テクスチャを軽くする


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

マシンパワーに余裕がない環境の場合、
ポリゴン数が多く、テクスチャも細かいアニメ系MODは
とかく処理を圧迫しがちで、最悪、ゲームが落ちます。

根本的な対策としては、マシンパワーを上げる以外にないのですが、
それ以外のちょっとした小技として「テクスチャの解像度を落とす」
といった手段があります。

必要なソフトは例によってIMGtoolとTXDworkshop、
それと、画像縮小用のソフト(探せば、フリーでも色々あります)です。

まず、対象のモデルのTXDファイルを開き、
Exportメニューから「Export all textures to BMP」を選びます。

すると、TXD内の全テクスチャが指定した場所にBMP出力されるので、
これらを全て等比縮小(縦横の比を変えずに縮小)します。
基本的には、元テクスチャの半分の大きさが良いと思います。
(ゲーム中での見た目のクオリティに、大きな違いが出にくい為)

縮小したら、それらを全てTXDファイル内にimportで書き戻します。
各テクスチャの「Size」の数値が、縮小した数値になっていれば成功です。


なお余談ながら、この逆で「解像度を上げる」事も出来ます。
例えばゲーム中の「ローライダー」などの特殊ペイントを自分で書きたい、という時などに、
デフォルトのテクスチャ解像度だと画像が小さく、見た目もかなり荒くなりますが、
二倍とか四倍に拡大したテクスチャなら、細かい表現が可能になります。

それとキャラMODの場合、縮小のブレイクポイントは一般的な東方GTAMODなら512×512です。
このサイズまでなら動画にした場合、アップなどでも視認できるレベルの違いはでません。
さらにこの半分、256×256にすると、遠目には判りませんが、
アップになると判る程度の違いが出ます。
そしてその半分、128×128だと遠目にも判るレベルの荒さになります。
最後に、まずやらないと思いますが64×64は、もはやテクスチャがほぼ意味を成しません。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。