つぶらな瞳が私を見つめてます。なんて可愛いらしいわんこでしょう。
私は、わんこの前にしゃがみ込むと、なでたい衝動をおさえきれず、
そっと頭をなでてみます。するとわんこは、目を細めて気持ち良さそうに。
 私の手が、そっと押し返されます。わんこが頭を押し付けてきてるのです。
まるで、もっとなでて欲しいと言っているよう。
 さらになでてあげると、わんこは尻尾を振ってこたえてくれます。
 あぁ、とても幸せな気持ちになってきました。

 思わずわんこを抱きしめようとしたその時、誰かが私の頭をなでました。


「あ……」
 振り向くと、アキトさん。
「やあ、ルリちゃん。猫スーツ着て、何してるんだい?」
 あれ?おかしいな。言われて初めて気付きました。
 私、猫スーツ着ています。どうしてでしょう?
「その犬どうしたんだい?」
「……頭をなでてあげると、気持ちよさそうにしてくれますので、つい……」
 アキトさんを見上げたまま、意味不明なことを言ってしまいました。
 何が、つい、なのでしょう。
「ほんとだ、気持ちよさそうだね。じゃあ俺はルリちゃんをなでてあげるよ」
 アキトさんまで意味不明なことを言って、私の頭をなでてきます。
 自分でもはっきりとわかります。見るみるうちに、頬が赤くなっていくのが。
 耐え切れなくてそっぽを向いたけど、その動作があまりに不自然で、
私が照れていることをアキトさんに悟られてしまいそうで、ますます
顔に血がのぼってきます。
 犬をなでている私をなでるアキトさん。
 不思議な状況のまま、固まってしまいました。
 だってこんなの、動けない…………

 


レイ「ルリが昼寝をしたまま、にやけた顔をしていると思ったら、そういうことだったの」
翠星石「面白いものが見れると呼ばれて来てみたら、予想の枠をはるかに超えたお宝映像ですぅ。
    ルリルリはいつもこんな夢を見てるんですか」
有希「夢にしては妄想的な、余りに妄想的な」
レイ「覗かれていることに気付いて目を覚まさないうちに、退散しましょう」






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー