企業標準ネクスト

  • 初期機体などに代表される各企業の持つネクストの基本モデルに位置する機体。
  • 研究用目的で入手することも可能で、アナトリアは専門技術を売りにして入手出来たものと思われる。
  • 機体図面の一カテゴリに存在し、主要大企業の他にもオーメルや有澤重工などにも標準ネクストが確認できる。
  • 各企業の標準機体図面は、最初からあるものに加えノーマルのチャプタークリア毎に手に入るもの、ノーマルのチャプター毎にミッションランクを全てSランクにすると手に入るものがある。身内やbarギコを利用したプライベート対戦、大会等の時に標準機体限定戦を行う際に使うかも
  • 作中、企業内のリンクスは全てこの企業標準機体ベースのネクストを使用している。武器と内装に多少の違いはあるが、大抵は親会社もしくは同盟企業のパーツで構成。例外はベルリオーズ。
  • 企業の枠を超えたアセンが出来るという面も主人公とジョシュアの強さの一因だったのかも知れない。
  • どの企業も実にわかりやすい機体コンセプト。旧作でアセンに迷走していた方々には嬉しい。

キサラギ

  • 3から登場した企業、2系でのバレーナ的な位置にある。とっつきなどの個性的なパーツを開発している。3では、初めて左腕に銃(投擲銃と火炎放射器)が持てるようになったが、どれもこの企業が開発した。
  • N系で見事変態企業の称号を得る、ただし上層部は結構まともである。

強化人間

  • 初代無印とAC2では初心者救済を兼ねた裏技モードとして、借金で破産すると特殊機能が強制的に付与された。
  • 3シリーズではオプションで同じ効果を得られる。
  • NシリーズではCPU専用に。どうしても使いたい場合はゲーム屋か本屋にGO。
  • 敵レイヴンはバランス調整の都合上、強化人間にされている場合が多い。
  • 4では消滅。リンクス自体が強化人間みたいなものか?


クイックブースト(QB)

  • コジマ技術が流行る中、古いブースト技術を使った短距離急加速機構である。前後左右に急加速を行うことによって、トリッキーな動きが可能。
  • EN供給及び制御精度の問題から、ネクスト特有の機能とされている。
  • アセンによってはコレでも時速1000キロオーバーいけます。
  • 4脚で前QB連打で前進すると相当速度伸びます
  • ネクストのPAに次ぐもう一つの生命線。これがなければただの的である。
  • どう考えてもコンマ三秒で800キロの加速に耐えられるパイロットはいない。未来の超技術が秘められているのは実はコクピットなのでは
  • 本作を特徴付ける概念。ノーマルとは比較にならないほどの瞬発力と運動性を機体に与える。
  • 発想はおそらく過去作品の補助ブースタの延長。EXのTB、BB等を戦術に組み込んでいた玄人には嬉しい仕様。
  • 初心者でもこいつをバシバシ吹かしてれば結構サマになる。ヴィジュアル的にも優良な要素。
  • トリガーに割り振ってぎゅっと押し込むと通常より強めに出る(いわゆる二段QB)。アマジーグは完璧に使いこなしているがプレイヤーが使いこなすのは至難の業である。

クイーンズランス

  • BFF艦隊の特別艦、これがやられるだけで企業そのものが壊滅状態になることからさながら移動式本社のような物だったのだろう。
  • コイツを沈めるミッションは非常に爽快感がある。オンで荒んだ貴方に。
  • この船に武装は一切無しで見た目は豪華客船…襲って下さいと言わんばかりに無防備である
  • ネクストを配備しなかったのはコジマ汚染を警戒してだろうか…
  • この時点でBFFのネクストACがいたとしても、本社直接攻撃が出来る状況に陥った時点でBFFの負けは決定的である。クイーンズランスは中央集権であるが故に機動力のある本社として存在したのであろう。通常武力のみならこの大艦隊でなんとか出来るだろうが、ネクストACに抗するには本社から遠く離れた場所からネクストAC同士での処理をするしかない。ここまで近付かれてしまっては超火力兵器でネクストを瞬殺するしかないが、BFFにはそういうモノが無かったのだ
  • つまり、BFFはノーマルもネクストも本社も近付かれたらアウトだという事…
  • ある意味根元の考え方をしっかりと守りすぎた企業なのかもしれない…
  • 旗艦以外全部序盤の戦艦ミッションのデカいのにしたら・・・
  • 艦隊のど真ん中に客船みたいな非戦闘艦がいる自体間違ってる
  • 例えそれが護衛艦であっても前にいる事は許さないらしく守備部隊は全て後方に展開させている。流石はBFF。

クーガー

  • ロケットエンジンに高い評価を受けている軍事企業。一時は企業競争でリードしていた存在だったが、コジマ技術に関する情報不足のこともあってか、昨今、技術的停滞が指摘されている。
  • 基本的にココの製品は重くてハイパワー。
  • 水平移動は抜群だがクイックブーストが死亡
  • 抜群の水平出力と、そのわりに低い消費ENが特徴。突っ走るだけなら強い。
  • 俺が遅い?俺がスローリィ?

クレスト

  • 3から登場した企業、箱型パーツの系譜を受け継ぐ。パーツは安定した性能を誇り、バランスがよいのが特徴。反面、突出した部分が少ない。

グローバルコーテックス

  • 3シリーズにおけるレイヴンズネスト的組織、ただしネストの様に過激なことはせずあくまで依頼者とレイヴンの仲介のみを行う。

クローム

  • 初代シリーズに登場する二大企業の一つ、角張ったパーツを主体としている。


コーム

  • →COAM

コジマ汚染

  • コジマ粒子による環境汚染。放射線的なイメージで語られるが詳細は不明。おそらくフロムも細かな設定をする気は無いんだろう。
  • ステルス機内に乗り込んでおきながら「汚染リスク~」などと語る辺り、GA上層部はコジマ汚染を極度に恐れているようだ。空港は汚染されてもいいのかよ。
  • リンクス戦争の跡に残されたもの。限りなく大破壊のイメージと重なる。

コジマ技術

  • 新物質であるコジマ粒子を使った先端技術の名。企業アクアビット、レイレナードを筆頭にオーメイル・サイエンス・テクノロジーが独自に追従し発展。この3社が先端企業と言われるようになった。しかし情報の開示がいずれも厳格で、他企業によるコジマ技術の扱いは難しいとされており、情報戦が激しさを増している。ネクストACにこの技術がふんだんに使われている。
  • コジマライフル、コジマキャノン、コジマバクハツ等、数々の迷用語を生み出した
  • 本編に登場した巨大兵器の大半はこの技術が使われている。

コジマ粒子

  • 発見者の名からとった新物質の名称。国家解体戦争の7年前に発見され、兵器に活用されるようになる。この物質がネクストを生み出したと言っても過言ではない。後に様々なテクノロジーに応用されるが、危険性の高い環境汚染原でもある。
  • どのような物質なのかまったく不明の二次創作殺し。
  • 単純に強力なエネルギーになるけど有害な粒子くらいでいいのでは? …後々細かく公式設定されるかも
  • 特徴:撃てる、推力になる、バリアになる、人体に悪い、空気より若干軽い、あんま濃いと金属にも悪い
  • スタッフロールでは何故かKOJIMAの字が強調されている
  • 略してKP。

国家解体戦争

  • 人口増加、食料不足、エネルギー資源の減少によって国家の統治能力が低下。その代替者として立ち上がった巨大企業グループによって引き起こされた企業対国家の戦争の名称。短期間で終結し、企業側の圧勝に終わり、その後は企業が国家の役割を持つようになった。
  • 是非ミッションとしてやってみたい

コロニー

  • 特権階級である企業関係者を除く人口のほとんどが暮らす居住区の名称。小規模な国家から小さな村まで、大小様々な規模のものが存在している。企業とコロニー代表者しか自由市場に参加できず、他の住民の衣食住と安全は企業が保障している。しかし食料不足、エネルギー不足などの問題は解決しておらず、住民の生活は貧しいものとなっている。

|