レイ「さすがにお餅も飽きたんだけど」
ルリ「むしろよくここまでずっとお餅ばかり食べられましたね」
有希「私は一向に構わない(モグモグ」
レイ「有希、食べながら喋ったらダメ」

有希「……(モグモグ……ゴクリ
    お餅には無限の可能性がある。情報統合思念体も興味を抱いている」
ルリ「どんだけ庶民的な宇宙人ですか」
レイ「お餅で宇宙が救われたりするのね、きっと。お餅は宇宙の救世主だったのよ」
ルリ「な、なんだってー(棒読み」

 


綾波「碇君はお餅をくれるので好き」
シンジ「え?何?催促なの?僕催促されてるの?」
綾波「碇君大好き」
シンジ「そんな潤んだ瞳で見上げられても…残念だけど今は持ってないよ」
綾波「……」
シンジ「うわ…何その凄く不満気な顔…」
綾波「世の中ギブアンドテイクが必要だと思うの」
シンジ「そうだね。綾波も僕に何かをテイクしてくれても罰は当たらないと思うよ」

綾波「…今はストレスとか苛立ちくらいしか上げられないわ」
シンジ「そんなの要らないよ!持って帰ってよ!」
綾波「ならお餅を頂戴」
シンジ「だから飴は無いんだってば…」
綾波「なら悪戯するわ」
シンジ「そうだね。ハロウィンだね。って止めてよ綾波!止め…アッー!」






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー