※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ISLA INOCENTES


マップ解説

※画像準備中
アメリカ軍は内陸部で作戦を続ける機甲部隊への供給ルートの確保に躍起になっている。ロシアの火砲基地はこの地域一帯を支配下に置いており,何が起きても対応できるようになっている。この基地は堅く守られている。前回の攻撃は失敗に終わった。基地を破壊し,森林地帯を制圧することで,主力部隊を上陸させて第2の前線を切り開くことができる。これは彼らが計画している南米の開放のために必要不可欠なことだ。

Rush解説

拠点 名称 ATTACKER DEFFENDER
0 前哨基地 UAV×1
ヘリ:UH60×2
ボート:PBLB×2
水上バイク:PWC×3
1 不明 UAV×1
ヘリ:UH60×1
ボート:PBLB×2
水上バイク:PWC×3
軽戦車:M3A3×1
2 不明 UAV×1
軽戦車:M3A3×1
3 最後の抵抗 ヘリ:MI24×1

マップ全体解説

第2拠点制圧まで、初期リスポン地点が変わらない事に注意。DEFENDERの陣地が海に囲まれているためATTACKERは、敵陣に攻める方法が限られてくるので、一見DEFFENDERが有利な様に見えるマップ。拠点数は少ないが、手こずると長丁場になりやすい。
しかしATTACKERには多数のビークルがあるためビークルを駆使してM-COM破壊を目指したい。

第1拠点(名称不明)解説

DEFFENDER
地形上守りやすい所となっている。
M-COMが二つとも建物内ではなく外に置いているので倒壊の危険性がなく比較的安心して戦える。
固定武器が敵のヘリコプターやボートを攻撃しやすい位置に配置されているので積極的に使っていこう。
しかし固定武器等はスナイパーの餌食になりやすいので長居はしない方がいいだろう。
またヘリやボートを使った裏取りの可能性があるので敵ビークルからは目を離さないようにし、見かけたらスポットを心がけよう。
ATTACKER拠点は島の端のほうから見えるので、ラジコン少年を狙撃したりラジコン少年にトレーサーを付着させることが可能。

ATTACKER
相手陣地が島となっているため攻めにくい所となっている。
また固定武器の配置もよく固定機銃はブラックホークにとって驚異になるのでミニガンやスナイパーライフル等で早めに処理しておこう。
ちなみにATTACKERにはヘリやボート等の高機動ビークルがあるので積極的に使って裏取りしていきたいところだ。
また一度敵陣地にはいってしまえば比較的見つかりにくいので味方の復活を待ち一気に攻めるという手もあるだろう。
敵陣地までの途中の丘からAT4を使ってM-COMを狙撃できる。守りが堅いようならこちらのほうが確実だ。だが逆に狙撃される恐れもあるので、他の兵科は敵狙撃兵を集中的に処理していきたい。

第2拠点(名称不明)解説

DEFFENDER
第二拠点はBが外にあるがAが建物にあるので倒壊破壊の可能性がある。
またその建物は欠陥住宅並で戦車や工兵の攻撃を受けるとあっという間に壊れてしまうので、敵戦車や工兵などは早めに処理しよう。
基本、Aは捨ててBを死守すべし。
そして敵には相変わらずブラックホークがあるので裏取りされないよう上空も注意。
集落全体が斜面になっていて建物も密集しているため、段差や建物など隠れるところが多く、ひとたび集落内部まで入り込まれると混戦になりやすい。

ATTACKER
この時点でもリスポン位置が初期位置のままで、けっこう遠いので分隊リスポンを絶やさないようにするのもひとつの戦略。
第一拠点では二つとも外にあったが第二拠点のAは建物の中にあるので倒壊破壊もねらえるので積極的にを攻撃していこう。
ブラックホークのミニガンで速効Aの建物を破壊できる。
しかしどのマップにも言える事だが、先に片方だけを壊すともう一方の守りが堅くなり攻めるのが困難になるので、なるべくバランスよく攻めることをオススメする。
また第一拠点から引き続きブラックホークが使える為、こちらもパラシュート降下で積極敵に裏取りを狙っていこう。
ここも第一敵陣地のあった場所から、AT4を使ってBを無理やり狙撃できるので、工兵は狙って行きたい。

第3拠点(最後の抵抗)解説

DEFFENDER
最後の拠点も守りやすく長期戦に持ち越すと案外勝つことが多いが、油断は禁物。
敵が基地まで入ってくる山道は土嚢で出来たトーチカや草むらがあるので、待ち伏せには最高の場所であるがキルカメラでバレバレなので常に場所を移動するように。
また相手のブラッドレーが通る所が大体限られているので地雷等で対処しよう。
ちなみにこの拠点にはMi-24ハインドが待機している。上空からの機銃掃射で援護をしてあげよう。BH左右のミニガンの射角に注意。
ハインドにはガンナー用の機銃しかないので、ブラッドレーの相手は工兵に任せて歩兵の排除に専念する方がいいだろう。
ハインドは海上でUAVサイトに注意しつつ敵陣地の背後から機銃掃射。追い立てた敵を山頂で味方の歩兵と挟み撃ちするのが理想。
DEF側とATC側の間は丘になっているが、基本的に頂上を先に手にしたほうが有利。丘を制圧して、ATCに一人たりとも丘を越えさせずに全滅させることもできる。

ATTACKER
最後の拠点が一番攻めにくく、長期戦になると攻めるのが困難になる。
その為、好機を見計らって一気に攻めかかるのがいいだろう。歩兵とブラッドレー、UAVとの連携がキモとなる。
ちなみに通る場所も限られているので裏取りしにくくなっている。
また途中にある草むらなどには敵が待ち伏せている時があるので、敵がいるか確認しつつ前進しなければあっという間にやられてしまうので気をつけたい。
ハインドが飛んできたら偵察兵はM95で早めに叩き落したい。下手に突っ込むと集中攻撃を受けてしまうので、最後もAT4による遠距離破壊をお勧めする。遠距離破壊を行う場合は、他の兵科は工兵の援護を最優先に行いたい。
何はともあれ、基地前の丘は絶対に死守しなければならない。DEF側に丘を制圧されるとほぼ詰みである。
上へ



Squad Deathmatch解説

拠点 名称 ATTACKER DEFFENDER
1 不明
2 不明
3 不明
4 不明

マップ全体解説

ラッシュ第2拠点の漁村が舞台のこじんまりとした細長いマップ。この狭い地点に最大4部隊がリスポンする様はカオス。高低差をいかに味方に付け、『敵の意表を突く地点』を確保するかに掛かっている。

攻略ポイント

/
/
/
上へ
添付ファイル