ハードコアモード TYPE:G "TOUCH ME SOFTLY"

 残機数:1 被ダメージ(跳弾時):x0.7 被ダメージ:x0.7 ダメージ(跳弾時):x0.7 ダメージ:x0.7 報酬:x0.5 修理費:x2.0


基本事項

概要・注意点

  • TYPE:Eと同様にノーコンティニュークリアを目指すモード。今回はこちらが与えるダメージも0.7倍となる。
    • 一見対等に見えるが、与ダメージが0.7倍=クリアに必要な時間・弾薬が約1.4倍になるということ。
    • クリアにかかる時間が長くなれば、それだけ事故る確率も増加する。TYPE:E以上にエリアオーバーには注意したい。
  • 残機数:1に目を奪われがちだが、このモードで真に辛いのは金銭面。報酬が半分になるばかりか、修理費も2倍。
    • 報酬半分というのは思った以上に厳しい。節制さえすればだんだん資金に余裕の出てくるTYPE:Cとは異なり、最初から最後まで赤字突入の危機に見舞われる。
    • 実弾兵器は極力自重したいところだが、難関ミッションは実弾兵器に頼らざるを得ない。特に対AC2体戦でEN兵器オンリーというのは厳しく、中盤以降はほぼ確実にマイナス収支となってしまう。
  • ショップの品揃えも非常に乏しくなる。プレイヤーランクに対する補正無し・修理費2倍・クリア時間増大の三重苦でランクが全く上がらない。最終的にランクCに到達できれば上出来というレベル。
    • 余計なパーツを購入する余裕は一切無く、予めどのパーツを使うか決めておくことが重要。
  • 一度もミス出来ない・お金のやりくりが厳しいということで、タイトル通り「優しく触れる」ようなプレイスタイルが求められる。

扱いやすいパーツ


 AM/RFA-130(初期ライフル)
  • 最初から購入出来る優良パーツ。極端な話、構え武器以外のKE武器はこれだけで十分。

 ハウザー
  • 威力に対して弾薬費が安めであり、ヒートキャノンと同程度~3倍のDPSを発揮できる上に、爆風で複数の敵を同時に攻撃できる。
    • 05-2やM06など、動きの鈍い敵が密集しているミッションでは一考の価値あり。速攻でクリアすれば修理費も抑えられるのもうれしい。
    • M08でも、多数の障害物を利用したチラ撃ちができるため有効。

 パルスキャノン「Au-P-R55」
  • 割と早い段階でショップに出現する。単発威力が高い上にDPSにも優れ、しかも弾代がかからない。多くのACに大貫通するため、AC戦で速攻したい場合は検討してみよう。
    • 一方でEN消費の激しさから、速攻に失敗すると途端に苦しくなる。敵を倒しきらないうちにENが切れた場合に備え、ハンガーにサブウエポンを積んでおこう。

 各種ジャンクパーツ
  • 上述の通り金銭面が非常に厳しい。ダメージレース的には対等なので、少しでも修理費を抑えるためにあえて使うのも手。

 各種改造パーツ、廃品パーツ
  • 借金生活に突入する確率が高いため、これらを一々売っ払ってしまうよりも、そのまま使った方が良い。どうしようもない産廃だけ売って金にしよう。

 各種シールド
  • 修理費を抑えるのに役立つので、普段よりありがたみが増す。


扱いづらいパーツ


 総弾数の少ない武器全般
  • 通常の約1.4倍の弾数を消費することとなるため、キャノン等の総弾数が少なめな武器を扱う際は無駄撃ちに気を配る必要がある。

 オートキャノン
  • 報酬が半減する状態で普段の1.4倍の出費ともなれば、赤字は免れない。たとえ貫通するACが相手でも、他の攻略方法を模索したほうがいい。
    • 貫通を狙えるオトキャの星AM/ACA-218(旧カルバス)がそもそもショップに並ばない。



難関ミッション

  • ショップの品揃えが著しく悪化するので、普段の戦術が取れなくなる。普通にやっても苦戦するミッションは非常に難しくなる。

06-5
  • ビーハイヴ二人組。
  • パルスキャノンでの速攻が有効。R55の威3なら両方に貫通する。ただしこちらも派手に被弾するので、マイナス収支は避けられない。

M08
  • 死神部隊との連戦。
  • 軽タンクの両手にハウザーを、ハンガーにヒートマシンガンを積んでいくといい。KとDは着地したところにハウザーを浴びせるか、蹴って撃破する。UNACとマギーはヒートマシンガンで排除。
    • ハウザーの扱いに自信があるなら、肩部に追加弾倉を積むといい。

08-2
  • 吹雪の渓谷でAMMON Sシリーズ、ハンター、プレデターと対決。
  • CE1603以上を確保したリリス重二でハウザーを構え、プレデターと撃ち合うと良い。ダメージを抑えながら倒せる。





コメント


名前:
コメント:



|