ACVD/ARM UNIT/RIFLE

RIFLEはKE属性の銃です。
各要素において、スタンダードな性能を備え、けん制や長期戦に適しています。
  • それなりの威力の弾をそれなりの弾速でそれなりの間隔で撃つおなじみの汎用武装。
  • 装弾数が多く近中距離戦では安定した火力を出せる為、どんな機体が持っても頼りになる。
    • 逆に言えば多くのプレイヤーがその安定した性能を警戒しているため、予め跳弾に必要なKE防御を確保して対策されやすい。パーツ単体の性能だけでなくメタ環境によっても相対的な優劣が左右される対戦においては、ストーリーミッションほど万能とは行かなくなる。
  • 装備時の消費ENが高めのものもあり、また平均以上の重量もあるため、重逆など積載ペナルティの大きい脚部ならハンガーにぶら下げておくだけでも機動性に響く。汎用武器といえども「とりあえず」積んでおくのではなく、使用方法を明確にした上での搭載が求められる。
  • 跳弾されても物によってはそこそこ削れるDPSも魅力の一つだが、だからと言って最初から跳弾される前提で運用してはガトリングの下位互換になってしまう。あくまでも基本は貫通を狙おう。
    • 特にオンライン対戦では上記の通り警戒されているが故に、これ単体で貫通できる相手はそう多くない。真価を発揮するには、衝撃武器と合わせて防御低下したところに撃ち込む等の工夫が必要となる。
  • 大きく分けて単体での貫通能力の高いAuシリーズ、DPSとロックに優れ衝撃武器との運用に適したRAシリーズ、総火力に優れたISONOGAMIシリーズが存在する。
1.04
  • 全モデルで威力保証距離と射撃安定率(Knave以外)が向上。更に、それぞれの長所を伸ばす形で個別調整が入った。 ISONOKAMI以外はな!!
1.05
  • 一部ライフルのリロードが減少。ついでにAu-B-A17(旧タンジー)は発射速度も減少。何故じゃ。
1.06
  • Au-B-A17の発射速度だけ元に戻る。



+ パラメータ説明

D/URF-15

ジャンクパーツ:[KE攻撃]
スタンダードな威力と弾数を備えたライフルです。破損のため、性能が劣化しています。
価格 -
レギュレーション 1.04 1.00
重量 501
消費EN 689
攻撃力:KE 979
衝撃力 407
装弾数 420
リロード時間 31
基本ロックオン時間 85
発射速度 428
威力保証距離 ▲255 140
減衰率 38
射撃安定率 ▲97 95
弾単価 10

AM/RFA-130

量産パーツ:[KE攻撃]
リロード時間の短い速射型ライフルです。近距離での使用に適しています。
価格 30000Au
レギュレーション 1.05 1.04 1.00
重量 477
消費EN 648
攻撃力:KE 1054
衝撃力 447
装弾数 450
リロード時間 ▽21 ▲19 23
基本ロックオン時間 78
発射速度 444
威力保証距離 ▲248 143
減衰率 40
射撃安定率 ▲97 96
弾単価 10
  • 旧:ヴァルドスタ。
  • これのジャンク版がACVの初期装備になっているので、前作における「初期ライフル」ポジションはこれ。例に漏れずライフル中では低負荷。
  • ライフル系で最高のDPSを誇っており、加えて最軽量。総火力も豊富でミッションの初攻略では役に立つ。
Ver1.04
  • リロードが早くなり、威力保障距離も伸びた。
Ver1.05
  • ガトリングを喰うDPSだったため、リロードが弱体化。
  • 連射特化でも全てのCE・TE盾を貫通可能な為盾割り性能抜群。これはガトショには無い大きな強み。

+ 強化後のパラメータ

ISONOKAMI mdl.1

量産パーツ:[KE攻撃]
大型の弾倉を備えた、装弾数の多いライフルです。
価格 30000Au
レギュレーション 1.04 1.00
重量 514
消費EN 624
攻撃力:KE 915
衝撃力 417
装弾数 680
リロード時間 25
基本ロックオン時間 68
発射速度 404
威力保証距離 ▲330 180
減衰率 36
射撃安定率 ▲95 91
弾単価 10
  • 小さい弁当箱
  • 後発型のモデル2と比較して装備負荷とDPSに優れるがいずれも誤差に近いレベルであり、攻撃力や発射速度の差で水を空けられている感がある。
  • 名前のネタは最古の神宮と言われる『石上』か。「源氏物語」…とは特に縁は無い。

1.04
  • 一律調整で保証距離と安定率が上がった。
    • 他カテゴリでもそうだが弾数特化武器は中々調整されない傾向にある。ストミ用という事か?
  • 個別調整は入らなかったが、保障距離は他に比べてかなり伸びている。とはいえ没個性の感は拭えず。

+ 強化後のパラメータ

Au-B-A04

量産パーツ:[KE攻撃]
単発の威力を重視した突撃型のライフルです。
価格 30000Au
レギュレーション 1.04 1.00
重量 534
消費EN 803
攻撃力:KE ▲1285 1225
衝撃力 688
装弾数 280
リロード時間 47
基本ロックオン時間 105
発射速度 587
威力保証距離 ▲245 170
減衰率 58
射撃安定率 ▲97 93
弾単価 10
  • 旧:カレンデュラ。
  • それなりの単発威力とDPSを両立したライフル。ややロック時間に難あり。
  • 優れた命中精度を持つが、威力は比較的防御力を確保しやすい値であるため弾かれる場合も少なくない。
    • これだけを漫然と使っても大した戦果は得られない。衝撃で装甲低下した所に直撃を狙う武器。
1.04
  • 威力、保障距離が伸びたため貫通は狙いやすくなった。1671は中二以外かなり意識しないと確保できない数値。
1.05
  • これ自体に調整は入っていないが重量機のKE装甲が軒並み向上した為、またしても単独では機能し辛く。
1.06
  • KEラインが1870になった現環境でも衝撃武器(ハイスピードミサイル等)と併用すれば中・重量機の殆どを貫通させられる。 
    4脚もKC型以外は貫通しやすい。軽量機にもある程度当たる事から汎用性は高い。牽制でばら撒ける装弾数も魅力。
    • 現在のトップメタである軽量四脚は、これかパルマシが必ず通り、四脚メタとして中々優秀な組み合わせ。ただし第一KE盾には注意を要する。
  • 一方で高めの負荷と長いロック時間から、腐ってしまうと相当な重荷となる。保険がてらハンガーに吊っておく武器ではない。  
    特に苦手なのがTE中二。最悪の場合、衝撃カレンデュラも衝撃パルマシも無効化されるため手も足も出ない。
  • また可能な限りCE腕を使ってDPSを稼ぐ事。小貫通の仕様上、装甲を抜いただけでは決め手には成り辛い。
    • DPSの高さもあくまで当て続けた場合の話であり、チーム単位で見た場合スナライのように足を引っ張る事もある。マップや編成を見て使用を考えたい。


+ 強化後のパラメータ

AM/RFA-222

量産パーツ:[KE攻撃]
リロード時間の短い速射型ライフルです。単発の威力が向上しています。
価格 40000Au
レギュレーション 1.05 1.04 1.00
重量 492
消費EN 637
攻撃力:KE 1097
衝撃力 608
装弾数 530
リロード時間 ▽25 ▲22 27
基本ロックオン時間 71
発射速度 472
威力保証距離 ▲225 130
減衰率 42
射撃安定率 ▲97 95
弾単価 10
  • 見た目がAK47。旧:ジェサップ。
  • 程ほどの単発威力と優れたDPS、命中率を誇る。デザインも人気。
  • 衝撃込みの運用をしつつ、仮に衝撃が通らない時でも最低限の削り性能とスタミナを持つため汎用性が高い。
  • ストミでは初期ライフルの陰に隠れがちだが、こちらがギリギリ貫通するKE防御値のACもいる。その時はお世話になるだろう。
Ver1.04
  • リロードが短縮され、威力保障距離が伸びた。
Ver1.05
  • リロード弱体化。さすがにDPSが高すぎたか…

+ 強化後のパラメータ

AM/RFB-219

量産パーツ:[KE攻撃]
ロックオン速度に優れたライフルです。機動戦闘に適合しています。
価格 40000Au
レギュレーション 1.04 1.00
重量 488
消費EN 779
攻撃力:KE 957
衝撃力 489
装弾数 420
リロード時間 24
基本ロックオン時間 ▲32 41
発射速度 454
威力保証距離 ▲280 145
減衰率 41
射撃安定率 ▲97 95
弾単価 10
  • 旧:ひまわり
  • 重要な要素である貫通力、DPS共に初期ライフル系列と比べて分が悪く、長所であるロックオン速度が売りとしては地味なので今ひとつパっとしない。性能自体はそこまで悪くはないのだが、ちょっと不憫な子。
  • 対人戦では声がかからない地味なバランスもミッションではそこそこ活躍の機会を見出せるか。
  • 特にM10では捕捉が苦手な初心者に進めたいライフルのひとつ。
Ver1.04
  • ロックオン時間が短くなったが、元が短いのであまり変わらない。
  • 威力に2振ると威力保証距離内なら全てのCETE盾を貫通できる。優れたロックオン速度のおかげでFCSやサブコンの有無を問わず振り回せるので意外に便利。
    • ただし汎用性ではハンドガンや初期ライの方が使い勝手が圧倒的に上。決して低くない負荷もあり、運用局面はかなり選ぶ。

+ 強化後のパラメータ

AM/RFB-215

量産パーツ:[KE攻撃]
ロックオン速度に優れたライフルです。単発の威力が向上し、良好な性能バランスを備えています。
価格 40000Au
レギュレーション 1.04 1.00
重量 531
消費EN 624
攻撃力:KE 1158
衝撃力 628
装弾数 350
リロード時間 30
基本ロックオン時間 ▲45 50
発射速度 391
威力保証距離 ▲268 153
減衰率 50
射撃安定率 ▲96 94
弾単価 10
  • 旧:ランポルド
  • 前作ではKE防御の基準となる程に高性能だったが、発射速度が低下して近距離に特化した性能に。それでも単発火力とDPSは健在なのでそれなりに採用される。
  • 衝撃武器との組み合わせは防がれる相手が激増したとはいえ有効な相手には依然強力。旧カレン・AKとは抜きたい相手で使い分けたい。

1.04
  • ロックオン時間が短縮されたが、元から早いのであまり代わり映えはしない。
  • 地味に威力保障距離も大きく向上した。動かない砲台などには有効か。
  • 衝撃が入ればハバスラインのKE装甲を貫通可能。他のDPSの高いKE武器では不可能である為利用価値はなくはない。
  • とにかく発射速度が足を引っ張る。近距離戦はバトルライフルやパルスによる反撃を常に警戒せねばならず、どうにも半端な位置になっている。

+ 強化後のパラメータ

ISONOKAMI mdl.2

量産パーツ:[KE攻撃]
装弾数の多い大型ライフルです。装弾数がさらに増加し、長期戦に適合しています。
価格 40000Au
レギュレーション 1.04 1.00
重量 582
消費EN 646
攻撃力:KE 987
衝撃力 467
装弾数 770
リロード時間 28
基本ロックオン時間 64
発射速度 486
威力保証距離 ▲305 195
減衰率 35
射撃安定率 ▲96 91
弾単価 10
  • 旧:弁当箱の大きい方。弾数と射程に優れる。遠距離からとにかく垂れ流すのが主な使い方。
  • 今回は補給が廃止されたため、対人戦ではやや持て余し気味のこの総火力もストミでは頼もしい。安い弾薬費とあわせて好きなだけ撃ちまくれる。KEに弱い大ボス戦にも人気。
  • 対人では現状、貫通力のタンジー・射程のKinfolkに食われている。スタミナと削り能力はあるがそうなるとAM/RFA-130のがマシ…とやや不遇。
1.04
  • カテゴリ一律調整のみ。弾数特化武器も愛してくれフロムよ。
  • 保障距離が伸びたため遠距離でも減衰を気にせず戦えるようになった。とはいえそれを生かせるような発射速度を持っているわけではないが。
  • この度の上方修正にてより安定感が増した。対人戦を想定しなければ手軽に総火力を底上げでき、特別出撃ボス戦など高いAPを保持した敵に対して活躍が期待できる。

+ 強化後のパラメータ

Au-B-A17

量産パーツ:[KE攻撃]
単発の威力が高いライフルです。攻撃力と衝撃力が共に強化されています。
価格 40000Au
レギュレーション 1.06 1.05 1.04 1.00
重量 636
消費EN 902
攻撃力:KE ▲1402 1372
衝撃力 744
装弾数 200
リロード時間 ▽66 61
基本ロックオン時間 94
発射速度 ▲621 ▽566 621
威力保証距離 ▲215 165
減衰率 48
射撃安定率 ▲92 88
弾単価 10
  • 旧:タンジー。
  • ライフル系で最高の単発威力を誇り非常に貫通しやすい。コイツを弾くには他属性の装甲か機動力を確実に犠牲にする。ハンガーや肩にはCE、TE武器を積んで対応力を上げよう。
  • しかし重量・消費ENともに大きく、装備する側も機動力・防御力・積載量を妥協することになる。
  • 高負荷の割にDPSは低く、ダメージ覚悟で突っ込まれると辛い。射程・精度はあるので中距離牽制・削り用。
Ver1.04
  • 威力が上がったため抜ける相手が増えた。保障距離や射撃案定率も伸びたため発射速度を生かしやすくなっている。
Ver1.05
  • リロード・発射速度弱体化。
  • 上記により、数値以上にダメージを稼ぎにくくなった。肩武器と併用して、ダメージや衝撃を稼ぎたい。
Ver1.06
  • 発射速度だけ元にもどる。が、リロードは戻らなかった為DPSは低いまま。
  • レザスピ対策により同時に無効化されてしまう現環境では、立ち位置が中途半端なせいで存在価値が薄い。
  • 衝撃込みで撃つなら、単発威力を考慮にしてもカレンデュラがDPSで完全に上回る為不要。
    • カレン弾きでタンジーが貫通する機体(KE1672~1822)には有効だが、せいぜいバランス重2位の物。それすらハバスで代用されがち。
  • また遠距離から一方的に撃つ戦法ならば、砂ライの方が軽負荷なうえ堅実に戦える。
  • おまけに199腕でリロードを早めようとすると、KE防御値1575以上の相手に対しては35ガトに実DPSで劣るというジレンマ。


+ 強化後のパラメータ

AU01 Knave

量産パーツ:[KE攻撃]
スナイパーライフルに近い性格を持ち、命中精度の高いライフルです。
価格 60000Au
レギュレーション 1.04 1.00
重量 668
消費EN 784
攻撃力:KE 1092
衝撃力 726
装弾数 160
リロード時間 ▲53 73
基本ロックオン時間 110
発射速度 ▲898 698
威力保証距離 ▲322 222
減衰率 41
射撃安定率 98
弾単価 10
  • 新規追加パーツ
  • 確かに命中精度は高い・・・が、単発威力とDPSが低すぎて意味を成さない。遠距離から撃ちたければKinfolkの方が無難。
  • これが貫通する相手はAM/RFA-222やAM/RFB-215も貫通するし、そうした軽量機が相手なら接近されても対応できる前記ライフルの方が安定する。コンセプトの段階からして存在意義が危ぶまれるパーツ。
1.04
  • 遠距離向けの性能が強化され、さらにリロードが短くなったため使い勝手はやや向上した。とはいえ貫通は狙い辛くDPSも出ないので、状況はかなり選ぶ。

+ 強化後のパラメータ

AU11 Kinfolk

量産パーツ:[KE攻撃]
単発の攻撃力が高いライフルです。短期決戦向けに調整されています。
価格 70000Au
レギュレーション 1.04 1.00
重量 715
消費EN 863
攻撃力:KE 1235
衝撃力 642
装弾数 130
リロード時間 ▲72 85
基本ロックオン時間 115
発射速度 ▲952 772
威力保証距離 ▲362 262
減衰率 38
射撃安定率 ▲95 92
弾単価 10
  • ネックだった単発威力が改善され、本格的な狙撃用ライフルとして帰ってきた。一部のスナイパーライフルより長い保証距離が光る。
  • ほとんどのライフルは、例え弾かれてもこれと同等かあるいは上回るDPSが出せる。撃ち合って削り勝つのではなく撃たれずに撃つための武器であり、そのため徹底した距離維持が求められる。
  • 総火力にもやや不安が残る。撃ち合いに使うよりは序盤の牽制や引き撃ち向き。
  • ライフル中最低のDPSも、スナイパーライフルとしては中々の数値になる。それらと違い弾かれる可能性があり、大貫通が取りづらいものの、遠距離から削り取るには悪くない数値。
1.04
  • 保証距離が調整された結果、スナイパーライフルと同等以上の保証距離を得た。威力3では500を超える。発射速度もかなり強化されている。
    • その性能から特別出撃ボス、特に対LIV戦で威力を発揮する。総火力が若干不安なので増弾マガジン等で補強しておくと安心。
  • 射撃安定率も上がったが、他のライフルほど上がらなかったため、カテゴリ内ではむしろ低めの数値に。
  • Knaveや旧タンジー同様、遠距離KE武器としてはDPSが低すぎる。衝撃武器と組み合わせるなら他にDPSの出る武器があるので使い辛い。
    • 有効射程の長さも実際のオン対戦で使うには頼りない弾速であり、看板倒れの感は否めない。

+ 強化後のパラメータ

性能比較表

  • カテゴリ内の最高値を 青字 、最低値を 赤字 で記載しています。(JUNKは除く)※携帯未対応。
名称 価格 重量 消費EN 攻撃力 衝撃力 装弾数 リロード時間 基本ロックオン時間 発射速度 威力保障距離 減衰率 射撃安定率 弾単価
D/URF-15 - 501 689 979 407 420 31 85 428 255 38 97 10
AM/RFA-130 30000 477 648 1054 447 450 21 78 444 248 40 97 10
ISONOKAMI mdl.1 30000 514 624 915 417 680 25 68 404 330 36 95 10
Au-B-A04 30000 534 803 1285 688 280 47 105 587 245 58 97 10
AM/RFA-222 40000 492 637 1097 608 530 25 71 472 225 42 97 10
AM/RFB-219 40000 488 779 957 489 420 24 32 454 280 41 97 10
AM/RFB-215 40000 531 624 1158 628 350 30 45 391 268 50 96 10
ISONOKAMI mdl.2 40000 582 646 987 467 770 28 64 486 305 35 96 10
Au-B-A17 40000 636 902 1402 744 200 66 94 621 215 48 92 10
AU01 Knave 60000 668 784 1092 726 160 53 110 898 322 41 98 10
AU11 Kinfolk 70000 715 863 1235 642 130 72 115 952 362 38 95 10

撃ち続けた場合の1秒当たりの攻撃力   計算式は 攻撃力÷リロード時間×60   いずれもチューンなしの値  レギュ1.05準拠
AM/RFA-130 ISONOKAMI mdl.1 Au-B-A04 AM/RFA-222 AM/RFB-219 AM/RFB-215 ISONOKAMI mdl.2 Au-B-A17 AU01 Knave AU11 Kinfolk
3011 2196 1640 2633 2393 2316 2115 1275 1236 1029

コメント


  • V未経験者ですが、Vの頃のタンジーって安定性による高速リロードのおかげで強武器だったのでしょうか? -- (名無しさん) 2015-05-27 21:00:19
  • それ以外にも全体的に機体速度が遅かったとか、カラサワ系があまり手軽な武器じゃなかったとか、ハバスの性能がキレてなかったから高KE確保した機体が少なかったとかで、少なくとも今よりは立場があった -- (名無しさん) 2015-05-27 22:25:37
  • ランポオックスを無効化できるアセンにはほぼ必ずタンジーが抜けたから攻守共に編成バランスで意識する必要があった。脚部安定どうこうは初期限定の話 -- (名無しさん) 2015-05-28 00:18:41
  • Vは速度や燃費もあって機体ごとの防御値の違いがもっと大事だったからね。威特ストも重逆中四重四なら普通に弾いたし衝撃武器もアセンによって無効化できてた。今の中沢やラジミサみたいに問答無用で硬直とれるようなのは20キャノンくらい -- (名無しさん) 2015-05-28 00:37:19
  • ↑1・2・3 ありがとうございます。V末期の方が良かったという意見が理解できました。V末期は現状といろいろ違ったんですね -- (名無しさん) 2015-05-28 08:02:49
  • ↑にて似た比較がされていますが、削りと盾割りで使用するとして初期ライとAKを比較するならばどちらがいいでしょうか? ↑のと同じ250FCS使用です -- (名無しさん) 2015-06-17 21:00:50
  • 戦闘距離にもよる。弾速のおかげで命中率がちょっと高い代わりにDPS落としたのがAK。あとTE盾割りなら軽いし低負荷なヒトマシおすすめ -- (名無しさん) 2015-06-18 07:47:27
  • 最近カレンデュラを使う人が増えてきたって聞いたけど、使ってる人はどんな運用してる?個人的になかなかVDやる時間が取れないけど、気になったので詳しい人教えてください -- (名無しさん) 2016-05-20 00:05:28
  • そもそも別にカレンは増えてない。環境は重二増ではあるがKTタイプの採用率も相変わらず高い以上採用する理由はない。衝撃込みで運用するくらいならミドバト用意してさっさと潰しに行った方が早い -- (名無しさん) 2016-05-21 07:19:18
  • カレン使うならバラ4が幅利かせてた頃だったな。現状じゃ万能なレザミサ重をトップにそれを殺す3バトポデストで回ってるからカレンを採用するメリットが非常に弱い。ピンで強い時があるのは認めるが、そういう状況と編成は相当狭い -- (名無しさん) 2016-05-21 18:07:12
  • そうなのか…お二人ともありがとう -- (名無しさん) 2016-05-28 22:21:43
  • トップメタにヤマを張るならCE腕にハバス・ヒトマシ・カレンもたせてネリスを追っかけまわすという使い方もなくはない。まぁレザで代用効きそうだが、一応対TE脚効率では上回ってるから使いどころはなくはない -- (名無しさん) 2016-05-29 09:30:27
  • CT軽四対策兼盾割り用にインファ四とか重二が初期ライやAKを積んでたりする -- (名無しさん) 2016-05-31 13:45:44
  • 軽量機に対して安定して当てられる武器ってなんですかね?ライフルじゃなくてもいいので誰か教えてください。 -- (VでDな傭兵) 2016-08-18 23:00:14
  • 安定して当てられるようなら今頃ネリスは絶滅してるが当てやすい、ということならレザスピや砂、そしてミドミサ -- (名無しさん) 2016-08-19 02:43:57
  • ライフルの使い方がいまいち分からんのだがクラゲとかで衝撃与えながら貫通させていけばいいのか?その運用方法を取るとしたらAKは使える? -- (名無しさん) 2017-01-08 16:06:48
  • 衝撃運用であればカレン+ハバスが使えなくも無いが機動力が犠牲になる上「それを使う位ならレザスピで良いんじゃね?」ってなってしまいがち、現状はヴァルドスタ等を使っての盾割り位しか使われていない -- (名無しさん) 2017-01-08 20:01:50
  • 因みにカレン+ハバスでもパーティと相談した上で相手が重二とタンクだけであれば強い装備ではあります -- (名無しさん) 2017-01-08 20:07:20
  • ライフルは現状盾割りやごく一部の低KE機狙いのサブ武器。ミサ前提の運用は衝撃力の高いミサがKE+ライフルもKEなので盾に弱く、そうでなくともCIWSで消されがちなので安定しない為あまり使われない。衝撃ハバス意識でKEみんな確保してるのも大きい -- (名無しさん) 2017-01-09 07:34:37
  • カレハバは一見万能そうに見えるけど折角のカレンのDPSがハバスの回転と命中率に左右されて落ちるってのが残念。ネリスに刺さるのは悪くないけどロックの遅さとKE盾のせいで安定しないのもネック。バトハバの方が安定するのが現状よね -- (名無しさん) 2017-01-09 17:48:40
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る

|