2-115の続きです。


この前の騒動から一週間が経ち、娘の突然の異変に当惑したパパ達がルリに事情を訊きに二人が居ないのを見計らって家に訪れた。

 主流派「うぅ、ううぅ……、有希が…有希がぁ…」
ゲンドウ「レイ…。私ではなくシンジを選んだと言うのか…?」
 主流派「ゆぅーーきぃーーーー!!」
ゲンドウ「…計画の予定を早めるしかいな……」
 急進派「涼子ちゃんに殺してもらうのが一番だろ☆ ハイ、こ・ろ・せ! こ・ろ・せ!」
  ルリ「………」
 穏健派「まぁまぁ、二人とも気を確かに。急進派も煽らないで。家の江美里とルリちゃんに
     取り持ってもらう様に頼むから。彼らの誤解が解ければ丸く収まる訳だし。ね?ね?」
 主流派「本当?」
 穏健派「本当。」
 主流派「一緒にお風呂入ってくれるようになる?」
ゲンドウ「『パパのお嫁さんになる。』って言ってくれるというのか?」
  ルリ「………」
 穏健派「………」
 急進派「うん。それ無理☆」
 主流派「ゆぅううきぃぃいい!!」
ゲンドウ「れぇええいぃぃぃぃ!!」
 主&ゲ「かむばぁぁぁぁっくぅ!!!!」

  ルリ「ばかばっか。」


次回仲直り編に続く?





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー