ACfA/CORE



+ コア固有性能

中量型

  • 軽量級や重量級にも言えることだが、固有性能が殆ど無いため基礎性能とデザインを重視して選ばれることが多い。

GAN02-NSS-C

GAのマスターピースと呼ばれる、NEW-SUNSHINEの中心パーツ
カテゴリ 中量
メーカー GA
価格 200000c
レギュレーション 1.40(現行) 1.30 1.20 1.10 1.00
重量 3135 - 3135 ▽ 3055
消費EN 2387 - 2387 ▲ 2418
AP 16695 - 16695 ▲ 15895 ▲ 15784
実弾防御 3658 - 3658 ▽ 3682
EN防御 1870 - 1870 ▽ 1880
PA整波性能 4747:5222 - 4747:5222 ▽ 4848:5478
PA減衰抵抗 150 - 150 ▽ 158
安定性能 589:648 - 589:648 ▽ 589:666
機体防御(平均) 2764 - 2764 ▽ 2781

  • GAにしては軽めで、かつ安定性能が高い。EN防御の低さは戦闘距離か他のパーツで補おう。

047AN01

防御力を重視した中量パーツ。安定した性能を発揮する
カテゴリ 中量
メーカー BFF
価格 300000c
レギュレーション 1.40(現行) 1.30 1.20 1.10 1.00
重量 2872 - 2872 ▽ 2801
消費EN 2470 - 2470 ▲ 2596
AP 14424- 14424 ▲ 13624 ▲ 12352
実弾防御 3561 - 3561 ▲ 3548 ▲ 3388
EN防御 1968 - 1968 ▽ 1998
PA整波性能 5411:5952 - 5411:5952 ▲ 5118:5630
PA減衰抵抗 182 - 182 ▽ 197
安定性能 580:638 - 580:638 ▽ 580:655 ▲ 540:610
機体防御(平均) 2764 - 2764 ▽ 2773 ▲ 2693

  • 重視されてるのは実弾防御だけだったり。もっともこの負荷ならしょうがないかもしれない。
  • APが低いことに注意。相手に追わせるには一工夫必要だろう。

063AN01

前衛機として開発された、BFFの最新コアパーツ。物理防御が高く、安定した運用が可能となる
カテゴリ 中量
メーカー BFF
価格 400000c
レギュレーション 1.40(現行) 1.30 1.20 1.10 1.00
重量 2921 - 2921 ▲ 2928
消費EN 2455 - 2455 ▲ 2621
AP 15066 - 15066 ▲ 14266 ▲ 13039
実弾防御 3415 - 3415 ▽ 3422 ▲ 3240
EN防御 2186 - 2186 ▽ 2233
PA整波性能 5646:6211 - 5646:6211 ▲ 5387:5926
PA減衰抵抗 171 - 171 ▽ 187
安定性能 546:601 - 546:601 ▽ 546:617 ▲ 516:583
機体防御(平均) 2800 - 2800 ▽ 2827 ▲ 2736

  • BFFらしく実弾防御寄り。前衛と言うが、EN武器を使う距離を考えているわけではないようだ。
  • 相変わらずのGAに迫る実防に加えPAはろかAPまでも強化されている為047の影が薄くなっている。とは言えそれでも全体で見た使用率は大分低いが。
  • 変わったデザインをしており、上部はBFFらしいソリッドな武骨さがあるが、腰部にかけては非常に細くなっている。
    • 腕パーツをゴツくしておけば非常にマッシブなシルエットになるが、一方で全体を細身にすれば女性的なくびれをアピールできる等、アーキテクトのセンスが光る。

C01-TELLUS

消費EN低減型の重量パーツ。特にEN防御に優れる
カテゴリ 中量
メーカー インテリオル
価格 160000c
レギュレーション 1.40(現行) 1.30 1.20 1.10 1.00
重量 3364 - 3364 ▽ 3183
消費EN 2150 - 2150 ▽ 2036
AP 16720 - 16720 ▲ 15920 ▲ 14411
実弾防御 3222 - 3222 ▲ 2651
EN防御 3572 - 3572 ▲ 3525
PA整波性能 4631:5094 - 4631:5094 ▽ 4848:5333
PA減衰抵抗 173 - 173 ▲ 167
安定性能 491:540 - 491:540 ▽ 491:555
機体防御(平均) 3397 - 3397 ▲ 3088

  • 元重コア。説明通りに対EN性能はピカイチ。ただPA性能が低いため、見た目以上に実弾には弱い面もある。
  • 重さの割に速度が出ない。実質、準・重量級のようなもの。
  • PAさえ補えれば実防自体はそこまで悪くないのでどう生かすかが腕の見せ所。

CR-HOGIRE

高い水準でバランスのとれた、万能型の中量パーツ
カテゴリ 中量
メーカー ローゼンタール
価格 LEFT240000c
レギュレーション 1.40(現行) 1.30 1.20 1.10 1.00
重量 2612 - 2612 ▽ 2546
消費EN 2670 - 2670 ▽ 2545
AP 14976 - 14976 ▲ 14176 ▲ 13725
実弾防御 2894 - 2894 ▽ 2946
EN防御 2487 - 2487 ▲ 2468
PA整波性能 5731:6304 - 5731:6304 ▲ 5387:5926
PA減衰抵抗 199 - 199 ▲ 197
安定性能 516:568 - 516:568 ▽ 516:583
機体防御(平均) 2690 - 2690 ▽ 2707

  • 全体的に程よいバランスでまとまっている。
  • どんな攻撃にも対応できる地味ながら優秀なコア。中コアで防御性を全て揃えたいならこれ。
  • 速度は平凡でEN負荷も高め。回避には向かないので中途半端な武装で使うと非常に器用貧乏になる。いかにもローゼンタールな性能。

CR-LANCEL

HOGIREの流れを汲む、新標準機のコアパーツ。旧型から軽量化が図られている
カテゴリ 中量
メーカー ローゼンタール
価格 120000c
レギュレーション 1.40(現行) 1.30 1.20 1.10 1.00
重量 2341 - 2341 ▲ 2419
消費EN 2615 - 2615 ▲ 2621
AP 14288 - 14288 ▲ 13488 ▲ 13039
実弾防御 2769 - 2769 ▽ 2799
EN防御 2687 - 2687 ▲ 2468
PA整波性能 5962:6558 - 5962:6558 ▲ 5656:6222
PA減衰抵抗 210 - 210 ▲ 207
安定性能 491:540 - 491:540 ▽ 491:555
機体防御(平均) 2728 - 2728 ▲ 2633

  • オーギルコアの重量互換。どうやらローゼンの新企業標準機は、武装にリソースを注ぐ方向らしい。
  • TELLUSを除けば最高のEN防御を持ちその他性能も及第点。レーザーを避けるのが苦手だけど極端なコアにしたくない時にどうぞ。

EKHAZAR-CORE

アルゼブラの新標準機を構成する、中量パーツ。三次元戦闘が想定されている
カテゴリ 中量
メーカー アルゼブラ
価格 120000c
レギュレーション 1.40(現行) 1.30 1.20 1.10 1.00
重量 2272 - 2272 ▲ 2291
消費EN 2324 - 2324 ▽ 2291
AP 15986 - 15986 ▲ 15186 ▲ 15097
実弾防御 2677 - 2677 ▽ 2799
EN防御 1938 - 1938 ▽ 1998
PA整波性能 4963:5459 - 4963:5459 ▽ 5118:5783
PA減衰抵抗 169 - 169 ▽ 177
安定性能 638:702 - 638:702 ▽ 638:721
機体防御(平均) 2307 - 2307 ▽ 2398

  • アルゼブラらしい高AP低防御。APが稼ぎたいがGAでは重い人に。ただし殴り合う機体向けではない。
  • 安定性の高さも見過ごせない。スナイパーキャノンを中二に積みたいって?じゃあまずこいつを試すべきだ。

03-AALIYAH/C

高速機動戦を意識。PAに特化した先鋭的コアパーツ
カテゴリ 中量
メーカー レイレナード
価格 500000c
レギュレーション 1.40(現行) 1.30 1.20 1.10 1.00
重量 2282 - 2282 ▽ 2164
消費EN 2940 - 2940 ▽ 2774
AP 13208 - 13208 ▲ 12408 ▲ 12352
実弾防御 2573 - 2573 ▽ 2651
EN防御 2312 - 2312 ▲ 2115
PA整波性能 6051:6656 - 6051:6656 ▽ 6195:6815
PA減衰抵抗 221 - 221 ▽ 227
安定性能 466:513 - 466:513 ▽ 466:527
機体防御(平均) 2442 - 2442 ▲ 2387

  • 相変わらずのデザインと、相変わらずのEN負荷を持つ4を代表する特徴的なパーツ。
  • 速く、かつ防御力もそれなり。準軽量機が使うのにうってつけ。一部軽コアより速いので軽2でも採用できなくはない。
  • 負荷がキツ過ぎるのでHOGIREとは違う意味でアセンを明確にしておかないとエラい目に合う。
  • WHITE-GLINTとこれは軽量並の空力特性を持っている。流線形のボディと高PAは伊達ではない。

WHITE-GLINT/CORE

天才アーキテクトの手になる独立パーツ。OB時、飛行形態に変形する
カテゴリ 中量
メーカー ラインアーク
価格 700000c
レギュレーション 1.40(現行) 1.30 1.20 1.10 1.00
重量 2229 - 2229 ▲ 2291
消費EN 2357 - 2357 ▲ 2672
AP 14601 - 14601 ▲ 13801 ▲ 12078
実弾防御 3194 - 3194 ▲ 2946
EN防御 2463 - 2463 ▲ 2350
PA整波性能 6006:6607 - 6006:6607 ▲ 5926:6519
PA減衰抵抗 187 - 187 ▲ 167
安定性能 515:567 - 515:567 ▲ 442:499
機体防御(平均) 2828 - 2828 ▲ 2648

  • ホワイトグリントのあの特徴的なコア。オンラインで使うと非常に目立つ。
  • 肩装備不可、OIGAMI装備不可と装備制限がつくが、その分基本性能はかなり高い。
  • 中量級の防御力で軽量級の速度が出せる。
  • フレアも連動ミサも積めないのは結構なハンデ。速度と装甲を両立したい場合に。

軽量型

C11-LATONA

TELLUSのコンセプトを引継いだ軽量パーツ。インテリオルの最新鋭機体を構成する
カテゴリ 軽量
メーカー インテリオル
価格 400000c
レギュレーション 1.40(現行) 1.30 1.20 1.10 1.00
重量 2143 - 2143 ▽ 1935
消費EN 1993 - 1993 ▲ 2081
AP 13354 - 13354 ▲ 13217
実弾防御 1759 - 1759 ▽ 1773
EN防御 3039 - 3039 ▽ 3056
PA整波性能 5863:6449 - 5863:6449 ▲ 5398:5938
PA減衰抵抗 159 - 159 ▲ 151
安定性能 464:510 - 464:510 ▽ 464:524
機体防御(平均) 2399 - 2399 ▽ 2414

  • 軽くて機体負荷も小さいのだが、空力特性のせいでそこまで速度はでない。
  • コア下部用スタビライザーが上向きにつく。変わった見た目の機体が欲しいなら一考の価値有り。
  • インテリオルのパーツとしては珍しくPAはそこまで劣悪ではない。

CR-LAHIRE

旧レイレナードの技術、思想を積極的に取り込んだ、オーメルの最新パーツ。空力特性に優れる
カテゴリ 軽量
メーカー オーメル
価格 500000c
レギュレーション 1.40(現行) 1.30 1.20 1.10 1.00
重量 1851 - 1851 ▽ 1671
消費EN 2596 - 2596 ▲ 2653
AP 12506 - 12506 ▲ 12037
実弾防御 1815 - 1815 ▽ 1871
EN防御 2133 - 2133 ▽ 2151
PA整波性能 6376:7014 - 6376:7014 ▲ 6154:6462
PA減衰抵抗 215 - 215 ▲ 208
安定性能 464:510 - 464:510 ▽ 464:524
機体防御(平均) 1974 - 1974 ▽ 2011

  • より軽く、速く、脆くなったアリーヤ。
  • このコアもかなり目立つ。スタイリッシュな機体になるか異形の機体になるかはアーキテクト次第。
  • 恐らく最も軽量に使われることの多いコアパーツ、PA・重量・空力適性によって早さの割に硬いの典型。

SOLUH-CORE

近距離機動戦を想定した軽量パーツ。旧型だが、アルゼブラのフレームは総じて評価が高い
カテゴリ 軽量
メーカー アルゼブラ
価格 120000c
レギュレーション 1.40(現行) 1.30 1.20 1.10 1.00
重量 2068 - 2068 ▽ 1759
消費EN 2230 - 2230 ▲ 2341
AP 13560 - 13560 ▽ 14043
実弾防御 2009 - 2009 ▽ 2167
EN防御 1574 - 1574 ▽ 1585
PA整波性能 5691:6260 - 5691:6260 ▲ 5128:5795
PA減衰抵抗 196 - 196 ▲ 189
安定性能 634:697 - 634:697 ▽ 634:716
機体防御(平均) 1791 - 1791 ▽ 1876

  • 全コアのなかでも抜群の安定性の高さを誇る。
  • バランスの取れたコアだが実防ではPAの関係でLAHIRE、ENではLATONAに負けているので案外脆い。
  • 軽四脚や中2でグレネード等を撃ちたい時に、反動が気になる軽量級に。
  • 自己主張しない控え目なデザインありながら正統派ロボットな恰好良さ。各種再現機やイケメン機に引っ張りだこ。

XCR-SOBRERO

空力特性のみを考えた、異形のコアパーツ。アスピナの実験機、SOBREROを構成する
カテゴリ 軽量
メーカー アスピナ
価格 600000c
レギュレーション 1.40(現行) 1.30 1.20 1.10 1.00
重量 2015 - 2015 ▲ 2111
消費EN 2683 - 2683 ▲ 2939
AP 10997 - 10997 ▲ 8261
実弾防御 1399 - 1399 ▲ 1379
EN防御 2712 - 2712 ▲ 2490
PA整波性能 6897:7587 - 6897:7587 ▲ 6369:6687
PA減衰抵抗 227 - 227 ▲ 218
安定性能 390:429 - 390:429 ▽ 390:441
機体防御(平均) 2055 - 2055 ▲ 1934

  • T  ← こんな形
  • 最速コア。
  • 「被弾しない事」を前提にするならばとてつもなく強力なパーツ。
  • EN防御とPAはかなりの高水準、問題は余りにも低いAPと実防と安定。ただ連続被弾しなければそこそこ耐える。
  • さり気なくアリーヤコアよりもPA性能が高い。

重量型

GAN01-SS-C

堅牢な重装甲パーツ。実弾防御の高さに定評がある
カテゴリ 重量
メーカー GA
価格 200000c
レギュレーション 1.40(現行) 1.30 1.20 1.10 1.00
重量 3577 - 3577 ▽ 3527
消費EN 2380 - 2380 ▲ 2394
AP 17732 ▲ 17232 ▽ 19977
実弾防御 3815 - 3815 ▽ 4311
EN防御 2031 - 2031 ▽ 2271
PA整波性能 4764:5240 - 4764:5240 ▲ 4586:5182
PA減衰抵抗 169 - 169 ▼ 206
安定性能 494:543 - 494:543 ▽ 494:558
機体防御(平均) 2923 - 2923 ▽ 3291

  • 旧式らしいパーツに。NSSと比べると…重い分強くはあるのだが、そこまでの差か悩むところ。
  • 高APを生かしてアセンをするならこのパーツが重要な鍵となる。

SOLDNER-G8C

量産を想定された、アルドラ初のオリジナルフレーム。極めて重厚なコアパーツ。
カテゴリ 重量
メーカー アルドラ
価格 160000c
レギュレーション 1.40(現行) 1.30 1.20 1.10 1.00
重量 3655 - 3655 ▽ 3598
消費EN 2418 ▲ 2518 ▽ 2155
AP 16150 - 16150 ▲ 14983
実弾防御 3654 - 3654 ▽ 3919
EN防御 2711 - 2711 ▲ 2555
PA整波性能 6575:7233 - 6575:7233 ▲ 4840:5324
PA減衰抵抗 230 - 230 ▲ 216
安定性能 519:571 - 519:571 ▽ 519:586
機体防御(平均) 3182 - 3182 ▽ 3237

  • 重量コアでは最もPA整派・安定性が高い。ただ基本性能で比べるとARGYROSが目の上のたんこぶに。
  • ARGYROSでは他パーツに割くリソースが・・・そんな時に採用できる。総APへの注意はゆめゆめお忘れなきよう。
  • その安さからミッション向けパーツには向いている。

ARGYROS/C

トーラスの試作フレーム。巨大兵器ソルディオスのコジマ技術が転用されている
カテゴリ 重量
メーカー トーラス
価格 500000c
レギュレーション 1.40(現行) 1.30 1.20 1.10 1.00
重量 3668 - 3668
消費EN 2538 - 2538
AP 16647 - 16647
実弾防御 3785 ▽ 3855 ▽ 4115
EN防御 2981 - 2981
PA整波性能 6369:7006 - 6369:7006 ▽ 6369:7070
PA減衰抵抗 237 - 237
安定性能 420:462 - 420:462 ▽ 420:475
機体防御(平均) 3383 ▽ 3418 ▽ 3548

  • とりあえずオーバードブーストを使え。話はそれからだ。
  • 装甲とPAが合わさった最も硬いコア。その引換は重量と安定性能の低さ。
  • 空力特性のおかげか、最重コアなのに速度性能はそれなり。
  • 現行レギュのタンクの基本コア。諸々の弱点はタンクなら完全に無視できる。一方でタンクの弱点を補強できるといい事づくめ。
    • これをベースに霧積頭、GA重腕、雷電脚で組んで安定を極限まで高めたガチタンは最強の硬さを誇る。



全コア 性能比較表

名称 種類 価格 重量 消費EN AP 実防 EN防 整波 減衰 安定 平均
GAN02-NSS-C 中量 200000c 3135 2387 16695 3658 1870 4747:5222 150 589:648 2764
047AN01 中量 300000c 2872 2470 14424 3561 1968 5411:5952 182 580:638 2764
063AN01 中量 400000c 2921 2455 15066 3415 2186 5646:6211 171 546:601 2800
C01-TELLUS 中量 160000c 3364 2150 16720 3222 3572 4631:5094 173 491:540 3397
CR-HOGIRE 中量 240000c 2612 2670 14976 2894 2487 5731:6304 199 516:568 2690
CR-LANCEL 中量 120000c 2341 2615 14288 2769 2687 5962:6558 210 491:540 2728
EKHAZAR-CORE 中量 120000c 2272 2324 15986 2677 1938 4963:5459 169 638:702 2307
03-AALIYAH/C 中量 500000c 2282 2940 13208 2573 2312 6051:6656 221 466:513 2442
WHITE-GLINT/CORE 中量 700000c 2229 2357 14601 3194 2463 6006:6607 187 515:567 2828
C11-LATONA 軽量 400000c 2143 1993 13354 1759 3039 5863:6449 159 464:510 2399
CR-LAHIRE 軽量 500000c 1851 2596 12506 1815 2133 6376:7014 215 464:510 1974
SOLUH-CORE 軽量 120000c 2068 2230 13560 2009 1574 5691:6260 196 634:697 1791
XCR-SOBRERO 軽量 600000c 2015 2683 10997 1399 2712 6897:7587 227 390:429 2055
GAN01-SS-C 重量 200000c 3577 2380 17232 3815 2031 4764:5240 169 494:543 2923
SOLDNER-G8C 重量 160000c 3655 2518 16150 3654 2711 6575:7233 230 519:571 3182
ARGYROS/C 重量 500000c 3668 2538 16647 3855 2981 6369:7006 237 420:462 3418

コメント

  • 重コアは実質アルギュロスしか選択肢なくてビジュがアレな感じになるのがァ -- あ (2014-01-02 14:17:21)
  • 何を言う!アルギュロスってめっちゃかっこいいじゃないか! -- 私 (2015-01-25 13:44:45)
  • アルドラの重コアも結構能力が高いのでアルギュロスと選んで使える。アルギュロスより断然安定性が高いのがポイント -- 名無しさん (2016-08-16 19:00:25)
名前:
コメント:

|