名曲に言葉の壁はない

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

由紀さおり&ピンク・マルティーニ『1969』、日本の歌謡曲でiTunes全米ジャズチャートで1位獲得


[CD] カバーアルバム With Pink Martini(『1969』)

やれ「全米デビューだ」とかいって、日本人がヘッタクソな英語で歌っても多人種が共存しているアメリカでは、「ありきたりな言語で歌うヘタクソな歌手」としかみないわけです。
しかし、日本語の歌はそれだけでものめずらしい異国の歌になります。
きちんと歌えば歌詞がわからなくても共感を得るわけです。

日本では「ガイジン」というだけで珍しがります。
しかし日本語以外の言語はまるでちんぷんかんぷんです。
しかし、日本語で歌ってくれれば諸手を挙げて評価します。

日本人がK-POPを批判するのは南朝鮮人だから。
欧米人がK-POPを批判するのはヘタクソだから。

人種で評価するのが日本人、実力で評価するのが欧米人。

気づきましょう。その国の言語で歌った瞬間にその国の「邦楽」になることを。

しかし、由紀 さおりwith安田祥子といえば紅白の常連ですが、今年はどうでしょうか。
ヒットしたのは年末ですから選考に間にあわない可能性が高いです。
誰もが忘れた翌年の紅白にひょっこり「今さら」登場するかもしれません。

やっぱり今年はガキだけでしょうか?


[DVD] ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! (祝)通算300万枚突破記念DVD永久保存版 14 (負)大メインクライマックス2008 山崎VSモリマン炎のファイナルリベンジマッチ

※ 関連項目

宇多田「買うなよ!買うなよ!ぜ・っ・た・いに買うなよ!

”和製ガガ”って小林幸子のことだろ

長~♪州~♪力~♪

ネトウヨ「花王とするな!

3分でステージが空【KARA】に

嫌日派の呪い!?


EMIミュージック 由紀さおり/カバーアルバム With Pink Martini (『1969』)【音楽CD】


PR(以下の広告はブログとは無関係です)

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。