レイ 「ただいま」
有希 「お帰りなさい」
ルリ 「お帰りなさい
で、その荷物は何ですか?」
レイ 「加持リョウジ謹製の[西瓜米]
きみの家族は沢山食べるだろって」
有希 「かなり上質な白米
ルリ、早急に炊飯を」
ルリ 「名前はともかく、これで、当分の食費が浮きます
後で、加持さんにお礼を言わないといけませんね」
有希 「ルリ、炊飯を」
ルリ 「はいはい、解りました」
レイ 「一人でこれを持って来た私にかける言葉はないの?」
ルリ 「玄関から、零号機の足が見えてますよ」
有希 「確かに姉さんは、此処まで一人で運んで来た
ただし、零号機を使用したので、姉さん自体の労力は、ほぼ皆無」
レイ 「いぢわる」






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー