ババ抜き、ラスト

レイ「さぁ、早く引くのよ、ルリ」
ルリ「う~ん迷いますね。
(姉二人は全く表情が読めないのでこの手のゲームは苦手です…)」
レイ「ふふ…バァさんは用済み。ルリにあげるわ」
ルリ「お風呂掃除がかかってますからね。負けられません」
有希「ざわ…ざわざわ」
レイ「さぁ引け…!引くんだっ……!」
ルリ「う~ん。レイ姉無表情すぎです」
有希「レイとルリのババ抜き勝負…!決着へ―――!」
ルリ「…」
レイ「頼む神様…一度だけ…このか弱い橋を渡らs…」
ルリ「こっちです(ヒョイ」
レイ「あっ」
ゲンドウ「決着……!」

 

 

「「「…………………!!!」」」


ルリ「もしもし?冬月さんいますか」

有希「不覚…。今回は気付くのが遅れた。自然すぎて」
レイ「そうね、すごく自然だったもの。・・それよりお腹減ったわ」
ルリ「(順応すんなよ・・・)」






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー