透明キャラ/アイテムの作り方


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

GTASA内のポリゴンモデルを、透明化して見えなくする方法を解説します。
この作業にはimgtoolとTXDWorkshopが必要となりますので、適宜入手してください。

1:TXDの抽出とテクスチャの抽出
 透明化したいモデルのTXDファイルを、imgtoolで抽出します。
 抽出したTXDファイルをTXDworkshopで開き、
 中に含まれているテクスチャを、一通りBMP出力します。

2:テクスチャの塗りつぶし
 出力したテクスチャを全て、ペイントソフトなどで開いて
 黒一色(RGB0.0.0)で塗りつぶして保存します。

3:αチャンネルの有効化
  再びTXDworkshopでTXDファイルを開き、
  透明化するテクスチャの上で右クリックしてメニューを開きます。
  出てきたメニューの「alpha used」のチェックをいれ、メニューを閉じます。
  テクスチャが複数ある場合は、各テクスチャごとにこの操作を行ってください。

4:テクスチャのインポート
  TXDworkshopで、透明化するテクスチャを選択した状態で、
  ウィンドウ右下の方にある表示タブを「alpha/mask」に切り替え、
  その状態で、1~2で出力して黒塗りしたBMPファイルをインポートします。
  この時インポートするBMPは、テクスチャと同サイズでなければなりません。
  (出力したテクスチャを黒塗りしてるのは、そのため)。
  複数のテクスチャがある場合は、各テクスチャごとにこの操作を行ってください。

5:導入
  保存し、imgtoolで元のTXDと入れ替えてみて、ゲームを起動してください。
  目的のモデルが透明になっていれば成功です。



おまけ;αチャンネルの仕組み
 ここで使っている「αチャンネル」とは、画像に透過率を付加する機能で、
 本来の画像とは別にαチャンネル画像(透過率情報の画像。ここでは、2で作ってる黒BMP)を用意し、
 両者をかけ合せることで、本来の画像の一部ないし全体を、任意に透明化する事ができます。
 αチャンネル画像では、白(RGB255,255,255)の部分は完全に不透明、
 黒(RGB0,0,0)の場合は完全な透明として扱われるので、2で黒塗りするのを一部だけにとどめれば、
 部分的な透明化なども可能になります。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。