その1・ツールの使い道


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

オリジナルのカットシーンを作る為の方法は色々あり、
手間と時間を惜しまないならIFP等をいじることで
ゲーム中のカットシーン並みの細かい動きも可能ですが、
そういった高等技術は独学していただくとして、
当サイトでは「学ぶことを少なめにして、手軽にできる」
をコンセプトに解説したいと思います。

シーンを作る際にまず必要なのは、どのツールでどんなことができるか、
という事を一通り把握することです。
当サイトで紹介しているツールの範囲では、大雑把に下記のようなことが出来ます。
なおこれらがどういう意味を持つかは、実際に作る手順の際に解説しますので、
ここでは、とりあえず簡単に目を通す程度で構いません。

DYOM

出来ること
複数のキャラにポーズを取らせられる。
カメラ位置、キャラの位置等を完全に同じにして別の動きをさせられる。
出来ないこと
キャラの動きの変化(例:立ち止まってる→歩く、あるいはその逆、等)はできない。
但し、戦闘シーンに関してのみ例外(別項にて解説)。
カメラに動きをつけるシーンはできない。

演技CS

出来ること
DYOMではできないポーズがとれる。
動きの変化をつけられる。
出来ないこと
動かせるのはプレイヤー一人だけで、NPCの動き・ポーズは制御できない

SACAMHACK

出来ること
カメラを任意の位置に移動できる。
カメラを動かしながらの撮影が出来る。
出来ないこと
屋内マップだと、使用不能ではないが制御が不安定になる。

BC7MOD

BC7MODは「これがなければできない」事はほぼ無いですが、
「場所の移動」「天候/時刻の操作」「プレイヤーの状態制御」
「車の呼び出し」を、ちょっと行いたいときに便利です。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。