もし、BBQをしたら…
レイは野菜ばかり食べるオカンポジション
ルリは焼くばかりのオカンポジション
食べる専門の有希


ルリ「(あ、また有希姉に取られた…)」
アキト「後は俺がやるよ。ルリちゃんは食べて。」
ルリ「ありがとう、ございます。アキトさん…。」
アキト「ほら、遠慮しないで食べて食べて。」

有希「…。」
キョン「珍しいな、長門。食べないのか?」


――有希のテーブル

ハルヒ「ちょっと有希! 肉肉野菜肉でしょ! ほら!(ヒョイヒョイ」

キョン「いやいや肉の割合多いだろ。もう少し野菜をだな……これとかいい感じだな。そら(ヒョイ」

有希「……(モグモグ」

一樹「心温まる光景ですね。お世辞でも誇張でもなく」

みくる「長門さんのポジションも含めて、既定事項の一つなんでしょうか~……」

一樹「どうでしょうね。ただ、SOS団内でのバランスという店においては、今のこの光景は作為的であるにせよ
    なんにせよ、よい事だと思いますよ」

みくる「そうですね。みんな仲良く楽しめるなら一番です」

涼子「さすが長門さん、いい食べっぷりね♪ 具材はどんどん切って(斬って)くから安心してね♪(サクッサクッ 」

 

――ルリのテーブル

ユリカ「ユリカもお肉焼きたいぃ~!!」

アキト「お前がやったらどんな肉でも黒焦げになるじゃねーか!」

ユリカ「いーもんいーもん! ルリちゃん、一枚でいいから焼かせて♪」

ルリ「いいですけど、それ、自分で食べてくださいね?」

ユリカ「……うわーん! それじゃ意味ないよー! ルリちゃんに食べさせてあげたいのにー!」

ルリ「気持ちだけは受け取っておきます。食べさせるのはアキトさん担当と言う事で我慢して下さい」

アキト「ちょっ、ルリちゃん!?」

 

――レイのテーブル

レイ「……碇君、私もあれ、やってみたい……」

シンジ「え!? な、なにを??」

アスカ「大体アンタ肉食えないでしょーが……ていうか変な想像してんじゃないわよバカシンジ!!」

ゲンドウ「やらないか」

レイ「やりません」

ゲンドウ「……シンジ、肉、焼けてるぞ」

シンジ「えっ、あっ、ありがとぅ……(父さんもずいぶん変わったなあ…」

ミサト「夏といえばビール! 夏といえばバーベキュー! バーベキューといえばビール! 最高よね~♪」

リツコ「あなたホント、生き方自体が『とりあえずビール』って感じね……」






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー