ルリ「有希姉、そろそろレイ姉を起こしてきた方が・・」
ガチャ
ルリ「ブッー!!」
有希「牛乳と言えど食べ物を粗末にするのは、世間一般の常識及び、
    この家の経済状況を鑑みるまでもなく・・
レイ「おはよう。今日は自分で起きる事ができたわ。どう、すごいでしょう?」
ルリ「ええ。確かに。って、何て格好をしてるですか姉さん!」
レイ「あら?やっぱりこの色だと私に似合わない?私の髪と瞳って特殊だし。
   そう言えばあなたも変わっている。お互いカラーコーディネイトで苦労するわね。」
ルリ「ええ。まあ確かに。って、そうじゃなくて・・・」
有希「この場合、色の問題ではなく、世間一般の常識及び、現在の気象状況に則してみれば、
   あなたの今の外見は我々、又、他の人間にとって尋常ではない。即ち、ユニーク。」
ルリ「ええ。まったく。確かに。何でそんな素っ頓狂な、ハ、裸にリボンを巻いてるだけ、なんて・・
   一体、今回は何に影響されたんですか?そもそも何で・・チャッチャと説明して下さい。!」
レイ「だって今日はバレンタインですもの。今年はチョコを見付けられ・・あげられないし。」
有希「あなたは甘い。世間一般の常識及び、この家の住環境を考慮すれば、発見は可能。
   それは、冷蔵庫の野菜室。」
ルリ「ええ。確か・に。ん?違います!」
有希「そんな筈はない。それなら、情報連結の解除を要求・・
レイ「あ!ほんとだ。こんなトコに。綺麗にラッピングまでして。今回も勿論手作りでしょ?」
ルリ「ええ・・。まあ・・。確かに・・。///・・そ、そうじゃなくて、何で裸リボン(ワー///
   バッカみたい・・何でこんな事言わなくちゃ・・)・・は、恥ずかしくないんですか?」
レイ「平気。チョコは無くても、私が居るもの。」
有希「つまり、チョコをプレゼントする代わりに自分自身を与えると言う事。終極的には同じ。
   非常に合理的。恋愛とは与えるもの。与えられずとも、そうせずには居られない。」
ルリ「え・ええ。た・確かに、そ、そうかもしれません・・。(ゆ、有希姉ど、どうしちゃったの
   かしら?)で、でも、やっぱりお互いを補ってこその恋愛じゃ?人を唯好きになる事で得られる
   幸福というのも、ある意味、その人から与えられたって考えられるんじゃないでしょうか?
   一方的に与えるだけ、という恋愛観にはどうしても同意できません。いえ、間違ってます!」
レイ「落ちついて。二人とも若いわね。」
有希「それは正しくはない。あなたと我々の年の差を世間一般の常識・・そもそも、あなたの今、
   現在の外観にかかわる問題について論じるべき。」
ルリ「ええ。確かにその通り。」
レイ「やっぱりダメかしら?」
有希「ええ。確実に。」
ルリ(や、やっと話が通じた!)
有希「裸にリボンだけなど言語道断。靴下は必着。」
ルリ「え・・ええ?エッー!!!」





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー