ここは戦艦ナデシコ艦内。今日はユリカの頼みでルリの姉妹も搭乗していた。

ユリカ 「レイちゃんは巨大ロボット操縦してるんだって?どうエステバリス乗ってみない?」
レイ 「ロボットじゃない。汎用人型決戦兵器人造人間エヴァンゲリオン」
ルリ 「でもアレを動かすにはIFSが必要です」
ユキ 「問題ない」
そう言うとユキはレイの腕を甘噛みした。
ユキ 「簡易IFSを注入した」
レイ 「まだ乗るって言ってないのに…」

そして試乗運転中に敵が現れるのはお約束。

ユリカ 「エステバリス発進急いで下さい。レイちゃん急いで戻ってー」
レイ 「大丈夫、戦えます。それに…私が死んでも替わりがいるもの…」
ウリバタケ 「まってくれぇぇぇ!エステバリスの替わりはないんだぁぁぁ!」

無事?戦闘も終了し、いつもの日常が戻るナデシコ艦内。
だが爆弾発言したウリバタケ班長の運命やいかに!まて次号! (続かない)





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー