動画を作る際に重要だと思うこと

作成中





動画を作る際に個人的に重要だと思うことは、
テーマと、テンポと、オリジナリティの三点だと思います。
これは「イベントシーン重視の東方GTA」に限った話ではなく、
例えば単なるGTAプレイ動画であっても、それ以外の様々なジャンルでも同じ事で、
「他の作品よりも面白い動画」というのは、意図的にそうしたかどうかは別にして、
基本的にはテーマ、テンポ、オリジナリティがきちんと確立されていると思います。

大雑把に言えば、
テーマは「伝えたい主題がきちんとあること」
テンポは「飽きさせない事」
オリジナリティは「その動画ならではのウリがあること」
の三点で、更に細かく言うと、

+テーマ
テーマとはつまり「その動画で”何を見せる”のか」ということ。
言い方を変えれば「どういう方向性で視聴してもらうか」を
視聴者に明確かつ簡潔かつ速やかに伝えることが重要です。
これは、視聴者をがっかりさせない為のポイントとなります。
画面の隅々、台詞の端々にまで気をくばって見るのは難しいので
「どこに注目して欲しいか」は明確にする必要があります。
テーマをきちんと過不足なく伝えていれば、見る側としても
「作者が狙った方向性の期待感」をもって見てくれる為、
結果として「期待はずれ」というストレスを感じにくくなります。
+テンポ
テンポは、既に述べたとおり「飽きさせない事」。
面白いかどうかより、飽きさせない事の方がある意味で重要だと思います。
もちろん本当は「面白ければ飽きない」わけですが、
「面白くしよう!」とだけ思っていると、結果として「飽きる」動画になり、
つまり「面白くない」動画になってしまう事が往々にしてあります。
「飽きる」要因は一言で言えば「刺激が無い」ということで、
では、刺激とは何かといえばそれは「変化」です。
ここでしばしば勘違いしがちですが、いわゆる「刺激的なシーン」が多ければ
「刺激の多い動画」になるのか、といえばそれは違います。
なぜなら人間が同じ刺激に対して「慣れ」るのは案外早いため、
単に「刺激的なシーン(例:戦闘シーン)」を延々流しているだけでは、
すぐに刺激に慣れてしまい、結果として刺激を感じない=飽きる、となってしまいます。

テンポを保つ、一番単純な方法は「似たようなシーンの時間を短くする」事です。
私の個人的な感覚で言えば、人間、同じようなシーンに飽きを感じない限界は
せいぜい30秒、頑張っても1分だと思いますので、
大体おなじ構成のシーンは、基本的に1分を超えないようにしています。
そしてもう一つ、既に述べた事ですが「変化をつける」ことです。
30秒ごとに場面転換をしたとしても、同じようなシーンの繰り返しでは
トータルとして「変化が無い」のと変わらなくなってしまう為、
同じようなシーン(会話、戦闘など)が複数ある場合は、
個々のシーンに対して「構成の区別」をつけたほうが良いです。
(例えば、話の上で大して重要で無い戦闘はダイジェスト風に短く。
 重要な戦闘は長めに流す、等)

つまり単純化して言えば、あるシーン(動画全体も)が長ければ長いほど、
「飽きない」ようにするのは飛躍的に難しくなっていきますが、
しかし、短ければそれでいいのか?といえば必ずしもそうではなく、
理想的なテンポをつくるには「間」も必要となってきます。
(以下、加筆中)
+オリジナリティ
これは、面白い動画を作る上で絶対必須、というわけではない条件ですが、
しかし「ハードルを下げる」という意味で押さえておきたいポイントです。
なぜなら「二番煎じ」というのは、それだけで見る側の「面白さのハードル」
が引きあがる難条件であり、先駆者を越える、もしくは最低限比肩しうるだけの、
「誰かと比較して同程度、ないしそれ以上のセンス」が要求されるわけですし、
それに加えて「見たことのあるネタは、飽きられやすい」というハードルもあり、
これらを総合すると、先駆者がいてノウハウが判っている分「作りやすい」
かも知れませんが、面白くするのは逆に難しいのです。

しかし、独自性の高い作品であればそもそも「比較対象が無い」上に、
「見た事が無い」というアドバンテージがあり、言い方は悪いですが
「二番煎じよりも、要求されるセンスのレベルはずっと低い」と思います。
といっても、1から完全オリジナルの作品をつくるのはとても大変なので、
楽な方法の一つとしては
「既存の高評価作品を参考に、それと差をつける」
ことが挙げられると思います。
つまり高評価作品がやってる事をそのまま真似るのではなく、
少し切り口を変えてやってみる、と言ったような事です。

例:「GTAのミッションを鮮やかにクリアしていく動画」を参考にして、
  「GTAのミッションを面白おかしく失敗する動画」を作ってみる、等。

といった感じになるのではないかと思います。
もちろん、これは私個人の考え方で、絶対の正解ではないですが、
多少なりと参考になれば幸いです。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。