スーパープリンセスピーチ レビュー

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

任天堂スーパープリンセスピーチ【DS】

よい点

懐かしのカメ一族が再登場しているところ。
純粋なマリオ系の横スクロールアクションは久しぶりでは。

難易度が簡単すぎるとの評判ですが、純粋なアクションゲームを離れていた私にはちょうど良かった。
アクションゲームではなく、キノピオを探して助けるパズルゲームだと割り切ってゲームすればある程度楽しめるのでは。

「ずかん」は名前がわからなかった敵を知ったりできるのでなかなか良い。

何よりピーチに萌え。本当のターゲットは任天堂大乱闘スマッシュブラザーズX 【Wii】とかでピーチの魅力と強さに虜になった人かもしれない…。

悪い点

相手を傘でつかんで(突き刺して?)カッサーに食べさせるというゲームシステムだからかもしれないが、
クリボーなど、マリオでは踏み潰すだけで倒せた敵が、ひっくり返るだけなので、
クリボーがクリボン(スーパーマリオワールドの敵)にみたいでした。

喜怒哀楽システムが、謎解きかボス戦くらいでしか(基本的には)使い道がなく、

バブルやファイアバーなどの炎系の敵が「哀」の涙で消えなく、(ファイアボールが効かないメット系の)トゲメットが「怒」の炎で倒せるなど、
ぜんぜん属性を生かしていないと感じました。

キノピオキャリーのLv9、謎の星型の敵(?)など、ピンポイント的に難しいというより、どうしようもなくクリアしようがない箇所があったのは問題。


このゲームの少し後に同じDSで発売された、

スクウェア・エニックス スライムもりもりドラゴンクエスト2 大戦車としっぽ団 NDS

というゲームを同時にやりましたので、それと比べて、

どちらも「キノピオ」「スライム」を助けるゲームであり

(実際、開発元が一緒のようです。)

大きな違いは「スーパープリンセスピーチ」が

全部助けないとラスボスと戦えない。

のであり、
[NDS] アルティメットヒッツ スライムもりもりドラゴンクエスト2 大戦車としっぽ団 [NDS]

全部助けなくてもボスと戦えるが、エンディングをむかえない。

のであります。

前者はカッサーが理由づけもなく「つれてくるカサー」というだけで、理不尽さを感じ、

後者はラスボス戦後に気持ちよくエンディングを迎えないので(全部捜し出せば迎えられるが)達成感がありません。

結局ラスボスを倒すのか、仲間を捜すのか、目的は、はっきりさせたほうが良かったと思いました。


[本/雑誌] スーパープリンセスピーチ 任天堂公式ガイドブック (単行本・ムック)


任天堂 スーパープリンセスピーチ NDS


PR(以下の広告はブログとは無関係です)

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。