ACV/対人戦研究/特殊アセン研究


特定の用途に特化し過ぎた尖ったアセンや、特殊な技能を持つプレイヤーなどが扱えば強いアセンなど、特殊なアセンを紹介・研究するページです。
テンプレ・準テンプレアセンへの移動や、こちらへの移動は、コメント欄での議論などを経てから行うことを推奨します。→テンプレアセン
また、ここに載せているのはあくまでも『一例』に過ぎないので、あまり過信しないこと。



特殊フレーム系


軽二

軽二はとにかく機動力が売りの脚部であり、単純な速度だけでなく、旋回の速さやEN消費の少なさなども加わって、他脚部とは一線を画す機動力になっている。
ただし、単純な防御力の低さだけでなく、対反動の低さによる防御低下のしやすさや硬直しやすさも加わって、圧倒的に脆くもある。
旋回を生かした張り付きを中心に、とにかく敵にとって嫌な動きをし続ける必要がある。
ジャンクを除いて4つの脚部パーツが存在するが、それなりに個性はあるので、目的や好みによって使い分けたい。

  • 省エネ型
    • UHD-22 LANCELOT、UCR-10/L AGNI、UAM-10 SEVERN、ULG-20/L
      • KE1542,CE229,TE453,目安対反動値715~
      • 主に剣豪機やパルス機で使われる、省エネ高機動軽二。
      • 限界まで積んでも衝撃力理論値のランポ(754)で防御力低下する。が、そんなランポは現在流通していないので、そのとき流行しているランポの衝撃力に合わせて対反動を調整しよう。
      • 脚部を「10/L」にするとKE防御がタンジーやオックスランポ弾きまで視野に入ってくるが、機動力が落ちるために攻撃面で扱いにくくなることも。

  • 安定重視型
    • BEOWULF HD103、UCR-10/L AGNI、KT-4S2/SVIR、ULG-09 SNOWDON
      • AP27145,KE1290,CE782,TE437,目安対反動755~
      • 防御を投げ捨てて、内部性能の高いパーツで上半身を固めたアセン。
      • 高性能ではあるが、脆すぎる。当たらなければ~が通用しないACVでは難易度が高すぎるアセン。
      • 脚部は、旋回と積載の高い「20/L」も使いやすい。跳躍の高い「09/L」も一撃離脱用として使えなくはない。「10/L」にすると、一応ランポードも弾けるようにはなるが、機動力が落ちる。
      • 軽くしたい場合、頭をアーサーやアンテナ頭、腕を軽いCE腕に変えてもよい。その場合、ランポですら防御低下しかねるが。

  • 防御重視型
    • HD-19 CHROMEYE、UCR-10/L AGNI、UAM-23/I、ULG-10/L
      • KE1535,CE320,TE914,目安対反動値755~
      • 軽二としては高い防御値。機動力は他の軽二に劣るが、それでも十分な機動力を持つ。
      • 脚部を機動力の高い他の軽二に替えると、KEが1500を大きく下回るが、一応KE1200程度のショットガンラインと素パルマシラインは両立可能。衝撃が絡むとどうせ通るランポを弾くよりは、機動力を上げた方が突撃用としては使いやすくなる場合も。

軽逆

軽逆は、高いジャンプ力と対反動能力の高さが売りの脚部である。
旋回は軽二に比べて低いので、高いジャンプ力を生かしての突然のトップアタックや、壁蹴り移動による一撃離脱戦法に向いている。
機動力は軽二ほどではないが衝撃で固まりにくいため、全力で動きまわるとなかなか捕まえられにくい。もちろん、防御力はないので撃たれ続けてはいけない。
積載が多くバランスの良い「30/L」か、圧倒的なジャンプ力を誇る「RUIZ」を用途や好みによって使い分けたい。「HUILA」を使用したアセンはさらに特殊になるので別記。

  • 省エネ型
    • RUGERRO HD35,UCR-10/A,UAM-10 SEVERN,ULG-30/L
      • AP29892,KE1794,CE289,TE430,目安対反動値1243~
      • Wトースターを装備し、省エネ高機動に仕上げた形。Wアンパルやレザブレなどに最適。
      • KE腕なため、普通の射撃武器では攻撃力が低くなりがち。積載もギリギリなため、W肩を活用した軽量な近距離・近接武器の使用に特化。
      • 内装や武装を欲張ると積載が足りなくなるため、タンジー弾きを捨ててコアをAGNIなどにするのもいい。

  • 安定重視型
    • RUGERRO HD35,UCR-10/A,ILMENAU AM28,ULG-30/L
      • AP29899,KE1557,CE572,TE394,目安対反動値1243~
      • 最低限の防御力に抑え、動かしやすさと攻撃力を重視した軽逆。
      • 積載も軽量機としては多め。内装を絞れば、軽めの手武器×4に加えてVTFミサイル程度なら搭載可能。CE腕で連射力もあるため、攻撃面に限って言えば汎用性が高い。
      • ENと積載に余裕があれば、頭部を良カメラのFUXIやBEOWULFにしたり、腕部を高安定のSVIRにしたり、脚部をジャンプ力の高いRUIZにするのもいい。
      • 積載に余裕がない場合はコアを第一世代のOSTARAに。これ以上防御の低いものを積むと、衝撃無しのランポードを弾けなくなるため危険。

  • 防御重視型
    • HD-19 CHROMEYE、UCR-10/A、UAM-23/I,ULG-30/L
      • AP35090,KE1511,CE292,TE868,目安対反動値1243~
      • 最低限のKE防御とTE防御を確保した形。内部性能も可もなく不可もなし。バランス型?
      • 腕部の安定がそこそこなW肩のため、色々できるが中途半端な攻撃性能になりがち。積載の余裕の無さも相まって、武器の選択が難しい。
      • 頭部をSEALEYE、腕部をANIMASにすると衝撃を受けてもアラキデを跳弾できるが、重すぎるために内装や武装が強く制限される。

  • 武装
    • 威特ランポ+威特USG-11/H+速特ロータス+速特ロータス+フラッシュロケット
      • ショットランポとフラッシュロケットで重量機と対反動の甘い四脚を封殺し、速特ロタで中二を始末する。でも重逆だけは勘弁な!
      • 両手をUSGにしたりロタをナパやマハオンに持ち替えたりフラロケをCIWSやヒトロケやショートミサイルに替えたりなど、武装は戦闘スタイルに合わせて。
      • ハマれば同じ重量機キラーの軽装重逆より更に高いポテンシャルを発揮するが、ハマらなければ軽装重逆以上に脆いわけのわからない鉄屑になるので注意。

装甲軽逆(ULG-31 HUILA)

ULG-31 HUILA を使った防御タイプの軽逆。
軽量機というカテゴリでありながら高いAPと装甲値(最大で衝撃ランポ《KE1883》とSアンプアラキデ《TE1125》まで)を両立できる。
いわゆるハンドガンとセットで撃たれやすいランポやパルマシを弾くアセンを軽逆で組めるというもの。また味方重量機をタンジーから守ることが出来る。
ただ軽逆というよりは 『衝撃に強くなり縦の機動を得た中二』 と言った感じ。30/LやRUIZから比べると機動力は一回り低い。
比較的、CIWSやサブコンを積んでの支援機に向くが、戦法や武装に合わせてフラロケやCEロケット、チャフ、弾倉も選択肢に。
低積載の上に重フレームを積むため武装に割ける積載が軽二並に少なく、パルマシ弾きのため射撃安定の低いTE腕を装備するので火力不足は避けられない。

  • 耐反動タイプ
    • BEOWULF HD103 、JOTUN CR113-2 、UAM-23 ANIMAS、ULG-31 HUILA
      • AP32588,KE1892,CE459,TE859,武装積載1600ほど(※以下、積載確保のために最軽量ジェネを装備)
      • 衝撃ランポとパルマシを弾き、ハンドガンによって硬直をしない耐反動値を確保できるアセン。
      • 衝撃パルマシで装甲を抜かれてしまうが硬直を起こさないので離脱はしやすい。
      • 腕が2スロなので範囲サブコンを搭載すれば支援機になれる。火力ならCEロケット、また弾倉を積んでプラズマとショットガンだけというのも可。
      • 頭部を SIEGFRIED HD33 にするとVTFで防御低下を起こさなくなる。
      • 頭部をFUXIにして腕をAMURにすると装甲値を維持したままスキャン性能が向上するが、機体負荷が増して射撃安定が大きく下がる。

  • 重装甲タイプ
    • HD-21 SEALEYE、JOTUN CR113-2、UAM-23 ANIMAS、ULG-31 HUILA
      • AP35338,KE1901,CE404,TE1149,武装積載1400ほど
      • オックスと衝撃ショットガンで硬直を起こすもののVTFでは硬直しない。
      • 軽逆のくせに35000を超える高APとSアンプパルマシを弾く防御を確保できる重装甲アセン。
      • KE1883を下回らないようにTE装甲を妥協すれば、腕や頭部を軽量のものに替えることも可能。


KE中二

KEコアを装備した中二。頭や腕に他属性パーツを使ったものも、便宜上ここに分類する。
テンプレのTE中二と比べると、リコン数やEN伝達率などが優れていて動かしやすくはあるのだが、防御力が低くKE武器と一部のTE武器しかまともに受けられないために、チーム戦ではあまり使われない。
また、高性能のCE頭やCE腕を使おうとする防御力が残念なことになりがちなのも、TE中二に比べて大きく劣る点である。
低燃費高機動を生かしてWアンパルなどの特化機にする、高いEN伝達率を生かして高出力ブースターを積む、リコン数の多さを生かしてフリーや傭兵の割合の多い編成のお供に…などが主な使われ方か。

  • KE頭+TE腕型
    • RUGERRO HD35、UCR-10/L AGNI、UAM-23/I、ULG-11 RAINIER
      • AP34689,KE2389,CE479,TE869,目安対反動値894~
      • KE頭によって非常に省エネなW肩機。Wアンプを積んでパルマシやレザブレをどうぞ。
      • 軽二や軽逆に比べて積載に余裕があるため内装やハンガーを充実させやすい。
      • 中二の場合、Wアンパルなどの尖った装備をするときでも、フルKEにするよりはTE腕を使って安定や装甲を補った方が使いやすい。

  • CE頭+TE腕型
    • BEOWULF HD103,UCR-10/A,UAM-23 ANIMAS,ULG-21,目安対反動972~
      • AP34470,KE2214,CE558,TE897,目安対反動972~
      • かつては「凸砂フレーム」と呼ばれたアセン。両手にスナイパーライフルを持ち、肩にWサブコン、ハンガーにロータスを持ったタイマン特化のアセンが過去に流行った。それをそのままチーム戦にも持ち込む人も多かったが、1.05現在ではあまり見られない。
      • ULG-21の弱体化によって、チーム戦では完全に過去のものとなったアセンではあるが、様々な派生系を生んだフレームなので参考までに。
      • CE頭CE腕の組み合わせにしても、主流CE武器を特に何も弾けないためにあまり意味が無い。火力は上がるが、防御力の低下に見合うかと言うと…。

  • TE頭+TE腕型
    • HD-21 SEALEYE,UCR-10/A,UAM-23 ANIMAS,ULG-10/A DENALI,目安対反動972~
      • AP38715,KE2427,CE564,TE1279,目安対反動972~
      • 頭部と腕部をTE防御型の重フレームにして、Sアンパルや威力マハオンまで弾けるようにした形。
      • テンプレTE中二と比べると、CE腕を使えないため火力が劣る。積載が少ない中二の場合、W肩を高火力に繋げにくいので、火力負けしやすい。W範囲サブコンで支援などが主な用途か。
      • 脚部をRAINIERにすると、旋回が上がって使いやすくなるが、CEミドルミサイルで硬直しやすくなる。
      • TE頭CE腕の組み合わせだと、火力は出るが衝撃無しのアラキデ程度しか弾けず、中途半端になりがち。


CE中二

CE防御を高めた中二。最もCE防御の高いアセンブルでも威特ロータス以上は跳弾できないので、中二の天敵である速特ロータスを跳弾できるように防御力を調整する。攻撃力の高いバトライは、持ち前の機動力で回避。
TE中二と違って速特ロータスが跳弾できるので中距離戦では有利になるが、TE防御が低いため中二が本来得意とする近距離戦が苦手なのが大きな問題である。また、CE防御も自衛のための最小限しか確保できないため、味方のために盾になれる状況が非常に少ない。以上の理由から、TE中二に比べて非常に使いにくく、特にチーム戦ではあまり使われない。
1.05現在では、市街地などのTE中二が多発するエリアで「対TE中二機のアンチ」として採用されることがある程度。基本的には対TE中二特化機をメタゲーム的に潰しつつ、TE中二以上の機動力を確保してTE中二とのバトライの撃ち合いを制したい。

  • 高機動型
    • BEOWULF HD103、ARES CR211、KT-4S2/SVIR、ULG-10/A DENALI
      • KE1909,CE1444,TE538,目安対反動値972~
      • 速特ロータスさえ弾ければいい人のためのアセン。
      • コアをバランス型のARESにすると、扱いやすく無難な性能。さらに速さを求めるなら、コアをHERMESにすると驚異の加速力を実現できる。

  • 重装型
    • ROLAND HD41、KT-302、ELBE AM28-2、CINTO LG104-2
      • KE2007,CE1942,TE603,目安対反動値893~
      • CE防御を限界まで高めたアセン。速特ストレコまでは弾けるが、威特ロータスは弾けない。また、ディマプールの衝撃で硬直する上に防御低下で二発目から貫通。
      • 機体の重さにより、CE中二の売りの機動力まで殺してしまいかねないため、奇跡的にメタがハマらない限りは実用性があまりないアセンである。

  • バランス型
    • HD-21 SEALEYE、ZEUS CR210、KT-4S2/SVIR、ULG-11 RAINIER
      • KE1921,CE1493,TE845,目安対反動値893~
      • ごく一部で「トリニティ」と呼ばれている。速ロタ素パル弾きで即死要因を減らしたアセン。
      • 素パルなら大丈夫と油断していると、衝撃パルマシで墜とされる。

  • テンプレ武装(1.05)
    • 威特ストレコ+威特ストレコ+サブコン+威特タンジー+威特タンジー
      • 中距離での撃ち合いに特化。
    • 威特タンジー+威特タンジー+CIWS+威力ストレコ+威力ストレコ
      • CIWSを展開しつつ、タンジーの通る相手に対して自分の有利な距離を保ちつつ粘着。ハンガーには、タンジーが通らない場合の保険をチーム内のバランスを見つつ適当に。
      • CIWSぷつおなどがライバルとなるが、タンジーの撃ち合いなら負けない。いかにバトライを躱せる位置取りができるかが勝負。
    • W速特ロータス+CIWS+Wショット
      • TE中二をW速ロタを最優先で墜としつつ、テンプレTE中二の天敵である速ロタ持ちCE重ニなどをショットガン+CIWSで安全に潰す。対CE脚を想定するなら、ハンガーにはパルスガンも可。


機動重二

機動重視型の重二のポジションを完全に奪っていたULG-21の弱体化により、相対的に存在価値が高まったが、結局流行らなかったアセン。
流石に中二ほどの速度は出せないが、中二に迫る跳躍性能のおかげでバランス重二とは一線を画した機動力を持つ。
燃費が良く、TE中二と違ってKEコアが選べるため内部性能も優秀。CEショートレンジミサへの対策が不要なのも地味にお得。
常にTE中二と比較されるアセン。どう差別化を図るかがポイント。

  • CE頭KE腕型
    • SIEGFRIED HD33、UCR-10/Aなど、UAM-10 SEVERNなど、ULG-05 TOLIMA
      • AP33553~,KE1547,CE1292,TE2507,目安対反動値1243~
      • オックスアイ硬直を防ぐパターン。ただし本当にギリギリまで積まないと対反動値は満たせない。
      • KE腕なのでリロードに難あり。いっそランポラインを捨ててCE腕にする手もある。

  • KE頭CE腕型
    • UHD-13 GALAHAD、JOTUN CR113-2、ELBE AM28-2、ULG-05 TOLIMA
      • AP34386,KE1541,CE1576,TE2525,目安対反動値894~
      • 対反動を犠牲に、低燃費・高速リロード・速特UBR弾きを実現。

  • テンプレ武装(1.05)
    • 威力ストレコ+威力ストレコ+VTF+オックスアイ+ランポード
      • CE腕用。重二の基本装備。他の重二より高い機動力を生かして一気に攻めたい。
    • 威特UBR-05/R+威特UBR-05/R+Wサブコン+威特USG-11/H+プラズマガン
      • KE腕用。機動力と積載量を生かし、高火力武器を無理矢理当てに行くアセン。コンセプトは軽四に近い。

  • 対策
    • KE頭の機動重二は衝撃に弱く、速特ショットガンでも硬直を起こし、CE頭の機動重二は速特ロータスかランポードが貫通する。
    • また機体APもTE中二と比べて低いので、バトライ持ち二人で挟撃するとあっさり溶ける。
    • KEとCEの防御値がどう頑張っても1500前後になってしまうので、ストレコ・タンジー・ミドルミサなど、通る武器はかなり多い。この機体相手に詰むというのは、あまり無いだろう。


KE頭重二

KE頭を採用することで、CE腕を使いつつタンジーやハンドランポを弾けるように調整した重二。
威特バトライは弾けないが、テンプレ武装である威特ストレコはバランス重二も弾けないので、タンジーやハンドランポが弾ける分防御性能で若干勝る。
消費ENが低いのでタンジーを積みやすい反面、衝撃には弱い。バランス重二とは対照的な性格を持っている。

  • バーグジン型
    • UHD-13 GALAHAD、JOTUN CR113-2、KT-4S2/SVIR、KT-3N2/BARGUZIN
      • AP39417,KE1901,CE1900,TE2917,目安対反動値862~
      • ハンドランパと速特ストレコがともに弾けるため、耐久力が高い。
      • ディマプールには弱く、硬直する上に2発目以降が貫通する。
      • ハンドガンやショットガンで簡単に固まるので注意。
      • 衝撃理論値タンジーで防御低下するが、一般的なタンジーなら無効化できる

  • デカール脚型
    • HD-223 RAIKO、JOTUN CR113-2、KT-4S2/SVIR、KT-3N4
      • AP39890,KE1803,CE1738,TE2969,目安対反動値894~
      • タンジーまでしか弾けない代わりに、対反動と機動性が改善されている。
      • それでも900程度にしかならないので、固めに注意が必要なのは変わらない。
      • 速特ストレコ・衝撃速ロタ・ディマプールが弾けないが、機動力でカバーする。
      • 頭部のカメラ性能がやや下がるものの、スキャンは速くなる。

  • 対策
    • 防御値だけを見ると手出しし辛いように感じてしまうが、対衝撃値が低いので流通タンジーで防御低下、二発目以降貫通ということがよく起こる。
    • そうでなくとも衝撃に非常に弱いので、速特ショットガンやオックスアイでもハメ落とすことは容易。臆せず攻めよう。
    • しかしキャノタンにとっては、KE防御値の関係上バランス重二より撃破に(若干)時間がかかるので、墜とすまで気を抜かないこと。


特殊武装・戦術系


フルパイル

武装すべてがパイルという極端な機体。当てさえすればほぼ全てのACを一撃で墜とすことが可能だが、当てられればの話。
弾数にも制限があり、両肩にアドマガジンを積んでも12本が限界。全て打ち切るともはや蹴る事しか出来なくなる。
熟練したパイラーは例え空中だろうが軽量機だろうが構わずに当ててくるので、油断はしないこと。
基本的な武装は6万パイル四本に両肩アドマガジン。不意打ち用にリコンジャマー、保険として弾数の多いパイルを積むこともある。

  • 軽二フルパイル
    • 立体的な起動よりGBを多用した直線的な軌道を得意とする。
    • GBとGB時のHBを多用し、動きで翻弄しつつ急速に接近してパイルを当てていくアセン。

  • 軽逆フルパイル
    • 立体的な軌道を多用し、ジャンプからのパイルや急降下パイルなどを振ってくる。
    • 空中にいる相手にもある程度狙っていけるようになったアセン。素人が当てるのは難しいが…


ブレオン機体

KEブレードのムラクモや、レーザーブレードのみを扱うことに特化した機体。多段ヒットすればタンク相手でもごっそりAPを持っていくことが出来る。
使用回数に制限が無く、無限に振れる事が強み。素敵性能も高い。
レーザーブレードの場合、ブレードレンジの関係でよく味方を巻き込むので、扱うときは注意しよう。

  • 軽二・レザブレ二刀
    • GBとGB時のHBを多用して接近し、ばっさりと切り捨てる。
    • 基本的な武装は、初期ブレ二本に両肩イザナミ。ブレードは好みにもよる。
    • タンクが出てくるときつくなるので、特にこだわらなければお守りにパイルを持っていくのもどうぞ。

  • 軽二・ムラクモ二刀
    • 機体の基本的な挙動はレザブレと同じ。ただし攻撃判定が狭く、なおかつ機体前ではなく横に広いので、当てるのがなかなか難しい。
    • ブレードの特性は、威特・命特・速特、どれも一長一短なので、自分で使いやすいのを決めよう。
    • ジェネレーターとブースターは様々な組み合わせを使用しているみたいなので、自分にあったものを探してみよう。
    • <例>UGN-70/Ho VITAL、BT-21 SHINATSU など


スナキャタンク

構えて使わないと普通は当たらないスナイパーキャノンを、両手に持ったタンク。当然の如くノーロックなので、当てるのには並外れたAIM技術が必要。
三連射や五連射のスナキャで弾幕を張るタイプと、リロードの早い単発型で狙撃するタイプの二つに分かれる(領地戦や傭兵では後者が多い)。
接近された時は蹴りで対応することが多いので、蹴りの熟練度も必要。
頭部や肩、ハンガーに何を積んでいくのかが悩みどころ。よく見るのは両肩追加弾倉+パルマシ。
GBで姿勢を安定させてから狙うと、やや当てやすい。…敵からも。
スキャンモード中のオートサイト→スキャン解除で即発射という手もあるようだ。

  • 軽タン型
    • 軽タンに砂キャを持たせたタイプ。接近された時もある程度蹴りで対応しやすい。
    • 機体の動きが早いので、動きながらサイトで狙うとまず当たらない。予測射撃の技術は必須。
    • コアの選択が悩みどころ。KEタイプにすれば速射ロータスが通り、CEタイプにすればタンジーが通る。

  • 旋回タンク型
    • 旋回能力の高いタンク足に砂キャを持たせたタイプ。いざという時の超信地旋回が役に立つこともある…か?
    • 軽タンより動きが遅い=機体とサイトのブレが小さいので、狙撃するならこちらのほうが当てやすいか?
    • これより重い全防タンクや安定タンクだと、動きや超信地旋回が遅すぎて接近された時の対応が難しい。

  • 対策
    • タンク全般に言えることだが、ノーロックだからといって真正面でフラフラしないこと。粗製なら問題ないが、熟練者にはただの的でしかない。
    • また、安易に密着するのも危険。砂タンは近づくとGBで引くか、蹴りを狙ってくるので、最悪事故って即死する。
    • 対策もまぁテンプレだが、対タンク武器で即死させるか、側面・背面を取り続けてハメ堕とすくらいか。超信地旋回には注意。


ハウザータンク

構えて撃っても当たらない、タンクで撃っても当てにくい。そんなハウザーを両手に持った、漢のロマン機体。
圧倒的な威力と衝撃ゆえ、一発でも当たればごっそりとAPを持っていかれる。全弾当たればまず即死。
しかし、ノーロック&弾速が非常に遅い&弾が重く、すぐ下降するなどの理由から、直接狙って当てるのは至難の業。
また、その弾速ゆえ弾の滞空時間が長く、味方を誤射してしまうこともしばしば。対戦を始める前に、一言警告しておくのが良いかも。
爆発範囲も結構あり、トンネルなどの閉所では非常に驚異になる…自分にとっても。
敵の居そうな方にばら撒いて事故を狙うか、GBで急接近してゼロ距離からの乱射で仕留めよう。自爆には注意。
ハウザーの音を聞くと嬉々として掘りに来るドミナントもいるので、敵機の接近には十分注意したい。
肩の武装は、相手の動きを止める目的でVTFを積むか、接近された時用にCE探知ミサイルなどを。

  • PETASITES HW33 タイプ
    • リロードが早く発破能力の高い、よく見るタイプのハウタン。左右交互撃ちすることで戦場に間断なくハウザーをばら撒くことができる。
    • リロードの早さを活かしてGB近接からの乱射がやりやすいのも、よく見かける一因か。
    • 欠点は、弾速が遅いので正面を向いて撃つと弾が全然飛ばない、という点。どの仰角で撃てばどこまで届くか、という距離感は必要になるだろう。

  • KO-6K2 タイプ
    • リロードは遅いが弾速が速く、正面を向いたままでもかなりの距離まで弾が届く。PETASITESの感覚で撃つと軽くエリア外まで弾がすっ飛んでいく。
    • 正面を向いたまま撃てる=肩の武装と併せて攻撃ができ、接近しようとする敵機をミサイル等で迎撃することができる。
    • またハウザーの弾自体も割とまっすぐ・速く飛んでくれるので、慣れさえすれば四脚や重二くらいは狙って当てられる。
    • 欠点は、リロードの遅さ。左右交互撃ちにしてもPETASITESほど間断なくとはいかないので、接近戦に持ち込まれると非常に辛い。さっさと全弾撃ち切るか、思い切ってパージする度胸が必要。

  • 対策
    • 悲しいかな、その弾速ゆえ、彼らは接近されて頭上を取られるとほとんど何もできなくなる。
    • 向こうからGBで接近してくる場合、接近しての乱射による事故を狙っているはずなので、相手のENが切れるまで逃げよう。
    • こちらから接近するとGBしながらのハウザー引き撃ちを狙ってくるので、当てにくい空中に逃げるか、一旦距離を取ろう。
    • 肩の内蔵武器と、蹴りと、事故に気をつければ、まぁ堕とされることはないはず。


ブーストチャージ重二

(タンクを除いて)脚部中最高のチャージ攻撃力をもつデカール足(KT-3N4)をベースに稼働時間の長いオーバードウエポン『ヒュージミサイル』を搭載したブーストチャージに特化した重二。
ハイパワーなブースターとOWによる無尽蔵のENが組み合わさることによって暴力的なスピードを生み出す。そのスピードは一部のミサイルを振り切ってしまうほど。
そこから繰り出される防御力無視の蹴りはあらゆるものを粉砕する。一部のミグラントからは『オーバード蹴り』と呼ばれる事も。

  • アセンタイプ
    • 基本的に脚部はKT-3N4。上半身はバランス・CE・KE重二とほぼ同じだが、OW稼働中は衝撃が無効化されるため安定の低いローランドやKE頭が候補に入る。
    • ブーストチャージのコツは「密着して当てない」こと。アクションが終わる直前に爪先に当たる部分を命中させれば、ACが一撃死する威力が出る。

  • 対策
    • 基本的にブーストチャージしか行わないため、相手よりも高いところにいれば安全。
    • 高度を取りづらいマップや上昇性能の低い重二やタンクは常に注意していないといけない。
    • 領地戦の電撃戦ルールでこの機体が複数出てきた場合(通称ヘリ凸)、対処が非常に難しくなる。最優先で攻撃を集中して破壊していきたい。
    • 熟練した蹴り重二・ヘリ凸重二は、一発の蹴りで六万近いAPを削っていく。GB+HBで最加速している場合、一撃でヘリを落とされることも。
    • 機体によっては低負荷・高威力のパイルや不意打ち狙いのリコンジャマー、ヘリ破壊用のヒートロケットを持っている場合がある。


構え重二

重量二脚の高い構え時防御上昇率を利用したアセン。
最も高い上昇率で元の装甲の3.9倍にもなるので、(正面からなら)威特キャノンやヒートキャノンすら弾く。TEに関してはほぼ無敵と言っていい。
ただし、防御上昇が適用されるのは前面なので、横や背後に回られると普通に貫通してしまうのが悲しいところ。
目的に合わせたEN回復量や対反動、戦術と相談して、頭や腕、ハンガーの武器を考えよう。

  • アセンタイプ
    • 脚部は基本的に、3.9倍という最高の防御率を誇るKT-4N3/JIUHUA。
    • 上半身のフレームはテンプレ重二と同じでも余裕でキャノン等を弾くことができる。構え武器を捨てた後、どのように立ち回るかで決めるのが良いだろう。
    • なお、射撃安定の高い両肩スロット持ちであるUAM-23 ANIMASも、最低限の防御ラインを確保しつつ構えによってキャノン等を弾くこともできるので、選択肢に入る。

  • 使用構え武器一覧
    • スナイパーキャノン
      • 高い防御値を活かして、さながら固定砲台のように振舞うことが可能。リロードも固定砲台並(単発スナ約3秒、三連スナ約6秒)。
      • 単発スナを使うスナキャタンとの撃ち合いには強く、スナキャの安定が高い四脚スナに弱い。
    • レーザーキャノン
      • 高い威力&速い弾速と構え重二の高い防御値が加わり、最強に見える。側面からの攻撃にご注意。
      • 構え中はエネルギー回復が戦闘モードと同じなので、エネルギー管理に注意。
    • パルキャ
      • 軽量機迎撃用。スナキャと対にして近距離用に持ったり、構える場所を頻繁に変えて軽量機迎撃に徹したり。
      • Wアンプにすると、爆発距離がバトライの威力保証距離と並ぶ。命中特化推奨。
    • ハウザー
      • デュエルのガン籠もり用。正面からならパイルもある程度耐え、ヒートロケットは余裕で弾く。OWは無理。
      • うっかりハウザーで自爆しても、高いKE防御で少しは大丈夫。
    • オトキャ
      • 同じくデュエルのガン籠もり用。ガトリングセントリーや機動ジャマーと合わせることで、構える場所によっては難攻不落の要塞になる。
      • ただし、構え射撃時のサイトがすごくブレる&大量のオトキャの弾で、非常に見づらい。
    • キャノンはサイトが狭くて当たらず、ヒトキャは弾速が遅くて当たらず、レルキャはダメージ不足。

  • 武装一例
    • USC-26 ITHACA(命中特化)+レーザーキャノン+VTF+適当な武装
      • あえて構え武器を両手に持ち、砲撃支援に特化したアセン。
      • タンクや重二にスナキャ、それ以外にレザキャを使えば、どの機体にも対応することが出来る。スナキャによる狙撃も(ある程度は)可能。
      • スナキャのリロード中にレザキャを構え、EN回復中に砂キャを構えることで、間断なく攻撃をすることが出来る。
      • 射撃安定90の三連命特スナキャなら、スコープの小さい円になんとか収まってくれるうえ、その範囲で3発バラけるので命中率も良い。ただし、威力が低い。
      • スナキャかレザキャのどちらか一方だけにすることで、空いた武装枠で対応力を上げることもできる。
    • UPC-37/H(命中特化)+UEA-3 AMATERASU+適当な武装
      • 対軽・中量機特化。特に雪山のような、後ろを取りづらく狭いマップで真価を発揮。
      • [UPC-37/H]+Sアンプで爆発距離153、Wアンプだと192と、バトライと同じ射程距離になる。ただし、距離が離れる分ただでさえ同時発射数の少ないパルキャの弾が更にバラけるので注意。ゆえに成長は命中特化を推奨。
      • Wアンプを運用する際は、腕と残り武器スロットをどうするかが悩みどころ。
    • CALEBASSE AC106(威力特化)+機動ジャマー+VTF+ガトリングセントリー
      • デュエルガン籠もり用。鉱山やアバンダンの袋小路に陣取って、ジャマー+威特オトキャで硬め落とす。
      • 余った武装枠には、ジャマガト用に35ガトなどをお好みで。
      • うまい具合に場所取りに成功すると、突っ込んできた相手を硬めつつ領域外に押し出すことが出来る。
    • PETASITES HW33(+UPC-37/H)+適当な武装
      • デュエルガン籠もり用。壁を背にしてどっしり構え、寄ってきた敵機をハウザーで爆散させる。対軽量機用にパルキャを持っていくのもあり。
      • 肩やハンガーには、AP負けしていた時用に戦える武装をお好みで。

  • 対策
    • とにかく構えさせない事。トンネル内の後ろを取れない袋小路で構えられると、OWでもない限り詰む。
    • 構えられてしまった場合は、とにかく正面を避けて側面や上方、背面に回ろう。高い防御値は正面だけなので、それ以外ならダメージを与えられる。
    • 一度張り付いてしまえば構え武器を捨てざるを得なくなるので、脅威度は並の重二と同じくらいになる。
    • 圧倒的な破壊力を持つOWも有効。トンネル内で構えられたら、どうぞ粉砕してさしあげましょう。


Wアンプ機体

TE武器の威力・射程距離を増幅する、EN AMPLIFIER(EN増幅器)を二つ装備したアセン郡。基本的に同武器両手持ちで扱われる。
UEA-4 IZANAMIは威力上昇、UEA-3 AMATERASUは射程距離を求めて使用される。
Wアンプ時の計算式が[加算]ではなく[乗算]なせいで、元の2倍近く威力が跳ね上がったりする。同時に消費ENも跳ね上がる。
TE防御の薄い機体で不意打ちを受けると、何が起こったか理解する前にAPが蒸散してしまう。TEの高い重二等でも、油断してると1万近くAPを持っていかれるので注意。
攻撃時の高い消費ENを、どうやってカバーするかがポイントになる。味方の援護は不可欠。
(各アセンの威力などは、現在流通している武器から算出しております)

UEA-4 IZANAMI+ARACHIDE EG 13(威力特化)
+武器ステータス上昇値
威特アラキデ+Wイザナミ
  • 威力:833→1,518、保証距離:74→75、爆発距離:186→189、消費EN:1447→4,688
威特アラキデ+Wアマテラス
  • 威力:833→1,007、保証距離:74→115、爆発距離:186→292、消費EN:1447→3,704
  • 概要
    • 連射力の高いパルスマシンガンにENアンプを二つ使用したアセン郡。高い威力上昇を求めてイザナミが主に使われる。
    • 一発一発がライフル並の火力になり、四万近いAPの要塞四脚であっても数秒で溶かす驚異的なDPSを誇る。
    • アマテラスは、威力上昇に対し消費ENが割に合わないので、まず使われない。
    • 機動力と積載のある中二が、主に低TE機へのアンチとして使用する。ハンガーには、TEの高い重二やタンク用にオックスランポ等を装備。リコンジャマーとパイルを積んでることもある。
  • 対策
    • 高いDPSと引き換えに、使用するENの量も驚異的。距離を取って減衰させてしまえば、多少のダメージは貰うものの撃墜される可能性は減るだろう。ENが切れたところを追撃しよう。
    • アンプでいささか射程が伸びるものの、バトライでアウトレンジから攻撃可能な距離。距離を取ってじっくり仕留めよう。
    • またENアンプは他の肩武装と比べて重く、中二であれば装甲・武装・機動力のいずれかを犠牲にしているはずなので、しっかりスキャンしよう。

ENアンプ+パルスガン(威力・命中特化)
+武器ステータス上昇値
威力マハオン+Wイザナミ
  • 威力:1,247→2,272、保証距離:55→56、爆発距離:116→118、消費:7570→24,526
威力マハオン+Wアマテラス
  • 威力:1,247→1,508、保証距離:55→85、爆発距離:116→181、消費:7570→19,379
  • 概要
    • 瞬間火力のあるパルスガンに、Wアンプを使用したアセン郡。消費ENが威特よりマイルドな威力型や、射撃安定の高い命中特化が主に使われる。
    • Wアンパルと比べた際の長所は、重二・タンクを除く全ての機体に貫通可能な点。短所は、Wアンパル以上の瞬間EN消費。極端にハイリスク・ハイリターンな兵装。
    • 参考までに、流通している威力マハオンにWイザナミを使用すると、パルス一発の火力が2,272、片手の威力が9,088、両手で18,176と、アンプを積んだ唐沢並になる。低TE機が張り付かれると、二秒と保たない。
    • Wアマテラスの場合、保証距離は100以下ではあるものの、爆発距離がバトライ並に伸びる(パルスキャノン涙目)。うっかりしてるとAPを削られるので注意。
    • パルスガン自体が軽量であるため、主に積載の少ない軽二が暗殺用に装備している。リコジャマで近づかれると対応が難しい。
  • 対策
    • Wアンパルを超えるDPSを誇り、全武器トップクラスのEN消費を誇る。両手撃ちを4回もすれば、大容量ジェネであっても一瞬でENが空っぽになる。ENが切れた軽量機の末路は…お察し。
    • 主にリコンジャマーを使用しながら接近してくるので、相手にいるのが分かれば進行ルートを予想して待ち伏せ…なんてことも出来るかもしれない。
    • 保証距離が極端に短いこともあり、距離を離せばダメージは抑えられる。死角の多い閉所で無理して戦わず、開けた戦場に釣りだそう。

ENアンプ+カラサワ
+武器ステータス上昇値
威力カラサワ+Wイザナミ
  • 威力:11,606→21,122、保証距離:269→274、消滅距離:352→359、消費EN:28,080→90,979
威力カラサワ+Wアマテラス
  • 威力:11,606→14,043、保証距離:269→419、消滅距離:352→901、消費EN:32,400→71,884
  • 概要
    • タダでさえ単発威力の高いカラサワに、ENアンプを二つ使用することで絶大な瞬間火力を誇るようになった。イザナミは威力を求めて、アマテラスはフルチャージ狙撃用に用いられる。
    • アンプ一つでも十分な火力があり、わざわざアンプを二つ付けることは少ない。が、両手で当てればほとんどの敵を一発撃墜と、素敵性能は高い。
    • 中・軽量機なら片手でも瀕死、両手で貰えばまず即堕ちは免れない。TE防御の高いタンクや重二でも、フルチャージを二発貰えば1万以上は軽く持っていかれる。
    • 命特、速特でも十分な威力上昇が見込めるため、コレといって決まった使用タイプは無い。自分の戦闘スタイルで決めよう。
    • 積載が多くENに余裕のある重二が主な使用機体だが、長いチャージ時間の関係で、対空時間の長い四脚が使用していることもある。
    • ハンガーには、接近された時用に速ロタ、TEの通らない相手用にオックスランポなど。唐沢四丁?素晴らしい、是非やり給え。
  • 対策
    • 長いチャージ時間・膨大なEN消費量・高い機体負荷の関係で、一度発射するとEN回復に時間がかかる。そのあいだに張り付いてしまおう。
    • カラサワを撃ちきった後も、手持ち武器で対応せざるを得なくなっているので、他の重二と比べ比較的攻めやすい。

UEA-4 IZANAMI+レーザーキャノン(威力・命中特化)
+武器ステータス上昇値
威力ULC-40/H+Wイザナミ
  • 威力:8,922→16,260、保証距離:626→638、消滅距離:744→758、消費EN:34,475→111,699
命特ULC-40/H+Wイザナミ
  • 威力:7,673→13,984、保証距離:741→755、消滅距離:744→758、消費EN:26,496→85,847
威力CARRUBA_LC55-2+Wイザナミ
  • 威力:11,553→21,055、保証距離:746→760、消滅距離:787→802、消費EN:41,955→135,934
命特CARRUBA_LC55-2+Wイザナミ
  • 威力: 8,842→16,114、保証距離:769→784、消滅距離:787→802、消費EN:32,427→105,063
  • 概要
    • カラサワと同程度の威力・弾速を持ち、射程で勝るレーザーキャノンにWアンプを使用したアセン郡。タンク以外の脚部ではまず使用されない。
    • アンプは威力上昇を見込んでイザナミが主に使用される。射程は700もあれば十分すぎるくらいなので、アマテラスはあまり使われない(スナキャタンみたいに使えばあるいは…)
    • アンプ無しでも700を超える保証・消滅距離に、アンプカラサワ並の威力が加わることで、恐るべき対空兵器になる。500FCSの活躍できる可能性があるアセン郡の一つか。
    • 武器のタイプは、遠距離での命中率を上げるために命特、単純な威力(と威特より若干軽い消費EN)を求めて威力型などが使われる。
    • カラサワが16発や40発あるようなもので、腕のあるミグラントが使えば単騎で戦闘を左右させる兵器たりえる。
    • ただ、EN消費が凄まじく大容量でも両手フルチャージは一発しか撃てない。再チャージにも時間が掛かり、Wアンプカラサワ以上にピーキーな機体。
  • 対策
    • まずは、相手の射線上に長時間身を晒さないこと。次に、足を止めないこと。
    • 500FCS+BEOWULF でロック距離が700に届いてくるので、普段安全な遠距離でもロックされていることがある。スナキャ四脚などは注意されたい
    • Wアンプを使用するためには、全防タンクでもタンジーか速特ストレコが通るはず。防御値はしっかりスキャンしたい。
    • 狙撃に特化している場合ロックサイトは狭くなっているはずなので、なんとか近づいて接近戦に持ち込んでしまいたいところ。



コメント

  • ↑2オックスランポというより、キャノン撃たれているときに横からランポ入れられても大丈夫ということです -- (名無しさん) 2013-08-11 18:02:57
  • ↑2多く見積もってキャノン2発撃つ時間に -- (名無しさん) 2013-08-11 19:33:48
  • どれだけAP持ってけるかってことだよ それに横から別武器通すなんて想定キリがないだろ -- (名無しさん) 2013-08-11 19:39:21
  • まぁ、オックスランポ云々は対策ってよりはアセン概要のところに書くべき内容だぁね。確かにバランス重二よりは生存率高いかもしれないけど、キャノタンだけが特に気を付けないといけない、という訳でもないし・・・300の差と言っても、キャノン一発あたりのダメージが3000近いわけで。14発で堕ちるか、12発で堕ちるかの差でしかないのよね・・・ -- (名無しさん) 2013-08-11 20:14:58
  • 20キャ2発の差は大きいと思うぞ。特に領地戦ならなおさら。 -- (名無しさん) 2013-08-11 23:28:20
  • よし、じゃぁ間を取ってこうしよう。「キャノタンにとっては、防御値の関係上バランス重二より撃破に(若干)時間がかかるので、墜とすまで気を抜かないこと。」これでどうよ? -- (名無しさん) 2013-08-11 23:58:07
  • 適切な表現だと思います。ありがとうございます -- (名無しさん) 2013-08-12 19:48:42
  • 構え重二って、こっちの項目でいいのかね。なんとなく無いのが気になったので・・・ -- (名無しさん) 2013-08-15 14:40:24
  • 構え重二はこっちに入るだろうね。 -- (名無しさん) 2013-08-15 23:43:03
  • 構え重二の項目を追加。使用武器一覧のコメントとか割と適当なので、アセン一例、コメントなど、加筆修正ご自由にどうぞ。 -- (名無しさん) 2013-08-17 01:23:13
  • 構えパルキャは距離アンプ積んで逐一移動するようにすれば雪山みたいな地形では一応使えるな。横槍でゴリラが溶ける溶ける。やっぱり命中系派生だが。 -- (名無しさん) 2013-08-17 04:42:23
  • ↑パルキャの爆発距離ってアンプ伸びるんだっけ?普段使わないから忘れた… -- (名無しさん) 2013-08-17 08:26:55
  • ごめん、見てきた、普通に伸びるって書いてあったわ… -- (名無しさん) 2013-08-17 11:45:13
  • 構えパルキャの項目を追加。修正あったらご自身でどうぞ。 -- (名無しさん) 2013-08-17 18:41:49
  • 人任せにしてすまん。少し話し合ったほうがいいかと思ったんだ。 -- (名無しさん) 2013-08-19 05:01:10
  • ↑いや、自分で組んで実際使ってみて、感じたことをそのまま書いているだけだから、正直情報の精度に自信がなくてな。粗製のコメなんかよりは実際使ってる人のコメの方が有力かな〜と思っただけさ。それに、VD発売まであと一月とはいえ、こういう議論が起きるのは大歓迎だ。 -- (名無しさん) 2013-08-19 10:17:50
  • それはそれとして、Wアンパルの項目をどうするか…個別に作るか、「Wアンプ機体」ってことでカラサワ重二などと一括りにするか… -- (名無しさん) 2013-08-19 12:14:34
  • Wアンパルはテンプレでしょうよ ハンガーはリコジャマパイルとかで -- (名無しさん) 2013-08-22 11:08:52
  • ↑そうは思うんだが、テンプレページの中二見た感じ、「Wアンパルは特化アセンでしょ?」って言われそうでな…こっちの特殊武装に載せるのがしっくりくるかな、と。 -- (名無しさん) 2013-08-22 11:48:10
  • なんだかんだで、Wアンプで一纏めにいろいろ追加。流通武器ステとか編集足りてないので、概要・対策ともども追加編集はご自由に。 -- (名無しさん) 2013-08-26 14:48:47
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る

|