SHOULDER UNIT CE MISSILE Ⅴ

ACV/SHOULDER UNIT/CE MISSILE

CE MISSILE はCE属性の砲弾です。
発射時のロックオン対象を、自動的に追尾します。ロックオン対象がいない場合は、発射されません。
  • 複数ロックして発射する場合、連射中にロックが外れるとそこで発射が止まる。スキャンモードに切り替えても止まる。
  • 頭部、腕部のCEパーツは内部性能が優れている為に利用されがちで、そうでなくても重逆や4脚には通らない。強力な性能だが、弾かれ易く安定しない性能。



+パラメータ説明
重量
  • パーツの重さ。
  • 重量のあるパーツを搭載すると、機体の移動速度が低下。

消費EN-
  • パーツが常時消費するエネルギーの量
  • 消費量の大きいパーツを搭載すると、機体のENの回復速度が低下

攻撃力:CE
  • 攻撃した対象のAPを減少させる値(CE属性)。
  • この値が大きい程、APの減少量が大きくなる。

衝撃力
  • 攻撃した対象に与える反動の量。
  • この値が大きい程、対象に大きな反動を与えられ、機動力を抑制可能。

装弾数
  • このパーツで使用出来る弾の数。

射程距離

リロード時間
  • 弾薬の再装填等に要する時間。
  • この値が小さい程、高速での連射や連続的な使用が可能。
  • 機体の安定性能によって変動。

基本ロックオン時間
  • 予測射撃・ミサイル射撃までに必要な時間。
  • その値が小さい程、素早い予測射撃・ミサイルロックオンが可能。

最大ロック数
  • 1回の使用で連続で射出する事が出来る最大数。
  • ミサイルは対象をロックオンサイトに捉え続ける事で、多重にロックオンを行う。
  • ロックオン数に応じて、1回の使用で射出される数が増加。

最高巡航速度
  • 射出後、加速によって到達する最大速度。

ミサイル誘導率
  • ミサイルのホーミング性能。
  • この値が大きい程、ミサイルが正確に対象を追尾する。

加速時間
  • 射出されたミサイルが加速を行う時間。
  • 加速している間、ホーミング(自動追尾)が機能する。

弾単価
  • 弾1発あたりの値段。

D/USM-13

ジャンクパーツ:CE属性
HEAT弾頭を備えた小型ミサイルです。破損のため、性能が劣化しています。
カテゴリ SHORT RANGE MISSILE
価格
レギュレーション 12/3/30(現行) 1.00
重量 902
消費EN 458
攻撃力:CE 912
衝撃力 498
装弾数 48 ▲ 30
射程距離 182
リロード時間 166
基本ロックオン時間 20
最大ロックオン数 6
最大巡航速度 301 ▲ 241
ミサイル誘導率 350
加速時間 438 ▲ 138
弾単価 130

USM-13 GULBARGA

第一世代パーツ:CE属性
HEAT弾頭を備えた小型ミサイルです。最大ロック数が多く、連射に適しています。
カテゴリ SHORT RANGE MISSILE
価格 30000Au
レギュレーション 12/3/30(現行) 1.00
重量 789 ▽ 769
消費EN 389
攻撃力:CE 1142
衝撃力 606
装弾数 72 ▲ 42
射程距離 204
リロード時間 135
基本ロックオン時間 15
最大ロックオン数 6
最大巡航速度 352 ▲ 282
ミサイル誘導率 250
加速時間 480 ▲ 180
弾単価 130
  • 第二世代に完全に劣っている。重量66を何とかして空けて第二世代を積んだ方がいい。
  • テストモードで戦車に対して撃ってみよう。脅威の低命中率を発揮する。

USM-14 MATHURA

第二世代パーツ:CE属性
HEAT弾頭を備えた小型ミサイルです。ミサイル誘導率が高く、追尾性に優れています。
カテゴリ SHORT RANGE MISSILE
価格 40000Au
レギュレーション 12/3/30(現行) 1.00
重量 835
消費EN 418
攻撃力:CE 1256
衝撃力 814
装弾数 72 ▲ 42
射程距離 223
リロード時間 112
基本ロックオン時間 13
最大ロックオン数 6
最大巡航速度 386 ▲ 336
ミサイル誘導率 350
加速時間 530 ▲ 200
弾単価 130
  • ロック数6のFCSと組み合わせれば強力な弾幕を張れるが弾切れも早くなる。あえてロック数の少ないFCSと組み合わせるのも手。
  • 一度偵察型などに撃ってみると分かるが、よく動き回る目標にはさっぱり当たらない。何らかの足を止める手段が必要。
  • 弾道がかなりフラフラする。砲台等の全く動かない目標に対しても逆に当たらない。
  • 高い追尾力と装弾数を引っさげて戻ってきた小型ミサイル。Wショルダーで使えばCE軽視の機体を瞬殺しうる攻撃力。
  • 注目すべきはロック時間とロック数。一瞬でロックが完了して6発、肩倍率2なら12発が飛び出していく。ミサイルカーニバルです。派手に行きましょう。
  • 低CE機キラー。6FCSと両肩と組み合わせると最大12発連射。貫通していれば2セットで死にかねない火力を出せるくせにリロードが早い。もっとも貫通可能なのは実はKE偏重型・TE型の中2と軽2、軽逆程度しかいないが・・・。それでも重量800弱で積みやすいことを考えると侮れない。ロックが鬼のように速いため、ミサ用FCSでなくても運用は可能。12連射に拘らなければFCSの選択肢が広がる。
  • ミドルレンジミサに比べて実は総火力が若干勝るようになった。重量で400差ありDPSでも勝るため、近距離で低CE機を屠るだけであるならばショートレンジミサイルも選択肢に入る。
  • CE系の武装では最高クラスのDPSを持ち、ミサイル系ではかなり軽量。デビガン狩りは勿論、息継ぎを狙えば優れた誘導で軽2や軽逆も容赦なく落とす。機動ジャマー機がダメ押しに採用する事も。カウンターガンと違って貫通が見込める事がある為。
  • 対軽量機を考える場合、ショルダーでは最高クラスの性能。もっとも最近ではその性能の高さからciwsで迎撃されることも多い。とはいえ、比較的軽いためにそこまで不利がつかないのが幸いか。

UHM-31

第一世代パーツ:CE属性
対ミサイル迎撃対策により、迎撃されにくい特殊ミサイルです。
カテゴリ STEALTH MISSILE
価格 30000Au
レギュレーション 12/3/30(現行) 1.00
重量 942
消費EN 399
攻撃力:CE 1043
衝撃力 623
装弾数 52 ▲ 40
射程距離 308
リロード時間 158
基本ロックオン時間 23
最大ロックオン数 4
最大巡航速度 404
ミサイル誘導率 200
加速時間 280 ▲ 120
弾単価 130

UHM-35 MADURAI

第一世代パーツ:CE属性
対ミサイル迎撃対策により、迎撃されにくい特殊ミサイルです。ミサイル誘導率が向上しています。
カテゴリ STEALTH MISSILE
価格 40000Au
レギュレーション 12/3/30(現行) 1.00
重量 1002
消費EN 447
攻撃力:CE 1187
衝撃力 828
装弾数 52 ▲ 40
射程距離 336
リロード時間 140
基本ロックオン時間 30
最大ロックオン数 4
最大巡航速度 438
ミサイル誘導率 300
加速時間 350 ▲ 150
弾単価 130
  • 素直な弾道で扱い易い、距離があると流石に落とされてしまうがCIWSによる迎撃もある程度妨害する。
  • ダメージを取る事を考えると6連タイプよりはるかに信頼性が高い。
  • 加速時間や巡航速度を考えると射程はそれ程長くないのである程度近付いて撃つ必要がある。
  • 弾道がふらつかず、静止目標に対する命中率も高い。
  • 若干だがショートレンジミサより射程が延びている。火力が落ちているものの低CEキラーっぷりは相変わらず。迎撃されないことによる安定感もあり、重量200差に価値を見出して低CE機を沈めたいのならば此方も選択肢に入る。
  • ショートレンジミサに比べると全体的に火力が控えめで、重くなり、弾数も減っている。何より基本ロックオン時間が大幅に伸びているのが痛い。迎撃されないという安定感はあるので、メタ次第か。
  • CIWSの使用率上昇に伴い、地位が向上した。特にKEとTEをそれなりに固め、CEミサにはCIWSで、バトライは機動力で対応というタイプのアセンには抜群に刺さる。とはいえ、やはりショートレンジの爆発力は望めないので注意。
  • どう見ても第二世代のパーツなのだがゲーム中は第一世代となっている。恐らく誤字。
  • 現在主流になっているCIWSでミサ対策したアンプパルマシ対策の中2(通称ゴリ中)にはズバズバ刺さる。容易には振り切れない程度の誘導もある為脅威。

ANTHEMIS AS18

第一世代パーツ:CE属性
ロックオンなしで自動的に対象を探知する特殊ミサイルです。
カテゴリ AS MISSILE
価格 40000Au
レギュレーション 12/3/30(現行) 1.00
重量 778
消費EN 487
攻撃力:CE 869
衝撃力 741
装弾数 72 ▲ 48
射程距離 298
リロード時間 152
基本ロックオン時間
最大ロックオン数
最大巡航速度 398
ミサイル誘導率 800
加速時間 150 ▲ 120
弾単価 130
  • 自動誘導系ミサイルはFCSの同時ロックオン数に左右されない為、使い易い。
  • 相手が壁の向こうに居ても探知するため注意。
  • 自動索敵装置として使う場合は最軽量のミサイル。出来れば第二世代を積みたいが。

LENTILLES AS19

第二世代パーツ:CE属性
ロックオンなしで自律的に対象を探知する特殊ミサイルです。ミサイル誘導率が向上しています。
カテゴリ AS MISSILE
価格 50000Au
レギュレーション 12/3/30(現行) 1.00
重量 842
消費EN 543
攻撃力:CE 835
衝撃力 688
装弾数 72 ▲ 48
射程距離 352
リロード時間 98
基本ロックオン時間
最大ロックオン数
最大巡航速度 511
ミサイル誘導率 900
加速時間 180 ▲ 150
弾単価 130
  • 射出後、一瞬滞空して探知を始める。索敵や迎撃向けだが、低い弾速ゆえ高機動機には当たり辛い。牽制程度か。
  • 加速時間が短いがロックが不要の為に近接防御に使える。ただし、威力が低すぎ、射程も短い。貫通可能な仮想敵としては軽2、KE偏重・TE型の中2などが考えられる。
  • 重量自体はショートレンジミサとそれほどかわらないのもポイント。FCSも選ばない。
  • タンクがパイル対策に積んでおくのもあり。バリアー兼レーダーと化し、適当に撒くだけで掘り来た軽2や中2が逆に死んだりする。
  • 最大速度と加速時間が余りにも低く、高い誘導率が意味をなしていない。回頭性能が悪いためパイル対策には不満過ぎる。おまけに正面に敵が居た場合そちらを優先してしまうためレーダーしてもやや微妙。   せめて視界外の相手を優先してくれれば使い道もあったろうに
  • リコンジャマーが機能していようが、容赦なく発見する。セントリーガンと並んで、最高レベルのレーダー。撃破された敵ACの残骸につっこんでいく為、しっかり破壊しておくこと。
  • 探知ミサイルと違い一度ロックしないと追撃を開始しない。ガチタン等そもそも視界に捉えるのが難しい機体の場合は探知ミサイルを使おう。

KO-9C3/SARANCHA

第一世代パーツ:CE属性
自ら対象の探知を行う特殊ミサイルです。単位開始が遅く、独特の軌道をとります。
カテゴリ AS MISSILE
価格 40000Au
レギュレーション 12/3/30(現行) 1.00
重量 902
消費EN 461
攻撃力:CE 764
衝撃力 711
装弾数 72 ▲ 48
射程距離 389
リロード時間 158
基本ロックオン時間
最大ロックオン数
最大巡航速度 421
ミサイル誘導率 100
加速時間 190 ▲ 90
弾単価 130

KO-9C5

第二世代パーツ:CE属性
自ら対象の探知を行なう特殊ミサイルです。ミサイル誘導率が高く、遠距離戦に適合しています。
カテゴリ AS MISSILE
価格 50000Au
レギュレーション 12/3/30(現行) 1.00
重量 931
消費EN 502
攻撃力:CE 721
衝撃力 695
装弾数 72 ▲ 48
射程距離 442
リロード時間 115
基本ロックオン時間
最大ロックオン数
最大巡航速度 763
ミサイル誘導率 200
加速時間 140 ▲ 40
弾単価 130
  • 発射後、暫く直進してから探知を行う。これを利用して、ビルの陰や十字路で姿を見せずに攻撃可能。
  • 敵が自分の周囲に居る場合、ほぼ垂直に打ち出さないと狙ってくれない。迎撃目的ならAS18/19を使用しよう。
  • リコンジャマー環境下での索敵には便利なのだが、あまりに攻撃力が低すぎて流石に貫通は見込めない。

D/UMM-20

ジャンクパーツ:CE属性
威力が高いHEAT弾頭を備えたミサイルです。破損のため、性能が劣化しています。
カテゴリ MIDDLE MISSILE
価格 -
重量 1287
消費EN 471
攻撃力:CE 1589
衝撃力 1011
装弾数 28
射程距離 472
リロード時間 152
基本ロックオン時間 55
最大ロックオン数 4
最大巡航速度 908
ミサイル誘導率 250
加速時間 360
弾単価 150
  • ジャンクパーツではあるがリペア後のSURATよりも最大速度が速く、しかも誘導率と加速時間から命中率が高い。どうなってんの・・・
  • 流石にその他の性能では大きく劣るが、ジャンクだからと言って切り捨てるには惜しい性能

UMM-20/H SURAT

第一世代パーツ:CE属性
威力が高いHEAT弾頭を備えたミサイルです。射程が長く、遠距離からの使用に適しています。
カテゴリ MIDDLE MISSILE
価格 50000Au
重量 1084
消費EN 382
攻撃力:CE 2023
衝撃力 1287
装弾数 32
射程距離 504
リロード時間 138
基本ロックオン時間 45
最大ロックオン数 4
最大巡航速度 788
ミサイル誘導率 200
加速時間 300
弾単価 150
  • 装備負荷と威力、衝撃力以外は全てがDIMAPURに劣っている。しかし約200の威力差が対応出来る敵機体の幅を増やしてくれている。
  •  第一世代では珍しく使える。第二世代より重量で200軽く、威力も200勝るため対応力が高い。加速時間は半分しかないが射程一杯で撃つつもりがないならこちらでも十分命中する為選択肢に入る。
  • 実は衝撃力がVTFと20しか変わらず、しかも誘導性で勝る。CIWSで自爆しない、装弾数が多いといった安定感もあり中々にいやらしい。
  • 第二世代と比較して、こちらはオックス硬直ラインのアセンの防御力を低下させる。一部の軽四脚アセンやバランス重二アセンを貫通することができる。

UMM-21 DIMAPUR

第二世代パーツ:CE属性
威力が高いHEAT弾頭を備えたミサイルです。ミサイル誘導率が向上しています。
カテゴリ MIDDLE MISSILE
価格 80000Au
重量 1243
消費EN 443
攻撃力:CE 1852
衝撃力 1214
装弾数 32
射程距離 539
リロード時間 122
基本ロックオン時間 35
最大ロックオン数 4
最大巡航速度 862
ミサイル誘導率 350
加速時間 600
弾単価 150
  • よく飛び、よく曲がり、中々の威力を備える。自力での回避が難しく、中量ニ脚等に猛威を振るう。
  • 同じCE武器であるBATTLE RIFLEより優れている点は距離が離れていても当て易い、ハンガー切替が不要、両手持ちするよりは軽い所等。
  • ネックはやはり装弾数の少なさ。相手の防御特性をよく確認してから無駄にしないように撃とう。
  • 衝撃力が高く当たった敵は大抵怯む。そのため一回に2発以上連射して当てると初弾以降はやや与えるダメージが増加する。一発ずつ撃つのは勿体無い。
  • ショートレンジミサと同じく低CE機キラー。その攻撃力と衝撃からCEを固めた中2さえも秒殺可能。CE系ミサで迷ったらとりあえずこれといえるくらいスタンダードな性能。CEを捨てた軽タンクや重2にも結構刺さるので腐らない。


性能比較表

名称 カテゴリ 価格 重量 消費EN 攻撃力 衝撃力 装弾数 射程距離 リロード時間 (連射数) 基本ロックオン時間 最大ロックオン数 最大巡航速度 ミサイル誘導率 加速時間 弾単価
D/USM-13 SHORT RANGE MISSILE - 902 458 912 498 48 182 166 20 6 301 350 438 130
USM-13 GULBARGA SHORT RANGE MISSILE 30000 789 389 1142 606 72 204 135 15 6 352 250 480 130
USM-14 MATHURA SHORT RANGE MISSILE 40000 835 418 1256 814 72 223 112 13 6 386 350 530 130
UHM-31 STEALTH MISSILE 30000 942 399 1043 623 52 308 158 23 4 404 200 280 130
UHM-35 MADURAI STEALTH MISSILE 40000 1002 447 1187 828 52 336 140 30 4 438 300 350 130
ANTHEMIS AS18 AS MISSILE 40000 778 487 869 741 72 298 152 3 398 800 150 130
LENTILLES AS19 AS MISSILE 50000 842 543 835 688 72 352 98 3 511 900 180 130
KO-9C3/SARANCHA AS MISSILE 40000 902 461 764 711 72 389 158 4 421 100 190 130
KO-9C5 AS MISSILE 50000 931 502 721 695 72 442 115 4 763 200 140 130
D/UMM-20 MIDDLE MISSILE - 1287 471 1589 1011 28 472 152 55 4 908 250 360 150
UMM-20/H SURAT MIDDLE MISSILE 50000 1084 382 2023 1287 32 504 138 45 4 788 200 300 150
UMM-21 DIMAPUR MIDDLE MISSILE 80000 1243 443 1852 1214 32 539 122 35 4 862 350 600 150

コメント

  • 敵が撃ったミサイルの中にロックできるミサイルがあったんだけど何かな?AS MISSILE? -- 名無しさん (2012-02-19 12:12:57)
  • さり気なくDIMAPURがすさまじい追尾性能なんだが。空中に居たらまず避けられない。 -- 名無しさん (2012-02-27 11:37:46)
  • 気のせいだろうけど、ロックできるのはKEミサかな?つかミサイル重すぎる -- 名無しさん (2012-02-27 11:43:32)
  • DIMAPURは重いが良誘導・良射程・良威力。タンジー対策にKEだけ固めた中2等に対する射撃戦では大いに優位に立てる。 -- 名無しさん (2012-03-01 00:33:22)
  • ミサイル巡航速度って誘導率高ければあんまり気にならないかも… -- 名無しさん (2012-03-04 00:34:33)
  • 負荷に対して攻撃性能が低すぎるかな。火力据え置きで負荷を下げるか、負荷据え置きで攻撃性能を上げてほしい。バトライの方が負荷も攻撃性能も高いから機動抑制程度にしかならない -- 名無しさん (2012-03-08 14:33:38)
  • 間違えた、負荷が低くて攻撃性能が高い、ね -- 名無しさん (2012-03-08 14:34:31)
  • CE防御の軽視ぶりもあってまだ火力も牽制も良い方だろ。KEミサイル、ロケットはもっと辛いぞ。素敵性能高いだけとか。 -- 名無しさん (2012-03-08 16:29:57)
  • 攻撃性能低いとか使ってからいってんのかよ・・・ -- 名無しさん (2012-03-15 00:23:50)
  • コレ単体に火力を期待しちゃいけない。こいつは弱点を突いて使うもの。 -- 名無しさん (2012-03-15 01:41:45)
  • え、俺の相手に対するダメージソースの7割がミサイルなのだが・・・ちなみにトースター腕。 -- 名無しさん (2012-03-16 14:41:46)
  • CE対策してない相手には鬼のように効くけど、対策してる相手にはさっぱり効かんね -- 名無しさん (2012-03-16 14:58:52)
  • 結局そこなんよね。弱点突かなかったり馬鹿正直に正面からミサだけ撃っても効果が薄いのは当然。誘導しても弾速遅いんだから。 -- 名無しさん (2012-03-16 16:02:05)
  • DIMAPURをタンシーと併せて使ってる。中二軽二はミサイルで。 -- 名無しさん (2012-03-30 09:58:50)
  • 弾数が増えたが弾かれ安すぎて辛い -- 名無しさん (2012-03-31 03:22:25)
  • 豊富な弾数を得たもののCE捨て機体の装甲すら塗らぬけない貧弱な攻撃力がネック、中2や軽2程度にしかきかない -- 名無しさん (2012-03-31 12:37:41)
  • 中二も重二も楽勝で瞬殺できるよ でも重逆、四脚にはほぼ効果なし -- 名無しさん (2012-03-31 15:06:21)
  • 大人気の重逆に通用しないのが結構痛い、あとレルキャ強化でよろこんでるタンクにもとおらない ミサイル自体の命中率もそんなに良くないし内部性能目的のCE装甲でとまる程度の威力が悲しい -- 名無しさん (2012-03-31 22:59:53)
  • 小ミサ12発を6回も乱射 -- 名無しさん (2012-04-01 00:43:32)
  • W肩でショートレンジミサを6発打つと計1万5千ダメでコレが6セット撃てる DPSにして6000近いので重量比で考えると優秀 当たれば強い当たれば -- 名無しさん (2012-04-01 06:22:40)
  • ショートレンジミサが軽さの割りに火力がヤバイ 弾かれても撃つ価値がある -- 名無しさん (2012-04-04 18:06:27)
  • ショートレンジは対CE機キラーというだけで弾かれても削れるほどのDPSは無いと思われ ただ六発の高誘導ミサイルが追ってくる恐怖はかなりのものなので強制的に下がらせることが出来る -- 名無しさん (2012-04-07 10:59:23)
  • ローランド盾コア199チンコのリロ重視CE確保中2の場合CE1202で弾ける 両肩6FCSの12連で1万五千が五千になってさらに装甲でのダメージカットで3500ぐらいまで減る リロ112でロックタイムとか考慮すると実質的なDPSは1700くらい これは同じ相手に貫通してるストレコをこえてる  -- 名無しさん (2012-04-07 12:12:00)
  • 砂砲4脚で逃げるとき用にミサ積もうと思うんだがどれ積めばいいかな・・・やはり無ロックでぶっぱなせる自立誘導タイプだろうか・・・ -- 名無しさん (2012-04-15 21:05:06)
  • スナ4を後方まで狩りに来るアセンは大抵軽量だからショートレンジがおすすめ 軽いしよくきく -- 名無しさん (2012-04-15 21:14:39)
  • ASミサは火力がなさ過ぎて牽制にもなりずらいから積載量に余裕があるならKEのVTFミサかCEのミドルミサがおすすめ 中二程度の対反動なら衝撃で貫いて機動力の抑制にもなる ショートレンジは文字通りにロック距離が短すぎて引き撃つには不向きなんじゃないかな? -- 名無しさん (2012-04-15 21:19:39)
  • ショートレンジはトースター腕と軽逆と合わせて使っているけどチーム戦なら継続戦能力の高さと瞬間火力の高さで弾かれても12発のミサイルはかなりプレッシャー掛けられる。タイマンはパルマシさえ気をつけりゃイケんじゃないんですかね。 -- 名無しさん (2012-04-16 21:03:55)
  • あ、ごめん引き撃つってとこみてなかった。たしかに重逆でパルマシに警戒しながら撃つにはレンジ短いな -- 名無しさん (2012-04-16 21:06:51)
  • ミドルとVTFは積むと重量過多になるが千鳥をさっさと巻いてさっさとパージすれば過多状態で移動しなくてもよくなるか…ミドルかVTF積んでみますご指南有難うございました。 -- 名無しさん (2012-04-16 21:54:45)
名前:
コメント: