふぉぃ、ふぇ」

「あ、あ、あ、あん、気持ち良く、なってきたぁ」

そしてラストスパートといわんばかりに速くなる。
740 :ニホンオオカミの島:2012/03/31(土) 11:23:10.38 ID:aKNd48xP
「う、く、う、う、うおおおおおおおおおおおおおおおお」

「きゃ、あ、あ、あ、イくうううううううううううううう」

その時、同時絶頂を迎えた。

俺のペニスからは大量の精液が飛び出る。

「あ、あ、入ってくるううううううう、赤ちゃんの素が入ってくるうううううう」

「はぁ、はぁ・・・」

今までで一番出したのは今だと思う。

「うふふ、気持よかったよ~、というわけで他の子も」

「え・・・」

この約100人を相手にしろと?

「ははは・・・もう、どうにでもなれ」

「聞いた?みんな、ヤれ~!!!」



――――――――今日は、いつだろうか?

それすらも分からない・・・いや、考える意味もない・・・

なんたって俺は、彼女らニホンオオカミの"子孫繁栄のための糧"なのだから・・・

END