レイ「最近は色んなチョコレートがあるわね…」
ルリ「バレンタインの話ですか?今度は何を思いついたんです?」
レイ「カカオ72%とか99%とか」
ルリ「ああ、あの苦いチョコレートですね。それがどうしたんです?」
レイ「あれが許されるなら、これでもいけるんじゃないかと思うの」

ごそっとレイが取り出したのはカカオ豆。

レイ「カカオ100%」
有希「ユニーク」
ルリ「そんなの渡されても困りますよ、シンジさん。そのままじゃ食べられませんし」
レイ「ルリのも用意してある」
ルリ「私はちゃんとしたのを用意します!」





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー